詠み人知らず
オナカガスイタラギュウニクコロッケ!!!
漫画・1月の感想1
■松林 悟『ロリコンフェニックス③』  ★★★★☆
ロリコンフェニックス③少女とにゃんにゃんしよう企む悪の組織BL団から、
日々少女を守り続けるニート、フェニックス。
そんな彼の下に、従姉妹の美少女まりかちゃんがやって来た。
ニートの彼を更生させようとするまりかちゃんだが・・・!?
世界に誇る非倫理カオスコメディ第3弾!

ロリコンじゃなくても面白い、でもロリコンならもっと面白い。
世界を敵に回しても、ロリコンをやめないボク達のバイブル第3巻が、
無事発売されました。そんなボク達は児ポ法に怯える毎日。ぶるぶる。

3巻もフェニックスの変態不死鳥伝説は、転生の炎を撒き散らしかっ飛ばしてます。
冒頭から早速ロリエロゲーで・・・するフェニックス。彼の児ポ法無効の属性は
最早神の領域です。スキル継承で覚えたいなぁ・・・それ、フヒヒw
それにしてもフェニックスに限らず、ニートってこういう類のものを買う金は
どこから沸いてくるんだ?俺が遊んでる某オンゲーでも、異常に鍛えてる奴見かけたら
ニートニートっつー人いるけど、俺ぁそうじゃないと思う!w
あれもタダじゃないしな、ニートならそこまで育てる金が無いだろ?w

そんな不思議なニートフェニックスにも恋の季節(?)がやってきます。
お相手(?)は従姉妹のまりかちゃん。12歳以下の子供がいる家庭は住宅ローンが
無利息になるという意味不明な特典目当てに、まりかちゃんの親がフェニックスの
向かいの家に引っ越してきましたからであります。
これはBL団の仕業らしいのだが・・・国家権力にまで干渉するとはw
政治家にも息がかかっていそうで怖いですね。そのうち児ポ法を無くして、
ロリコン天国な国にしてしまうかも・・・ん?あれ?それって歓迎するk(ry

尚、この話の舞台は東京都町田市です。やたら具体的ですが理由は不明です。
若しかしたら本当にロリコン優遇の行政特区なのかもしれない。だったら行くしか!w

今まで「作者ってトイレネタ好きだよなw」と思っていましたが、
まりかちゃんの登場はまたしてもトイレでした。色々あって焦ったフェニックスが、
ウォシュレットをまりかちゃんの・・・無論、下半身丸出しで・・・。
でも何故か犯罪の匂いがしないのは俺がロリコ・・・だからではなく、
この漫画があくまでもコメディだからでしょう。絵もあってますよね。
そんな感じで登場したまりかちゃん。昔とは別人の様なフェニックスに一旦は絶望するも、
初恋の相手であり、今でも好きなので更生しようと奮闘する事になります。
・・・うん、突っ込みどころが多すぎますよね。でも好きなんだから仕方が無いw
小5だろうが、一度火が点いた恋愛爆弾に不発は無いんだぜ!w(臭

一方、美亜ちゃんはと言うと・・・市民プールでカナヅチ克服に励んでいるのでした。
周りが普通の水着なのに、未亜ちゃんはスク水!しかも旧スク!マニアック!w
未亜ちゃん曰く、これが今年から学校指定の水着になったらしい・・・。
またしもてBL団か!BL団グッジョ・・・あ、いやいや。不埒な野郎共だぜ!
俺ぁ旧スク(あれをする箇所に穴が開いている)世代じゃないから見た事無いんだよね。
もうちょっと大人になったら・・・ふふ、なんでもないよ?w(逮捕

この話はプールでどれだけロリコンが跋扈出来るかを説いています。
水しぶきの話とか着眼点がいちいちロリコンだな。勉強になるわw
今年は俺もプールでこれらを実戦しようと思います\(^o^)/
それにしても排尿テリトリーのシーンはむちゃくちゃ面白かったわw

そしてもう1人のヒロイン(?)アオイクンも今巻では大活躍です。
BL団があの爆笑度を保っていられるのは、アオイ君の突っ込みがあるからだよな。
彼の突っ込みがなかったら、BL団の面々は正真正銘の変態だもんなw
アオイ君のお陰で、面白変態でいられるんだから、給料上げてやるべきw

