詠み人知らず
EDF5 12月7日!MHW 1月26日!無双8 2018年初頭!
2017夏期深夜アニメ1ヶ月経過評価
■2017夏期深夜アニメ1ヶ月経過評価(括弧内は非深夜アニメ&短時間アニメ)
S:
A:
B:
C:サクラクエスト / Re:CREATORS / メイドインアビス / Fate/Apocrypha / 賭ケグルイ /
  魔法陣グルグル / 地獄少女 宵伽 / ようこそ実力至上主義の教室へ / プリンセス・プリンシパル
D:活撃 刀剣乱舞 / ナイツ&マジック / ボールルームへようこそ / 将国のアルタイル / セントールの悩み
────────────────────────────────────────────────────
Z:ひなろじ / アクションヒロイン チアフルーツ / 18if / サクラダリセット / 神撃のバハムート VIRGIN SOUL /
  戦姫絶唱シンフォギアAXZ / バトルガール ハイスクール / 恋と嘘 / 無責任ギャラクシー☆タイラー /
  妖怪アパートの幽雅な日常 / 潔癖男子!青山くん / RWBY 1-3 The Beginning / 徒然チルドレン / アホガール /
  DIVE!! / 最遊記RELOAD BLAST / 時間の支配者 / バチカン奇跡調査官 / 異世界食堂 / 天使の3P! /
  ゲーマーズ! / NEW GAME!! / 異世界はスマートフォンとともに。 / ノラと皇女と野良猫ハート / はじめてのギャル


今期は個人的には不作かもしれん。欠かさず観なければと思える作品が少ない。
結局一番楽しみになのが、前期からの続きモノってあたり、今期の不作さを物語っている。
上位陣があまりに少ないので、D群をとりあえずのキープ枠としていくつか残した。
普段なら既に切っている作品があるので、恐らく今期もそうなると思うw

オリアニの『プリンセス・プリンシパル』がちょっと期待できるかも?考察系で、雰囲気もいい。
『地獄少女』もお話重視系かな。4期(新規は6話しかないけど)ともなると流石に安定感ですな。
その他、C群は切ることはないだろうとは思う。ここからBやAに上がる作品があるといいなぁ。

『プリンセス・プリンシパル』海外の掲示板で考察が進みに進んでる模様! アンジェのメモ内容もすぐに解読される
海外オタって考察大好きだよね。あと、喜怒哀楽も激しく、分かり易い。作り手側からしたら、こんな嬉しい事はない。
業界通ぶってテキトーな事ぬかして、文句と屁理屈しか言わない日本のオタ相手にするより、
海外に目を向けた方がマシってのはその通りだと思う。一足早く、据え置きゲーム業界はそうなって行ってるし。

夏アニメ『ナナマル サンバツ』のヒロインが棒演技すぎて酷すぎるwwwww俺が原作者だったら泣くレベル
アニメ『ナナマル サンバツ』の棒ヒロインさん、2話も酷すぎて誰も内容を語らないwwwww
やっぱり懸念してた通りになってるじゃねぇか!はー、ほんまつっかえ!

夏アニメ『クリオネの灯り』が酷評の嵐wwwwwww主演の乃木坂46・松村 沙友理は棒wwwww
こっちも予想通りの超絶棒だったな。作画もアレだしさ・・・。
極力金かけてないとか言われてるけど、どう考えても普通の声優持ってきた方が安いやろw
「政治的キャスティング=下手糞の有名人」ってのはおかしいよな。上手い有名人にしろよとw

『異世界はスマートフォンとともに。』とかいうアニメ
つまんない云々以前に、地上波での放送局が少ないから、これまでの異世界系と比べて、話題にならずに終わると思う。
異世界系なんてテンプレ&テンプレなんだから、外面&第1印象勝負なトコが話題になってナンボなのに。
ニコニコではやるみたいだが、そこで「懲役23分42秒」ってタグ付けられててめっちゃ笑ったw

『あいまいみー』が舞台化決定wwwwwどんな判断だ・・・
!?

【悲報】スマホゲー『アイドル事変』、4月より続いた超長期メンテナンスが明ける事なくサービス終了へwwwwww
1月にクソしょーもなかったアニメやってたのに。これ・・・絶対やらかしただろwwwwデータ消えてそうww
4月からメンテだったらしいが、最近イベントかライヴみたいなんしてなかったっけ???
出演者(声優)や関係者はどういう思いでお金徴収してたのかな?みんなサービス終了知らなかったんかな?
それとも、「クク、終わるとも知らずに馬鹿な声豚どもだ・・・」って思ってたんかな?こっちの方が好感度上がるけどw
こんなのに課金し続けた人達が夢の跡。やっぱ有名どころ以外は課金すべきじゃない、ましてや戦国時代のアイドルモノなんて。

ところで、終了告知が7月24日で終了日が同月末なんだが、これ規約違反じゃあ・・・?
どのネトゲやソシャゲでも、終了告知は終了日の1ヶ月や2ヶ月、半年置くとかってしているはずだが・・・?


『けものフレンズ』2期がまじで確定!しかしちょっと時間がかかるとの事!
本編の人気より、各動物園や、デカいところとのコラボが大きい気がするわ。アニメ単体では2期へのGoサインでなかったと思う。
昨今、動物園やテーマパークは勝ち負けはっきりしちょるからなー。Win-Winな作品の登場はそりゃ渡りに船よ。

2期まで時間かかるらしい。続編の間が空くと、悲惨な事になる場合も多い。でも、この作品は合間合間に、
イベントだの何だのってぶち込んでるから大丈夫そう。この作品の声優さんは暫くは、けもフレバブルで食っていけそうね。

ニコ動ってアニメ無料配信減ったよな・・・(2話以降は有料)
減った減った。今期は特に(有料が)多い。ニコニコで有料とか誰得だと思う。

【悲報】声優・上坂すみれさんの個人のツイッター&インスタが閉鎖に・・・
お前らやりすぎなんだよ・・・つーか、「殺す」は捕まるのに、ココに書けない様な事を送るのはセーフっておかしくね?
どちらも業務妨害してるし、書けない方は名誉の毀損だの、精神的不安だのを大いに与えていると思うんだが。
あいつらどうせネット弁慶なんだし、見せしめに数人しょっぴいたらいいのにな。はー、閉鎖残念だわ。
2017夏期深夜アニメ第一印象 その4
魔法陣グルグル  ★★★☆☆
ずっちのニケも、小西さんのキタキタもええやん!w
放送前、若干危惧されたククリも思っていたよりは良かった。ボケるククリ可愛い。

旧作品と比べて、テンポが非常に速い。DQ風テロップをもっとじっくり読みたいんだけど・・・。
2クールだっけ?どこまでやるんかな?最後まで終わらせる為にこのテンポでやってるんかな?
あと、いい味出してたナレーションがないのは残念。あれでクスッと来る事が多かったのに。
・・・しかしよく考えたら、このテンポではナレーション入れられないわな。無くして正解だったかも。
それとも今後は違うのかな?テンポもずっとこの調子って訳じゃないかもしれないし。
まぁこの点を差し引いてもやっぱり面白いわ。今期上位候補やね。

古き良き時代のギャグ作品だなぁ。ギャグ系は本当に廃れたな。
昔はギャグ漫画専門誌とか、4コマ専門誌とかあったのにね。

ようこそ実力至上主義の教室へ  ★★★☆☆
好き嫌いがはっきり分かれそうな作品だ。突っ込みたくなるような数々の設定をスルー出来ない人は観れないだろう。
実際ネットでも、こんな事普通無いとか、人権侵害だとか入学前に説明あるだろうとか、
ンなシステムあったらとっくに外に漏れてるだろとか、明らかにアホなのに超進学校にどうやって入ったんだとか、
色々言われているようで。多分・・・アホ勢入学の裏には学園の思惑があるんじゃないの?
色んな意味でのエリートを、蟲毒の様なモルモット監獄の中で選抜する為にこういうシステム組んでるんだと思うし。

実力至上主義を謳いながら、クラス全体の連帯責任制だから、
嫌でも協力して、抗っていかないと駄目って展開になるのかな?
そこで、怠惰系主人公の綾小路と、ボッチ至上主義の堀北、その他不良メンバーと、
正反対の地球市民は皆友達な櫛田のキャラ性が対立なり何なりで立ってきて、難事を乗り越える為に、
得手不得手を補い合う形(公式HPで不良は「頭はバカだが、運動能力は突出している」、
メガネは「頭だけはAクラス級」って書いてるし・・・)でDクラスが下克上していくって流れになりそう?

アルファベットが後になるほど落ちこぼれクラスみたいだから、逆に考えると、
主人公が属するDクラスに配属された「見た目や言動が良い奴」ってのはめちゃくちゃ怪しいなw
櫛田もそうだし、自己紹介を提案した委員長系男子とか「性格面など見えない欠陥でDクラス判定」なんじゃないかw

怠惰系・綾小路の声が、イマイチ好きになれないが、抑揚ゼロの棒演技は、そういう演技を求められての事なんだよな?
中の人が単純に下手糞とかないよな?今期は棒が流行っているみたいだが、これ以上はもうお腹いっぱいだぞ。

スタッフロールに現有ポイント表示するのは分かり易くていいね。
ヒロインの堀北は1ヶ月で9000円くらいしか使ってないんだな。倹約家ねw

ゲーマーズ!  ★☆☆☆☆
ゲームを題材にしたコメディモノ。
いわゆるガチ勢とエンジョイ勢のお話なので、
同じくゲームを扱っている『NEW GAME!!』とは違い、男が出てきます。
あっちは「作っている側」、こっちは「遊んでいる側」ね。

雰囲気が『この美術部には問題がある』に似ている気がした。
正直、取り立ててこれやなっつーものは無かったんで、視聴継続するか迷っているのだが、
ヒロインがアンチソシャゲらしいので、若干、継続意欲が沸いてしまって困っているw
・・・が、アニメ本編ではそのキャラ、及び台詞は極力抑えられている模様。
そりゃそうだ、スポンサーにソシャゲ関係の会社があるんだからwwwwwww

地獄少女 宵伽  ★★★☆☆
この救いの無いオチ、陰鬱とした雰囲気、やりきれない思い。安定の地獄少女だった。
地獄通信がスマホからアクセス出来てて、1話のネタが「LINEイジメ」って事で、時代の流れを感じたなぁw
今時の学生は本当に大変だな。普段気にしなくていいような範囲までの交友関係をああやって、
忖度して生きないといけないんだから。ケータイは便利だけど、学生時代ではデメリットとか悪面部分の方が色濃いよね。

1話から後味悪い話だったけど、まだマシだったよな。
流された奴は実際には完全無罪って訳でも無いし、そこまでの理不尽さは感じなかった。
例によって、流した主人公も「人を呪わば穴二つ」で死後地獄行き確定してるしな。

ところで、今回は新規6話+過去作6話の構成だけど、先に新規をやるんか?
新規の方は謎の少女が出てきて話が進むっぽいんだけど、その後過去話やっても・・・ってならない?
交互にやるなら、それはそれで時系列が行ったり来たりで混乱しないかね。上手い事融合させちょるんやろか。
2017夏期深夜アニメ第一印象 その3
ボールルームへようこそ  ★★☆☆☆
月マガ連載の社交ダンスを題材とした作品。
ユメもキボーもない主人公が進路に悩む中、ひょんな事から社交ダンスと出会う。
最初は渋っていたが、そこで生きる人達に触れ、遂には青春を捧げる決意をする・・・と。
青春スポコンの王道ですな。ド素人な主人公にプロ(のちの師匠的存在)が、
生半可な気持ちで業界の扉を叩く事に腹を立て、「朝まで筋トレでもやってろ!」と言い放ち、
本当に朝まで筋トレやる主人公に「・・・へへ、お前ちったぁ根性あるじゃねぇか」と言うテンプレの流れも王道だったw

作品自体は悪くなかった。内容は良質なようだ。
しかし、社交ダンスに興味が無いので、さてどうしようかと言う感じw

ヒロイン(?)のあやねるは可愛かったが、主人公の声の土屋 神葉さんが若干アレかなぁ。
劇団ひまわりに所属しているようだが、素人目から見て、喜怒哀楽のメーターが上がるシーンが・・・うーむ。
声の仕事は新人なんだろうか。ってか、土屋 太鳳さんの弟なのかw

メイドインアビス  ★★★☆☆
指定暴力団竹書房が贈る今期の本命作品の1つ。
アビスと呼ばれる大穴と、その周囲に出来たオースという街が舞台。
主人公・リコは孤児院で暮らすアビスに潜る探窟家の見習い。探窟家はアビスから持ち帰る異物等で生計を立てている。
探窟家は首から下げる笛の色により位階づけられており、アビスは潜れば潜るほど危険(具体的にどう危険かは
今後アニメでも出てくるはず)なので、それぞれ探査可能な深度に制限が付けられている。

リコは見習いなので赤笛です。因みに深度制限の無い最高位は白笛。
そんなリコがある日の探窟で、リコは謎の存在に生命の危機を救われる。
その何者かが放った熱線の跡を辿ると、そこには少年そっくりのロボットが倒れていた・・・ってあらすじ。

面白かった!1話から原作同様ドキドキワクワクの冒険譚の一端を垣間見せてくれた。
「何も始まらなかった、しょーもな」と業界人が呟いたそうだが、多分、違うアニメを観ていたんだろう。

声優陣も良かったね。リコ役の富田さんはまだ17歳くらいだっけ?
ガヴリールといい、若いうちから役に恵まれてるな。第二の水瀬 いのりとはまさに彼女の事か。

異世界はスマートフォンとともに。  ★☆☆☆☆
       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
   / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
   |;;::              ::;;|
   |;;::              ::;;|

はじめてのギャル  ★☆☆☆☆
『ニセコイ』より面白いとか言われてて草。何とも微妙な評価だw
ネット界隈はエロで盛り上がっているようだが、個人的にはそっちはどうでもいい。
他作品にはないであろうエロ(ぱんつ)担当アニメーターを用意している辺り、
エロの描写で遊ぶ(光渡し的なやつとか)事も売りの1つなんだろうけど。

主ヒロイン(?)の子の中の人は所属している声優ユニットで一番アレ(ファンの人はすまん)だった子か。
この作品で他の2人にようやく追い付ける・・・までにはならなさそうだが、でも主役級おめ~。

演出が少々クドいというか、昭和的というか、昔の童貞御用達少年漫画みたいで、何度も切ろうと思ったが、
ヒロインズがいわゆる処女ビッチと言われるジャンルで、今後普通に純愛ラブコメをしてくれるのなら観れる・・・かも。
ビッチっぽいのに実は純真とかってシチュは結構好きなのでw
ただ、奇乳と言われる類のスタイルは嫌いなので、幼馴染の妹系はいらん。途中で死なないかなw
と言うか、15分アニメで良かったのではと思った。30分とは、それほどシナリオが濃いんだろうか。
2017夏期深夜アニメ第一印象 その2
恋と嘘  ★☆☆☆☆
「好きな人(結婚する人)が何かによって強制的に決められている」という、
漫画ではよく見かけるディストピア設定の作品。エロ漫画にも多いね。そっちの場合、行き着く先には当然・・・ですw
漫画をよく読む人間によってはある意味で辟易する設定、何番煎じなのという感じでなかなか視聴意欲が沸いてこない。
実写映画化(例によってコケそう)が秋に控えているので、それの宣伝の為のアニメ化でしょう。

ここ数年内で読んだ作品では、電撃に『それは突然、運命の相手が』という同系統の作品があり、
それがかなり面白かったので、どうしても敷居があがってしまう。
こっちはオムニバス形式で、しかしどこかで伏線のように繋がってる楽しみもあって・・・な作品だった。
正直、こういう設定の作品は1つの恋愛を見せるよりも、色んなシチュのものを見るほうが楽しいと思う。

アホガール  ★☆☆☆☆
15分アニメだが、15分でもギリギリだな・・・5分でいいと思う。
主人公のアホが何と言うか、わざとらしいと言うか、作られたというか・・・。
まぁ、創作なんだからそう感じても悪い事ではないんだろうけど・・・その辺がダメだわ。
「うざ・・・殺してぇ・・・」って思ってしまう(直球)
個人的注目点は、風紀委員長が今期ヒロインランキングに入るかな~って程度。

徒然チルドレン  ★☆☆☆☆
『アホガール』の相方にあたる15分作品。
思春期の恋愛模様を同時進行型のオムニバスで見せる作品。
今期は、純愛からホモ、寝取られまで、恋愛モノが非常に多い。
孤独を愛するキモオタには辛い季節になりそうだw

ネットにあった“恋愛わんこそば”と言う表現が絶妙。それ以上でも、それ以下でもない作品。
出演声優が豪華なので、そこに価値を見出せるかどうかって感じなんスかね~。

Fate/Apocrypha  ★★★☆☆
ソシャゲも大人気な、Fateシリーズの外伝的作品の1つ。
Fateってのは早い話、歴史上・神話上の英雄や偉人を擬人化(人に使うのはおかしいのだが)して召喚、
ドラゴンボール的なものを廻ってバトロワ、最後に残ったものは願いが叶うって感じの内容。

Fateはシリーズが膨大になり、英霊と称してとにかく片っ端から偉人召喚している。
無(多)宗教国家だからこそ出来る芸当だと思う一方、節操が無いとは思うが、儲かるから致し方無しか。
最新作では遂に映画監督が英霊として登場するらしい・・・お笑い芸人やスポーツ選手が召喚される日も近いなw

今作は7対7の団体戦であり、ドラゴンボール的なもの(聖杯)と言い、負けると死亡(消滅)な点と言い、
今『DB』でやってる力の大会編を思い起こしたのは俺だけかな?w

原作組が『Fate/Apocrypha』のQ&Aを作ってくれたので、以下に一部を記す。

Q:舞台は?
A:西暦2000年頃のルーマニア

Q:時系列は?
A:第三次聖杯戦争で大聖杯を奪われて途中終結した並行世界。故に第四次(Zero)も第五次(Stay Night)も起きていない

Q:今回は聖杯大戦だそうだが、聖杯戦争とは何が違うの?
A:今までは7騎によるバトロワだったけど、今作では7対7のチーム戦

Q:黒の陣営と赤の陣営って?
A:黒→ユグドミレニア一族。第三次で大聖杯を強奪した張本人。目的は魔術協会からの独立
  赤→魔術協会が雇った魔術師達。目的はユグドミレニアへの制裁

との事。個人的に残念なのは、並行世界と言う事で無印からの時間軸ではない点。言わば、独立型ifストーリーやん。
パラレルをされるとなぁ・・・本筋との整合性考えなくて良くなって、なんでもありになっちゃうからなぁ。
ファンは擬人化(重ねて。人に使うのはおかしいのだが)した偉人が、ドンパチしてるのを見れたらそれでええんかな?
2017夏期深夜アニメ第一印象 その1
賭ケグルイ  ★★☆☆☆
今期、重厚な布陣で臨むガンガンの刺客その1。
インチキギャンブルを美少女達が、顔芸を披露しながら繰り広げる作品。
どんなに可愛くても顔芸を惜しまないので、純粋な萌え目的で見ると痛い目を見るかもしれないw

1話からはやみんの怪演が光っていた。この作品は声優の演技力が試される作品だ。
良し悪しは声優の演技にかかっているといっても過言ではない。頼むで~。

活撃 刀剣乱舞  ★★☆☆☆
同名ブラウザゲーを原作とした2作アニメ化のうちの2作目。
こっちはufotable制作で、剣戟専門のアニメーターを配置しており、1作目と違い戦闘・シナリオを重きを置いている。
つまりは必ずしも腐女子向けではない・・・っぽいので、視聴してみる事にした。

加えて、今年の大河がアレだからさ・・・歴史成分補完の為に、ちと期待もしちょるのよ。
マジで今年はクソザコナメクジなんスよ。直虎自体そんな功績残してない上に、早世しとるからなぁ。
やっぱり大河は1年を通して描けるエピソード持ちじゃないとキツイわ。
それか1年縛りやめて、半年交代にするべきやろね。

閑話休題。お話&舞台は、歴史改変主義者っつー謎の組織が、
歴史を改変する為に時間遡行軍って敵を未来から送り込んでくる幕末。
それを阻止する審神者(さにわ)と呼ばれるショタなボス(?)が、
刀剣を擬人化した付喪神を召喚、歴史を護る為に戦わせるって感じなんかな?原作通りなのかは知らない。
ところで、陸奥守吉行が土佐弁なのは龍馬の愛刀だったから?そういえば拳銃使ってたな・・・w

1話は実にufotableらしい、高クオリティな美麗でかっちょいいバトルであった。このまま行くなら俺でも楽しめるか?
原作が原作なので、メインキャラは皆男・・・ってか、公式にも女性の影は無い。この辺で好き嫌いが分かれそう。

ナイツ&マジック  ★★☆☆☆
最早恒例となったなろう勢、今期は3部隊が編成され、いずれも異世界モノである。
そんな、なろう異世界軍一番槍を務めるがこれ。凄腕プログラマーの青年が、交通事故により死亡し、
ロボと魔法の世界に転生。生前のプログラミング技術を駆使し、無双するというお話。

1話から非常にテンポが早く、嵐の様な展開だった。それを見越してか、1話終了後、声優や監督、
ロボ作画監らのコメンタリー付きでもう一度1話を放送するという斬新な取り込みを披露。

恐らく、大多数の人は「異世界モノってわざわざ転生させる必要あるんか?」って思ってると思う。
この作品も普通にファンタジー世界の描写じゃイカンのか?って声は多いやろね。一応、この作品では、
生前に培ったプログラミング技術がロボ操縦に活かせるって設定だから、転生が必要だったと言えば必要だったんだろう。

他の理由としては、1つ、単純なインパクト。「異世界に転生した」は良くも悪くも話題になる。
もう1つは、「“ある”ものを“ない”世界に持っていくと書き易い」ってのがあるんちゃうかな。
当然我々はそれが“ある”世界にいるのだから、“ある”ものの料理の仕方は比較的簡単なんだよ。
ある程度「分かっている」からね。言わば、書き手としてアドバンテージがある。
一方、“ない”ものを“ない”世界で描写するのは、ゼロからの出発なので難易度が高い、と。
ましてや、こちらに“ない”ものを“ある”世界で描くなんてのはマイナスからであり、高い創造力が必要になる。

最後に、主人公や世界観が「そうである」事への動機付けでしょ。
「主人公が無双するのはこういう理由があるんです!」「●●が●●なのは異世界だから!こっちとは違うんで!」って。
「入り口と出口が違う(おっさんが幼女に異世界転生とか)」事で、読者に「そうである」事について意見を挟ませない。
最初からおっさんとか異世界人だと、“そこ”に行き着くまでの過程と結果の綿密な描写が必要だからね。
異世界転生だと「転生したらこうなってました」で終わる。早い話、異世界転生設定は楽で便利なんだよ。
「バカより天才を描く方が楽」って事です。

バトルガール ハイスクール  ★☆☆☆☆
安定のソシャゲだった。大量の登場人物に、大量の分かり易い声優さん。
何か違和感感じて公式見たら、これ、アニメは途中・・・第3章(?)から始まってる・・・らしい?

ストーリーは「異星人襲来→地球壊滅→地球を脱出するも人類滅亡しかけ(『ニーア:オートマタ』!?)→
神樹様(『ゆゆゆ』!?)に選ばれた少女達が学校に通いながら、地球奪還作戦→とりあえず成功(第1章)→
異星人また襲来→またヤバめ→とりあえず成功(第2章)→今ココ!(第3章)」という感じらしい。

原作組が「シナリオあるの初めて知った」とか書いてて草w
1章、2章で敵方だったキャラとか新キャラが登場し、章終了後に新たな地球戦士(笑)になっているので、
この子らもアニメに出したかったんやろな・・・最初は15人だったけど、今は18人くらいみたいなんで。
進撃のエロ武装少女クエスト正解する
■2017春期深夜アニメ最終評価(括弧内は非深夜アニメ&短時間アニメ)
S:
A:エロマンガ先生
B:
C:正解するカド / 武装少女マキャヴェリズム / 進撃の巨人 2期 / サクラクエスト
D:ロクでなし魔術講師と禁忌教典 / ID-0 / ゼロから始める魔法の書 / Re:CREATORS / つぐもも / ベルセルク 次篇
────────────────────────────────────────────────────
Z:スタミュ 第2期 / 笑ゥせぇるすまんNEW / 王室教師ハイネ / サクラダリセット / フレームアームズ・ガール /
  すかすか / アリスと蔵六 / ツインエンジェルBREAK / グランブルーファンタジー /
  夏目友人帳 陸 / ひなこのーと / カブキブ! / 神撃のバハムート VIRGIN SOUL / 覆面系ノイズ /
  喧嘩番長 乙女 -Girl Beats Boys- / ソード・オラトリア / 冴えない彼女の育てかた♭ / 月がきれい


5位までの順位は以下の様な感じ。
今回も各5点満点で4つの項目を作って順位付けしてみた。20点満点ですな。

話=シナリオ・脚本  絵=作画  人=キャラ・中の人(の演技力等)  音=BGM  計=合計値

1位:エロマンガ先生(話:4 / 絵:5 / 人:4 / 音:3 / 計:16)
2位:進撃の巨人 Season2(話:4 / 絵:3 / 人:3 / 音:3 / 計:13)
3位:サクラクエスト(話:3 / 絵:3 / 人:3 / 音:3 / 計:12)
〃:正解するカド(話:4 / 絵:3 / 人:3 / 音:2 / 計:12)
5位:武装少女マキャヴェリズム(話:2 / 絵:3 / 人:3 / 音:3 / 計:11)


『エロマンガ』は安定の電撃文庫作品だった。『ゼロから始める魔法の書』もなかなか良かったが、
1巻1クールなんだったら、もうちょっと丁寧に作ってほしかった。全体的に薄味だった。
ラノベアニメは話重視系は2巻か3巻、日常系は4巻くらいがベストなんかなぁ?
『ゼロ魔』は2巻から前後編になり、区切りを付けにくかったので1巻になったという話があるみたいだが。

『正解するカド』は開始する前はなんだかよく分からないアニメだったが、
蓋を開けてみると、『幼年期の始まり』のような内容と、先が見通せない構成にのめりこんだ。
やっぱ「上位次元による下位次元への支配構造」を描いた作品は面白いね。
・・・が、終盤の「悪い異方存在VS良い異方存在」の構図は面食らって、付いていけなくなった人が結構いそう。
最終回はそこから更にぶっ飛んだしな。個人的には嫌いな展開では無かったが、
主人公の設定が凄腕交渉官だったし、ラストは娘登場ではなく、正当に大論陣敷いて屈服させて欲しかった。
終盤の展開で2位から3位タイに後退。もどかしさが残る竜頭蛇尾作品だったが、標準以上には面白かった。

次点作品の1つとなった『つぐもも』は、サターニャ成分補給の為に見始めたが、当初は昭和臭く、
3話辺りで切るつもりだった。しかし、桐葉が幼女化すると、その前と後では面白さが雲泥の差だったw
理由はいくつかあるけど、長くなりそうなので割愛するが、最初から桐葉が幼女だったのならあるいは・・・w

クソラノベ勢として期待した『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』だったが、
最初こそ、主人公が講師をしているシーンは「お?」と思ったが、その後はいつもの“アレ”だった。
“アレ”は回を経るごとに、そして新キャラが登場するごとに進み、遂には回復するに至らなかった。

続いて、ヒロインランキングは以下の通り。
1作品1キャラ縛り。

1位:本屋ちゃん(エロマンガ先生)
2位:鬼瓦 輪(武装少女マキャヴェリズム)
3位:徭 沙羅花(正解するカド)
4位:桐葉 ロリVer.(つぐもも)
5位:ミカサ(進撃の巨人 Season 2)


1位の本屋ちゃんはサブキャラ的要素が強く、あまり出番が無かったのが悲しい。
『武装少女マキャヴェリズム』は魅力的なヒロインが多く、輪と蕨と月夜で悩んだ。月夜はラストスパート凄かったw
桐葉のロリVer.は至高でした。いや、別に俺がロリコンとかそーゆー理由ではなく!w

アニソンを応援する主題歌(挿入歌)ランキング。
こっちも1作品1曲(但し主題歌と挿入歌は別。主題歌とはOPとEDの曲)縛り。

1位:伊藤 美来『Shocking Blue』(武装少女マキャヴェリズム)
2位:たぴみる『発見者はワタシ』(ゼロから始める魔法の書)
3位:ClariS『ヒトリゴト』(エロマンガ先生)
4位:佐咲 紗花『ID-0』(ID-0)
5位:TRUE『フロム』(終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?)


1位は神イントロの『Shocking Blue』。またOP絵との親和性も高かった。
(ファンには申し訳ないが)歌っているのはフツーの声優さんなので、クソウマ声優のも聴いてみたくなる曲。
『エロマンガ先生』はOP・ED共に高水準。ClariSは特に大好きって訳ではないんだけど、この曲は別。
たぴみるさんはこれがデビュー曲。タピオカミルクティが好きだからたぴみるらしい。幼く聞こえる声が逆にいいね。
佐咲 紗花さんはパワー系の歌歌ってる時が一番好き。『ID-0』は『WASTELANDERS』の次に好き。
同じくTRUEさんも好き。今回はまったり曲だけど、詞がいいですな。


まずはやっぱり『魔法陣グルグル』。ずっちのニケいいわ、イメージ通り。ずっちはエロ女子から少年まで役が幅広いね。
あと、『メイドインアビス』、『将国のアルタイル』、『賭ケグルイ』。この辺が本命かなー?

亜人(モン娘)枠の『セントールの悩み』に、『小林』でファンになった桑原 由気さん(竜人役)がいるので見てみる。
そういえば、『小林』さんのトールもドラゴンだったな。くわちゃん、ドラゴン声優かw

スポーツ枠には『DIVE!』(飛び込み)、『ボールルームへようこそ』(社交ダンス)、
『ナナマル サンバツ』(競技クイズ)があるね。社交ダンスとクイズは・・・スポーツでいいよねw
『ナナマル サンバツ』は原作は評価高いのは知ってる。しかし、ヒロインに非声優もってきてるので、そこがどうなるか。
棒だったらもうその時点で素晴らしい食材からの、クソみたいな料理確定。話題になる事なく終わりでしょ。
・・・ってこれ、関西未放送やんけ!しかもBS及びネットでもやらんぽい。これは観れないね。
主だった作品では他に『異世界食堂』『捏造トラップ』『セントールの悩み』等はBSかネットじゃないと関西では見れない。

最近よく見る用になった海外(主に中国)枠には『時間の支配者』。バトルモノっぽい。
「タイトルがフツーだなぁ」と思っていたけど、そう言う事だったか。直訳なんかな。
中国系でもう1本。『縁結びの妖狐ちゃん』。ほっこり系?いやぁ、中国マネー強いわ。10年後がちょっと怖い。

ラノベ枠としては、異世界転生モノとして『ナイツ&マジック』がありますね。
ロボオタの青年がショタに異世界転生して、ロボと魔法の世界でロボに乗って戦うお話みたい。
もう1つが『異世界食堂』。やっぱりこっちも異世界モノ。異世界と繋がった食堂が舞台。
メシモノって、『ソーマ』みたいにバトル要素があれば別だが、結局何を楽しみに観ればいいのか分からないから困る。
・・・あ、ラノベ枠もう1つあったわ。『異世界はスマートフォンと共に』・・・って、これも異世界モノじゃねぇか!w
内容は・・・タイトル通りです。能力底上げして転生した少年がスマホを手に美少女達と戯れる話。
非なろう系では『ようこそ実力至上主義の教室へ』。酷評されがちなラノベ枠を救う作品となるかどうか。
過去、良い意味で期待を裏切った作品があったので、異世界モノってだけで批判したくないが、
同時期にこんだけあったら、流石に最低でもどれか1つはクソなのはもう確定してるだろw
最早、問題はどれがクソなのか、又は全てなのかを当てるゲームとして楽しむしかないw

で、そんなラノベ枠と骨肉関係のソシャゲ枠からは『バトルガール ハイスクール』。
分かり易い声優陣に分かり易い見た目。これぞ、王道を往く。
ソシャゲアニメは原作が声優で釣る場合が多いから、アニメは声優動物園になりがちよね。

ゲーム枠としては、寒風吹き荒ぶエロゲー業界から『ノラと皇女と野良猫ハート』が立候補。
内容は知らないが、主人公が男で、周りが女性な典型的なADV系だと思う。尚、声優に関しては触れてはいけない(戒め)
派生として、ゲーム(を題材にした)枠に2作品。1つはゲームを作る方の美少女動物園系『NEW GAME!!』、
もう1つはゲームをやる方の恋愛ラブコメ系『ゲーマーズ!』。前者は漫画、後者はラノベが原作。
枠は同じ(?)だけど、対象層が違うので、食い合う事は無さそう?w

PVの時点で作画がヤバいのと、主人公の演技が下手糞で、ある意味注目してるのが『クリオネの灯り』。
調べてみたら、主人公の中の人乃木坂のメンバーみたい。アイドル(や、その崩れ)が声優になり始めて久しいけど、
その時にオタさんらが危惧していた「下手糞の流入」が現実になりつつあるって事かな。
木下と藤吉郎と秀吉
羽柴がいませんね・・・w


ちぇみーの歌声綺麗だったね。


このエピソード笑ったわぁ。以降、『SSちゃんねる』で、「遅刻」とか「嫌いなタイプ」、
「失敗談」みたいなネタのメールが送られてくると、諏訪ちゃんが過剰反応して更に笑えるw

ワイ「昔小倉唯には石原夏織という相方がおってな」  10年後の声豚「誰だよ」「聴いたことない」
いや、まだ分からんぞ。10年後、逆になってるかもしれん。個人的には、石原さんの方が演技力は上だと思う。

声優と結婚したい!ではなく、どうやったら声優と結婚出来るのか!本気で考えてくれ
わりとガチで考えるなら、イベントとかのファン行動は論外で、声優やその周囲の存在になるのでもなく、
更にその外、「声優を使ってメシを食う職業」に付くといいんちゃうか。
声優を使ってイベント、番組、グッズなどを制作している会社な。めっちゃ交流あるようだよ。
声優が結婚する時の「お相手は一般人です」の“一般人”ってこの辺が多いって話もあるし。

例えば、シーサイド、あみあみ、フォノン(テンフィート)、声優グランプリ(主婦の友)とかね。
若しくは、文化放送などのメディア(又はそれらで番組作ってる放送作家等)だな。頑張れよ、先駆者になってくれw
番組等を見る限り、イベント連発グッズ連発で声優を用いた事業はかなり儲けてるっぽいよ。
あの勢い見てると、アニメ制作関係より、声優と言う商品を直売りした方がいいっぽいなって思う。
ギャラ的にもこっちの方が高いのかもね。出演声優も普通に社長さんとかに媚び売って縁故作ってるしw

サクラクエスト
12345
2クールアニメなので前半最終回の今話。
今まで1つのエピソードを前後編2回で行っていただけに、
前編から調子が良かった今回は、後編で落とされるのではないかと思っていたが、意外と成功した・・・ってか、
個人的には大成功だと思うんだけど、由乃達にとっては駄目だったみたい。
年間来場者の6000人を1日で軽く突破しても、有名バンドがド田舎に来て、TVで特集されても?

何か、シナリオが進む間に、ゴールの敷居がドンドン上がってない?由乃達、賽の河原状態やん。
「街に恒常的にお金を落としたい」ってのはわかるが、武器になる大した産業が無いのだから、分を弁えないと。
何?街が潤い、移住者も増えて、現地人と結婚して、大都市部みたいになるのがゴール?
今日日、そんな夢の様な町興しなんか無いやろ・・・そこまでのレベルを考えてんなら大企業の誘致とかするしかないべ。
そこまでいくと、流石に作品の趣旨変わってくる気がするけどなw

バンド目当てで来てる人が99%なのに、クイズ大会とかクーポンとかでよく恒常的に潤うと思ったな。
商店街割引クーポンとか貰ってもイチイチ、クソ遠い、交通の便が悪い、何も無いと三拍子揃った間野山に誰が来んねんw
クーポンとかってのは、地元の人向けに発行するもんじゃろ。クイズ大会もクイズ大会で、
地元の間野山クイズとかで他所の人が盛り上がる訳ないやろwwww
商店街側も臨時収入あっただけでも御の字でしょ。それを恒常的にしないとアウトって贅沢にも程があるw

饅頭の件とかぶっ飛んだ事するからあまり目立ってないけど、町興し1回1回の評価を的確にするジジイが一番現実的だ。
前回だって「お前さんはようやっとる」つってたし。今回だって「6000人突破して、商店街の臨時収入もあり大成功じゃ」って。

由乃達の言いたい事は分かるよ。「私達の力で!間野山だけで!」ってのが重要なんじゃろ?
バンドの件も、ぶっちゃけバンド(=他所の力)のお陰で間野山に人が来たのに、それは他者(TV局)の力だった上に、
番組では由乃達が誘致したって事になってたから「うーん、失敗だ」って反応したんじゃろ?
でも町興しの前では大事の前の小事でしょ。なりふり構わず町興しをしたいのか、まずは第一に自分達の力を誇示したいのか。
「間野山だけで」という制約を設けるのなら、ハードル下げないと。少なくとも、由乃達だけの力だとこういう結果にはなってない。
折り返し地点だし、「大成功ではないけど、次に生かそう」みたいなもうちょっと前向きな終わり方でも良かったのでは。

後半はどうするんだろう。まさかマジで企業誘致とかスケールがデカくなるわけはないよな?
だとすると、順当なところでは今までの話で培った「縁の力で間野山が活気付き、街の人達に笑顔が~」って辺りが
落とし所かなぁ?今回のTVプロデューサーもリベンジしたいだろうし、もう一度この手の話ありそう。
それとも町興しより、由乃らの人生観にフォーカスをシフトさせるか、だな。
前半部で5人の抱えているものの描写は終わってるから、それの答えの描写は十分可能だ。

ところで、未だに盛り上がらないな勢が煩いが、この人達もハードルの設定おかしいのでは。
ミラクル町興しで金も人も潤沢間野山になって、超盛り上がって・・・ってのがいいの?
それこそ、あまりにも現実とかけ離れてて薄っぺらくない?そうなったら、それはそれで絶対文句言うんだろ?w
最初からLv100の勇者じゃないと駄目とか、そんなRPGやって楽しいかね・・・。
拡散希望
イイネの数が強さとなるのだw


マガネをえっちキャラに改変して欲しいけど、原作者死んでる(マガネが殺した)からなぁw
然らば、ここは軍服創造の関係者(?)であるソウタに彼女を萌えキャラに改変して貰うしかないな。
ソウタ、お前が軍服の新しいエロマンガ先生になるんだよ!w


この前の回のミカサ可愛すぎた(マジ)
2期は1クールらしいね、●●●●まではいかなそうか・・・。


小林ロスとガヴロス、昨今のアニメ界における(個人的な)2大ロスを一挙に2つも少し回復してくれる至高の動画ぞ。
・・・はぁ、やはりロスを全快するには2期・・・そう、両作品の2期が必要だよなぁ(ちらちら)


『Re:CREATORS』登場キャラのパラメーター(五段階)が判明wwww
みんな知力高すぎない?w

【悲報】アニソン界、終わるwwwwwwwww
基本的に普通じゃない名前の場合、そこ出身者が多い印象。
しかしながら、こっちとしては曲が良く、歌が上手ければ誰でもいいな。

じゃあ声優のカードがついた「声優チップス」とか作ってひとふくろ180円とかで売ればいいじゃん
結構売れそうな気がする。話題性も考えて「声優カール(うすあじ・カレー・チーズ)」にしよう。
そういえば、カールどこ行っても売り切れてるわ。うすあじ信者の俺としては非常に寂しい。
が、少し待てばまた食べられるようになるからね!一生食べられないとか、そんなエリアあるわけwwないしwwww

Re:CREATORS
12345
やっと面白くなってきた・・・と言うか、持ち直したか。
最初の数話は設定で楽しめたけど、以降は大方の評判通り、キャラが馬鹿すぎる&ウジウジ主人公にイライラした。
ここ数話で分かった事は、

 ・現界人は死ぬと消滅する → 原作に影響は無い
 ・原作者のツイッターや葬式イベント(笑)によって、まみか死亡確定
 ・主人公の予想通り、原作者による改変は世間に広く認知されると現実化する → 原作者死亡の場合は?
 ・現実化は拡散力に比例し、仮設定の場合は一時的な現実化に留まる(っぽい)

