詠み人知らず
どわあああああああああああジャックポット2回目当たったあああああああああああああああああああへええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
漫画・9月の感想1
■睦月 れい『ユグドラシルの果実①』  ★★★☆☆
ユグドラシルの果実①【ユグドラシル】・・・大流行しているそのMMORPGは
“もう1つの社会”とでも言うべきもので、【ユグドラシル】内で活躍した様々な才能が
現実世界でデビューを果たしてきた。橘 光希はそんな【ユグドラシル】にはまり、
そこで数多くのプログラムを公開して、名をはせたこともある。
だが今は、その時使っていたアバター“ファントム”を封印していた。
ある日、【ユグドラシル】内に異変が起こり始め、そして“ファントム”にもまた・・・!

ってのがあらすじ。一応テーマの一番上には恋愛が置かれているらしく、
冒頭から幼馴染による「朝起こしにきてあげてるんだから感謝してよねっ!」が炸裂。
この時代において、まさかこれを拝む事になるとは思わなかった。【ユグドラシル】では
謎(?)解き、リアルでは幼馴染(勿論美人)の恋物語って感じで進行していくようです。
1巻では友人に主人公との関係を聞かれ、「何でもないよ」と答え、友人(やっぱり美人)が
「だったらコクろうかなぁ」と言い、「だ、だめーーーーっ!」な王道展開を敷いて、
「うわ!アタシってはアイツの事好きなんだ!どどどどどどうしよう!」な展開まで。
ただ、陽菜はなーんか影を抱えているようで、このまますんまりという訳には行かなさそう。

この方って『Missing』の漫画版や、挿絵で活躍してた方ですよね。店頭で見かけて、
あらすじと、「絵ウマー」な表紙で綺麗だったことから買ってみようと思いました。
本人はMMOをやった事はないと書いてたけど、絵は勿論話も自分で考えてるんスよね?
だったらちょっと凄いかも。アイテムライセンスの仕組み、リアルへのデビュー、
参入や発展方法にサポ。架空とは言え、俺が知っている既存のMMORPGより面白いぞw
MMO用語もちゃんと使ってて、巻末には用語辞典なんかもつけちゃってる。

主人公の光希は【ユグドラシル】に携わる父親、行き遅れ・・・もとい、
可憐でおしとやかでOLやってる甘い物には目がない双子の姉の4人家族(らしい
アバター名は“ファントム”と“コウ”。光希が“ファントム”である事(厳密には
“であった”事)は誰も知らない。リアルでの光希は天才だが運動はダメな性格。
幼馴染の藤崎 陽菜は朝、光希を起こしに行くのが日課となっている世話焼き女房。
アバター名は“ハル”、学校から帰宅後“コウ”と一緒にユグドラるのも日課。
とは言っても陽菜がオタクって訳じゃなく、MMOがパソコンに標準搭載された社会なんです。
尚、“コウ”と“ハル”はリアル友人(変な言葉w)なので、お互いの正体を知っています。

そして2人が出会った少女“アヲイ”。サポ用NPC(=【ユグドラシル】では
スタート後30日間、色々な事を教えてくれるNPCが自動的につく)を連れていることから、
初心者だと思った2人は彼女と(勝手についてきた“ギョク”という奴も含めて)友達になります。
家が近所だと分かった3人(“ギョク”以外)は意気投合、“ハル”の提案でオフ会をする事に。

“アヲイ”の正体は美少女・呉野 蒼生。彼女は【ユグドラシル】で活躍し、
リアルデビューしたヴァーチャル・ディーヴァ“ティール”だった。
無論、“コウ”と“ハル”はそのことは知らない。こうして【ユグドラシル】で
活躍したアバターはリアルで色々な才能を発揮する。でもメディアに登場するのは
アバターであり本人の姿が見られることはない。陽菜は「新曲だしてくれないかなぁ。
【ユグドラシル】で現役だった頃は沢山出してくれていたのに」といったので、
“ティール”は今は活動休止中(=蒼生は“ティール”を操作していない)らしい。
“アヲイ”を作ったのは「“ファントム”に逢いたい」という目的からのようだ。
しっかし漫画とはいえ、美男美女ばっかりのオフ会とはな・・・羨ましいw

一方【ユグドラシル】内部では光希が封印していたハズの“ファントム”が目撃され始める。
だが、光希のパソコンにはハック等何かをされた様子はない。では一体誰が?何の為に?
“ファントム”は「そう遠くないうちに面白いことをする」といい、PCを集め出した。
“アヲイ”の名前に反応するあたり、彼女と関係がありそうだ。1巻ではリアルで蒼生が
母親の写真を見て悲しい顔をするシーンがある。蒼生は1人暮らしだし、母親は故人なんだろうか。
それとも偽“ファントム”は蒼生の母親(かそれに近い人)なんだろうか・・・?
“アヲイ”が「“ファントム”に逢いたい」と漏らすのもクサい。理由が謎だしね。

エセ関西弁で職業が盗賊っぽい“ギョク”もアヤシイよなぁ。リアルでの正体&性別は不明。
関西弁使ってるけど関西在住じゃないっぽいし。ってか、漫画等で出てくる関西弁野郎は
決まってアヤシイんだよ。む?こ、これは差別なのではないか!?関西弁はアヤシクないよ!
そ、そんなの・・・俺も、俺の周りもみーんなアヤシイことになるやんか!w

ん、なかなか面白かったぞ。光希の2人の姉ちゃんがいい味をだしている。俺が娶りたい。
近い将来【ユグドラシル】みたいなのが出来るんかね。誰か社会人に優しいMMOを作っておくれw
関連記事

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック