詠み人知らず
『天結いキャッスルマイスター』DLC第1弾(無料)きたあああ!!!
電撃文庫・6月の感想1
■樹戸 英斗×ほんだ ありま『なつき☆フルスイング! ケツバット女、笑う夏希。』  ★★☆☆☆
なつき☆フルスイング! ケツバット女、笑う夏希。肩を壊し野球部を辞めてくすぶっている高校生・智紀の前に現れたのは、
【夢魔砕き(アルプバスター)】と言う名の金属バットを振り回す女、夏希だった。
智紀は“夢”を見せて人間を惑わす存在、夢魔に取り憑かれているというのだ。
夢魔に取り憑かれた人間から夢魔を引き離す方法は二つ。夢魔の見せる
甘美な夢から自力で逃れて目覚めるか、【アルプバスター】で殴りつけるか。
夏希は智紀にケツバットをかまして夢魔を消滅させると、
夢魔の潜伏率が高い少年少女達が集う場所、つまりは学校に潜入するため、
智紀にまとわりつき始める。口を開けば下品でやかましく、人の迷惑を顧みない年齢不詳の
夏希を疎ましく思いながらも、智紀は彼女と共に人々に憑いた夢魔を追うが・・・。
第13回電撃小説大賞・銀賞受賞作品。

ケツバット・・・我々の青春です。罰ゲームありの遊びをする時の罰の1つでした。
勿論、本作のように金属バットでフルスイングなんかじゃありませんでしたけどね。
バットを使う罰ゲームは他に股みこしがあります。皆さんも一度流はやった事ありますよね?w

タイトルからは想像出来ないほどに青春且つシリアスに甲子園してます。
主人公・智紀は一度は甲子園を夢見た高校球児。遠投の際に腕を壊してしまい、
甲子園のマウンドに立てなくなってしまった。仲間たちが甲子園に向かって練習に励む中、
智紀は1人寂しくバッティングセンターでバットを振るう毎日。そんなある日、
いつものようにバットを振るっていたら1人の巨乳な女性が声をかけてきた。
しかも「ちょっとバットで尻を叩かせろ」と即行通報コースな感じで。
それが智紀と夏希の出会い。智紀はそれで夢魔の存在を知り、自分も夢魔によって
腕が治ってきているという夢を見させられていた事に気付く。夢魔を祓ってもらい、
本当の今に気付け、改めてスタートラインに立てた感謝の気持ちと、あんな歩く公害女を
放っておくわけにはいかないという気持ちで彼女の夢魔退治に力を貸すことになる。
と、こんな感じで新人さんにしては珍しい短編連作形式で話が進んでいきます。

正直、最初野球関係の話かなと思いやばいと感じました。自分は皆が野球している最中、
サッカーに熱中するサッカーバカだったので野球の話はどうも苦手で御座いやして。
しかしそれはあくまで設定で、智紀は夢魔に憑かれる重要な要素でした。
やっぱり何かに打ち込んでいる若者ってぇのは、青春そのものだぁねぇ?満腹満腹。

1話は智紀のクラスメイトに巣食う夢魔を、2話はご近所さんの女の子とその姉に巣食う夢魔を、
そして3話では・・・で、2話が一番良かったなぁ。お涙頂戴の姉妹愛には感動を覚えました。
美姉子の姉である千尋の初登場シーンは家に男を連れ込んでいるというげんなりするような
ものでしたが、次第に智紀を介して、美姫子と昔の仲良し姉妹に戻りたいという強い想いが
伝わってきた。千尋・美姫子、互いの扉越しの叫びが良かったスよぉ。
話の意外性としては1話が面白かった。まだ夢魔とはどういうものなのか分からなかったし、
眞弓と徳橋の関係がああなっているとはな・・・まぁ、最後はハッピーエンドになったけど。

夏希自体の性格は丸。スケベオヤジ丸出しで、強制的に智紀をMとしてSにまわる夏希。
最初の頃こそボケと突っ込みの掛け合いは不十分だったが、最後の方になると
夏希のどんなボケにも対処できるようになっていた。そういう意味でも智樹は成長したねw
電撃でヒロインが20代ってもの珍しいのでは?ブルセラショップから制服をくすねて、
智紀の学校の生徒として普通に生活しているあたり本当に20代なのか疑わしいですが、
どうやら20代(後半?)のようです。その為(?)か、智紀とはあまりちゅっちゅしません。
代わりといっては何ですが、智紀のご近所さん美姫子がヒロイン格として出てきます。

この子がクリーンヒット。主人公と違う高校、駅で待ち合わせてバッティングセンターへ、
彼女はそこでは何もしない(とある出来事によりバッターボックスに立つようになるけどね)、
驚くほど細い(という設定)、クール(またはクーデレ?)、恥ずかしがりやと色々とツボ。
しかも一度は典型的な幼馴染な関係になるも、「幼少の頃のあの気持ちは、バレンタインなどの
イベントに参加したいという気持ちがたまたま近くにいたあいつに向けられていただけで、
本当に好きだった訳ではなかった」と美姫子が気付き、そのまま中学へ。そうなると
思春期真っ只中となりお互い疎遠になり、高校は別に・・・今では道で会えば会話はする程度の
関係になっているって・・・のがいいじゃないですか。いやね、フツーはこうなんだよ。
幼馴染がおるからって皆が皆「ずっと一緒だよ・・・」な関係になんかならないんだよ!
そこを2Dは「幼馴染と言えば100%添い遂げる関係です」等とぬかしよって!許せん!斬首じゃ!
・・・っと、何か興奮しちゃいました。ボクは別にそんなの無かったよ?ホントだよ?w

見た目は大人しそうで、必要以上のことを喋らない印象なんだけど、
智紀と再び親密になってからは智紀相手だとストレートに自分を表現してるし、
実は非常に芯の強い子だと言う事が分かる。特に3話は彼女無しでは解決出来なかった。
基本的に夏希が2人の間に入ってかき回していたので、1巻では大きな進展は無かった。
でも夏希を一度失った2人には昔とは違って確かな絆が作られていたし、今度は逆に
夏希が2人の関係を後押しする事は間違いない。ただ夏希は2人のせいしゅ~んな関係を
面白がって背中をツンツン押すだけかもしれんけど。その3歩引く2歩さ加減が何とも青春よ!w

智紀や千尋が経験した「夢が打ち砕かれたら、ただ生きているだけになる」ってのは
よぅ分かります(この物語の場合、そこに夢魔が一枚噛んでいるんスけどね
少し違うけど俺もある事によって打ち砕かれて、1年間ぼーっとしてましたしぃ。
最後の晩餐と覚悟した入院する前日のメシは今でも忘れませんね。
ローソンで買った揚げだし豆腐、五目御飯、すまし汁でした・・・w
当時は「あ・・・星空が綺麗やな・・・」みたいなガラにもない台詞などを連発して
かなり末期でした。見た目は廃人同然でした。今考えるとおかしくて仕方が無いぜ。
若しかしたらボクも夢魔に取り憑かれていたのかも!そう言えば俺、看護婦さんに尻を・・・w

短編連作だし、人々の夢や希望を夢魔という存在とを絡めれば続編は容易に書けそう。
3話では【巨象機関】っつー「夢魔を世の為人の為に利用する研究をしている」という
毒にも薬にもなりそうな事をしている組織が出てきた。夏希自身の生い立ちがアレなので、
若しかしたら今後は主人公サイドVS組織という構図になるのか。個人的にはあの街で
智紀、夏希、美姫子を中心にした悪霊退治のドラバタラブコメが見たいんだけどね。
関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
肩を壊し、野球部を辞め、目標がなかった智紀が、バッティングセンターで憂さを晴らしていたとき、突然女から声をかけられた。ピチピチの野球のユニフォームを着て、胸の膨らみを強調していた二十代前半ぐらいのその...
2007/03/06(火) 08:48:11) | booklines.net
著者:樹戸英斗 なつき☆フルスイング!―ケツバット女、笑う夏希。価格:¥ 641
2007/03/06(火) 09:13:30) | たこの感想文
なつき☆フルスイング!―ケツバット女、笑う夏希。著者 樹戸英斗イラスト ほんだありまレーベル 電撃文庫 新人にしてはパワーがある。 人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。 クリ
2007/03/18(日) 08:58:09) | ライトノベルっていいね
電撃文庫著作名:なつき☆フルスイング! ケツバット女、笑う夏希。 著者名:樹戸英斗(きど ひでと)イラストレーター:ほんだありま発行日:2007/02/25あらすじ夢魔憑きは殴って起こせ! それがここでのルール
2007/05/17(木) 00:38:43) | ライトノベル読もうぜ!