持ち直しはしたが、戦闘を中心に登場人物達が相変わらず馬鹿すぎる。
ソウタはやっと少し踏み出したけど、今までウジウジ属性で溜めに溜めたヘイトはまだまだ消化しきれないわw
風呂敷は政府レベルにまで広げたが、無対策、全てが後手と、今んとこココまで風呂敷広げる必要あったのかと言う印象。

マガネの能力は原作から分かっているはずなのに、みんなご丁寧に会話して嘘返し食らってる。
弥勒寺は自身の攻撃は無効化された上に、スタンド(ハンガク)を奪われて完全に対マガネでは無力に。
まみかは一言「軍服が悪い」と言えばいいのに、主人公たちもそう弁明したらいいのに、
見事に核心部分だけをスルーして会話する気持ち悪さ。いや、分かっているよ、脚本の都合だってのは。

そう、それなのよ。「キャラ達そのものが馬鹿すぎて」よりも、「脚本の都合でとんでもないレベルの
馬鹿を演じさせられている事」に大きなストレスを感じるんよね~。

但し、弥勒寺の「ハンガクは呪いだ」と言う言葉には裏があるかもしれない。
敢えて騙されてハンガクをマガネに引っ付けた・・・?弥勒寺は(原作では一応ラスボスらしいし)結構頭脳プレイ派?w
いつもソウタ(主人公)の事心配してるし、味方組の中では比較的「分かり易く」、視聴者がストレスを感じ難いキャラではある。

そんな溜まり続けるストレスが限界突破させてないのが、原作者組の頑張りだよな。
今回も松原がソウタよりも何倍も主人公してて、イケメンハゲだったw
今のままではソウタがあまりにも空気&蚊帳の外なので、普通の学生からジョブチェンジしそうな気がする。
そこで気になるのが、「原作者による改変は世間に広く認知されると現実化する」「軍服は二次創作出身」だ。

「原作者による改変は世間に広く認知されると現実化する」のならば、
二次創作(同人)で色んな人が設定を付け加えていく可能性がある軍服はどうなる?無限に強くなれるのならヤバいやん。
それを打破出来るのはセツナ(軍服の二次作品創造主。故人)の死に関係しているソウタしかいないのでは・・・。
それはソウタの夢であるクリエイターに通じると思うのだが。故人ヒロインの遺志を継ぐとか主人公っぽいやろ?w

アリスは、現界したキャラん中でまだ一番現実を受け入れ切れてないんだろうな。
まみか殺しの犯人は薄々気付いてるけど、「自分の最悪な世界が創造主によるものだった」
「自分を想ってくれていたいたまみかが殺された」「胡散臭い軍服に一度は頼ってしまった自分に腹が立つ」等があって、
「煩い!囀るな!みんなみんなここからいなくなれー!」状態みたいな自棄を起こしている感じかね。
そしてその自棄の正義や大儀・行動理由として、まみかやメテオラを“利用”している、と。
だから、メテオラに正論とかでそこを突かれると「みんないなくなれ」度が増して脳筋プレイに走っちゃうのでは。
・・・と好意的に解釈したが、本当にただの脳筋だったらどうしようw

今回の戦闘で軍服が消えかかったけど、あれは、やりすぎて世界の修正力が働いたって事かな?
世界軸がしっかりしている(軍服が言っていてた“御柱”とはこの事?)状態では、
「元々そこに“それ”が存在出来るスペースがない」ので、反動の打ち返しで負けてしまうと?
じゃあ、軍服を始めとする世界改変事象も広く認知されてしまうと・・・?
幼年期の終わり

随所で見られる「む~!」が可愛い。
そしてその「む~!」を何度も誘発させる1級沙羅花調教師の真道、有能。


『としたい』聴いてると分かるが、大西さんって地味に有能なんだよなw
モノマネはどれも似てる(中でも特にこのタラちゃんは秀逸)し、歌もコント(?)も上手いw


アニメ・漫画によくある「そして数年後・・・」のオチって好き?嫌い?
>>話としてはもう終わっていて後はエピローグを書くだけという場合は好き。物語の核心をボカしたままの奴は嫌い
この方と同意見だな。話がまだ進んでいる中での突然の「そして数年後・・・」は頂けない。
ちゃんと区切りを経ての「そして数年後・・・」は補完的な意味もあるし歓迎。

数年前の声豚「彼氏?同棲?はい非処女確定!CD不買!断固抗議や」
今の声豚「彼氏?同棲?そのぐらいええやん」
いや、そんな清々しいもんちゃうっしょ。今は、今の声豚「彼氏?同棲?ほな違う子に乗り換えます」でしょw
演技や見た目など、同レベルの子なんて、それこそ今では吐いて捨てるほどいるからな。

【TBS】日5枠を潰して子供向けに作った土曜朝アニメ枠・・・結局ダメでしたwwwwww
つーか、何で日5はあんだけ視聴率視聴率言われるんかが分からん。深夜アニメより何倍も高いやろ。
時間帯を考えてだとしても、他局の番組もあるし十分やと思うけどね。あと単純に数字低いのはしょーもないからやろ・・・w

正解するカド
睡眠の重要性!w

12345
“ワム”は拡散された。しかし作成成功率は現時点で0.1%未満で、いきなりの世界大混乱にはならなかった。
しかし真道は簡単に再現出来てて、それはザシュニナが何か智慧にようなものを教授したのかと思っていたが、
そんな生易しいものではなかったっぽい。

品輪博士みたいに科学者でもない(外務官僚だから頭は良いだろうが)のに“ワム”を即作成、
異方事件以降、全く眠っていない・・・これらはザシュニナの力である事が分かった。
つまりザシュニナは真道を、言わば“異方化”していっている。
そこに気付いた真道に不敵な笑みを浮かべるザシュニナ・・・ますます真意が分からない。

と言う事で、ザシュニナの次なる“問題”は「眠らなくてもよくなる」だそうだ。
まさか真道の激務(=眠っていない)のが伏線だったとはw

で、こを与える次なる異方アイテムが“サンサ”。これは“ワム”とは違い「見るだけ」で、
異方の力・・・つまりは、「眠らなくてもよくなる」力を得る。構造はザシュニナ曰く、
「1人、2人と人格が多次元的に構成されて、“自分”が眠らなくてもすむようになる」との事。
報道マンが言っていた「今俺は眠っているが、眠っていないんだ!」は意味不明なようで的を射ている訳だ。

これまた、無限エネルギー供給の“ワム”と同じく、白黒では片付けられない問題だ。
一見、寝なくていいなんて活動効率が上がってうめぇと思われがち(現に作中の役人がそう言っていた)だが、
「眠らなくてもよくなる」と言う事の行き着く先は、人間性・・・生物である事の放棄だ。
また、ちょっとロマンチック(?)な事を言うと、「夢を見られなくなる」という弊害もあるw
ザシュニナは人類からあらゆる“欲”と“幸福”を奪い去って、“生物”という頚木から解き放とうとしている?
それはまさに『幼年期の終わり』と一緒なのでは・・・ザシュニナは“オーバーロード”なのか・・・?

仮に“サンサ”が「自我の多次元化を行う装置」だったら、「並び立った自我が自我を持つ」危険性はないのだろうか。
「俺こそが俺だ!」「いいや、俺が一番俺だね!」。そしてそれが更に進むと、「俺は寝る」「は?俺が寝るし。
お前は仕事しろ」「寝るのは俺だ。お前らは寝るな」・・・それが行き着く先は・・・1つしかないぞ・・・。

さて、真道を見るに、「眠らなくてもよくなる」は恐らく「疲れなくなる」と言い換えても良さそう。
ただ、「疲れなくなる」だけで体の脳や臓器、また、増大するエネルギー消費等への影響は良く分からないな。
特に消費エネルギーが増加してしまうのだったら、それって食糧が今以上に必要になると言う事だぞ。
現段階でも「この先食糧危機あるかもなんで、虫を食べましょう」とかって呼びかけてるってのに。

そこは“ワム”による無限エネルギーで解決するか?
それとも「眠らなくてもよくなる」の次に「食べなくてもよくなる」アイテムをやるつもりなんだろうか。

ちなみに。“サンサ”によって「眠らなくてもよくなる」のだが、「別に眠る事も出来る」らしい。
ここがキーになるかも?人であり続けるのか、放棄するのか。しかし“サンサ”は「見るだけ」で受け入れたことになる。
これってもう半ば強制的に受け入れざるを得ないのでは。ザシュニナの強い“意思”を感じる。怖い・・・w
Morning Glory
今期のアニソンとして、

ID-0 OP ID-0 佐咲 紗花
武装少女マキャヴェリズム OP Shocking Blue 伊藤 美来
エロマンガ先生 OP ヒトリゴト ClariS
エロマンガ先生 ED adrenaline!!! TrySail
終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? ED フロム TRUE
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 OP Blow out 鈴木 このみ


を購入。残り2曲は来月発売。
TRUEさんええなー。アニメの方は・・・だけど、EDは購入した。力強い感じの女性Vo.好きやわ。
このみんもなかなかそんな感じよ。『Shocking Blue』もそんなVo.ならばもっと評価上がったんだが。
因みに洋楽やと、In This MomentとかEVANESCENCEとかDark MoorとかHalestorm辺りが好き。

実は先日音楽プレーヤーをポケットに入れたまま・・・ええ、完全沈黙、ご臨終です。
なので、新しいものを買わなくては。音楽プレーヤーは8GB以上で安い外国製でええねん。
購入時の気になるポイントは1つだけやから。それは「プレイリストを作れるか、いくつ作れるか」。
これを書いてくれてない商品が意外と多くて困る・・・。取り合えず購入候補挙げて、この件を問い合わせ中。
1つは「作れるが3つまで」だったのでアウトでした。最低5つは作れないと困るw


圧倒的だんないよ。
「だんないよ」はしおりの口癖。富山弁で「大丈夫、問題ない」の意らしい。
尚、しおりの中の人、上田 麗奈(うえしゃま)さんは富山県出身で、PAワークスは富山県のアニメ制作会社。


『鷲尾須美の章』の内容知ってるんでアレだが、秋の2期は楽しみ。


いらすとやで再現する動画シリーズ結構好きw

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』公式人気投票の結果発表!
原作知らんけど、3位の子が白猫と似てるから云々って話になりそう?2位の子OPに一瞬出てるよね?
『ロクでなし』さ、3,4話辺りは若干上昇気味だったけど、そこから下降してきてるのよね。
「やっぱりただの石鹸枠だったか」になるのか、「クソラノベ勢の面汚し(褒め言葉)」になるのか果たして。

『はいふり』OVAがついに発売!OVAで続編告知は・・・
2期頼む・・・!なんでもしますから!

夏アニメ『異世界はスマートフォンとともに。』キャスト発表!福原 かつみ、内田 真礼、赤﨑 千夏、上坂 すみれなど! 
来たか!「異世界」「俺つえー」「ハーレム」・・・ククク、私を失望させてくれるなよ?w

サクラクエスト
12345
今までの中で一番「分かり易い」回だったんじゃないかな。
これで、「盛り上がらない盛り上がらない」言ってる人も沈黙するのでは?
つーか、昨今のアニオタは「碌に内容を理解せずに条件反射的に文句を言う」傾向があるよね。俺も含めて。
更に「勝手にジャンル固定して、無理矢理な想像をし、その通り展開されないと文句を言う」傾向がある。
特に2クール作品の鈍足進行アニメにはこの傾向が強く出る。まぁ、習性みたいなもんさねw

しおりは父親との会話・・・離農、過疎、結婚、両親の子への想い、そして「“今”というのはずっと続くものじゃない」という
言葉を受けて、「ずっと今の間野山で幸せ」という考えを改めて、変わる決意をしたんだよな。
それがラストの国王代理(=責任ある立場になる)宣言に繋がった、と。

前回の「おばあちゃんの家を燃やす」くだりが今回の決意の良い対比になっちょる。
あっちは「ずっと今の間野山で幸せ」の象徴だったからね。これ(燃やす事)を飲んで第1ハードルを、
続いて父親の言葉を受けて、最後のハードルを越えたわけだ。

ここまで、しおりが一番“経験値”を与えられてLvUPの機会が多い訳は、
後半に向けて、由乃らと間野山の人達を繋ぐ物語における一番の適任者を考えた場合、
彼女が間野山出身で、観光協会で、更に“大臣”でもあるからだろう。
しおりがLvUPする事で、由乃らと間野山の間に大きな道が出来て、話自体が動かしやすくなる。
うん、ちゃんと作られてると思うよ。決して盛り上がってないわけじゃあない。

納涼祭とC級グルメコンテストのブッキングは、ネットでも皆言ってるけど、コラボして同時開催すればええだけやんなw
リアルでも色んな所で地元の祭りと、一緒にそーゆー町興しイベントやってるし。

商店会の「町興しなんで別に頼んでない」は、(若しかしたらマイナスになるかもしれない)変化を望んでいない上に、
「明確な旨味の提示」がないからこう言う事言うんだよね。非協力的なのもそれに起因する。自分には関係ない、と。
だもんで、フツーに考えれば、納涼祭とC級グルメコンテストのコラボによって、商店会の「町興しなんで別に頼んでない」を、
「町興しの主役は地元の人である事、そして旨味がある事を認識」させ、打破するんちゃうかと。

一方、未だ馬車の中にいて、殆ど戦闘に参加していない(映画の話で若干“経験値”を得たくらい)のが凛々子やね。
年齢は22歳前後だと思われるが、学生でもなく、仕事もしてなくて、両親がおらず・・・と、色んなフラグが満載の子。
次のLvUPターゲットはこの子かな~?ところで、あの忍者コスは私物なんだろうかw

どうでもいいけど、5人の中で由乃が一番小さいんやなw
ちっちゃい国王可愛いw