つーか、アオイ君可愛いわぁ。運動会の話ではちゃんとアオイ君も学校行ってて、
トイレは男子トイレを利用する事が判明したけど、普段もネコミミ&シッポ付き、
何故若干11歳でBL団に就職なのか、アオイ君の女装は趣味なのか?等など疑問は尽きない。
そんなミステリアスなアオイ君は、読者の間が人気ナンバーワンの呼び声が高いようで。
もうこの際、男とか女とかどうでもいいよな。アオイ君は可愛い、それでいいじゃないかw

運動会の話は、ビデオカメラを片手に撮影(という名の少女視姦)するフェニックスが、
某ラッキースターの主人公の父親にしか見えなかったな。連行シーンが思い浮かんだぜw
で、このビデオカメラのオチがもう!クソワロタってレベルじゃなかったわw
その内容といい、巻き込まれたまりかちゃんの反応といい、最高でしたw

んが!運動会の話で我々が重要視すべきなのはそこではないのだ。
同志諸君なら既にお分かり頂けていると思う。そうブルマ湯のシーンだ。
ブルマ湯とは・・・と、その前に。ブルマ絶滅期の昨今において、なぜ存在しているのか。
それは勿論、我らがBL団の仕業である。スパッツ型だった未亜ちゃんの
学校の体操服をブルマに戻したのである。す、素晴らしい!素晴らしくバカだ!
ブルマ最終世代の俺ならこの熱い想いは分かる!スク水とブルマ、至高の双璧だな!w
ホント、ゆとり世代は可愛そうだぜ。授業時間削減?情報過多時代?違う。違う!
ゆとり世代最大の不幸はやはりこの双璧の一角が拝めない事だ。そうだろう?兄弟?w

では話を戻そう。ブルマ湯とはその名の通り、ブルマを湯に浸して飲む白湯である。
あ、今、君・・・変態だって思ったね?そうだよ変態だよ?でも・・・でもね!
それが目の前で脱いでくれるシステムのお店だったらどうする!w
いや、そーゆーお店はおねーやんが脱ぐからロリではないのだが・・・。
BL団は長年人類が抱えてきた欲を簡単に実現し、人類で始めて桃源郷に到達したのだ。
もし少女脱ぎたてのブルマ湯なら、お、俺は・・・うう、しっかりしろ俺!w
ネタに走って犯罪者になっては末代まで恥だぞ!し、しかし飲み・・・ウガガガ!

このネタを考え付いた松林先生に感服した。
自他共に認めるドス黒思考の俺でさえこれは思いつかなかった。
うむ・・・世界は広い。上には上がいるのだな。俺もまだまだだ。

ニートを後ろめたく思うフェニックスは、それを払拭する為に、
毎日外を歩いてのパトロール(という名の少女視姦)をかかさない。
そんなフェニックスが今回重点的にパトロールをしたのはスーパー。
日々、家計を預かる暁の戦士たちの戦場である。ニートであるフェニックスには
全く持って場違いな場所。そしてまた変態のBL団にも相応しくない場所である。
彼らに相応しい場所は幼女が集まる場所ではない。寒々しいブタ箱しかないw

この話ではバカを繰り広げるフェニックスとBL団の刺客をよそに、
フェニックスを更生させようと頑張るまりかちゃんが健気で・・・健気で笑えたw
この子、ある意味未亜ちゃんよりも不幸体質かもしれないなぁ。

という訳で『ロリコンフェニックス』は今回で一応完結。
「BL団との決着も、フェニックスの逮捕もまだだというのに・・・
やはり児ポ法を支持する上からの圧力で打ち切りになったのか」と思いきや、
松林先生の次回作は『ロリコンフェニックスBL』。BL団に更にスポットを当てた作品だ。
つまりほぼ続編だと思っていい。今でも全裸で変態的な行為しかしない彼らに、
更にスポットを当てるなんて、ロリコンの一斉蜂起を助長しないかと不安にならざるを得ない。
でも、また腹筋を崩壊させてくれる話が読めると思うと、児ポ法の恐怖など些事である。
ほ、法律が怖くてロリコンやってられっかてんだ!そうだろう?兄弟?w
関連記事

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック