詠み人知らず
どわあああああああああああジャックポット2回目当たったあああああああああああああああああああへええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
漫画・8月の感想1
■MATSUDA98『ほのかLv.アップ!①』  ★★★☆☆
ほのかLv.アップ!①店頭で「Lv.アップ!」の言葉を見つけてとりあえず購入。
我ながら購入動機がパブロフってるなぁと思いつつ読了致しました。
お話は、何をしていいのか、自分は何がしたいのか分からず進路に悩む
お嬢様女子高生が、ひょんなことから叔父・隆一の会社(=ゲーム製作会社)で
バイトする事になってしまったというもの。主人公の穂乃歌はゲームは勿論、
そっち系のシュミは持ち合わせておらず、聞く言葉全てが初耳だったりする子です。
ただ絵はそこそこ巧いです。本人は「ガキの頃の趣味で、これで喰おうとも思ってない。
ってかこんなもんで喰っていけるわけねぇべ?」と思っているんですけど。
隆一はそんな穂乃歌に、人生の何たるかを教えてあげたかったのかしれません。

うむ、思ったよりよかったぞ。オタクオタク言ってる俺ですが、知識は勿論、
同人誌即売会とかメイド喫茶とかTGSとかぶっちゃけ行った事ないのだ・・・。
それこそ俺はオタクLv5くらいなのです。だから穂乃歌視点で楽しめましたよ。
ゲーム業界だけではなく、それに付随する声優や出版等といった業界も出てきます。
そんな世界で日々LvUPに励む人達に穂乃歌自身が触れ、
学ぶ事で彼女自身もまたLvUPしていきます。

読者さん用(?)にゲーム業界の事も隆一が穂乃歌に説明するという形で出てた。
ディレクターの仕事、広報の仕事、グラフィッカーの仕事、プランナーの仕事、
プログラマーの仕事等など。そのうち現実で頑張ってる人がゲストで出てきそうです。
特に広報とか。業界に進みたい人は先ずデバッガーのバイトしてみては如何でしょうか。

ゲーム製作や声優業界の普段は見えない部分を描いていたのがいい。
特にプレゼンのトコなんか生々しいなぁ。某会社はこんなことしてそう!w
隆一は大作至上主義の会社から独立して新しい会社を作ったんですが、
そうなった経緯を語る場面がなかなかかっちょよかった。実際にこんな動機で
独立したクリエイターは沢山いるようですし?誰とは言いませんが。

作中にはゲーム製作の過程で穂乃歌やその他グラフィッカーの描くラフが出てきます。
どうやらこれらはプロの絵師さんが描いていくようで、1巻では純 珪一、松竜、
瀧宮 一隆、寺田 努(敬称略)がご登場されたようです。葉たん・・・(謎

ゲーム会社やゲームマスコミ関係で働きたい(お薦めしませんがw)と思っている方や、
進路自体に悩んでいる方、1週間お風呂に入らなくても大丈夫な方に読んで欲しい漫画です。
穂乃歌のぼけーっとした顔(オタク用語等で頭の回線がショートした時の顔)が可愛いので、
そっち方面の方でもいけると思いまする。彼女はオトナの世界を知らないお嬢様女子高生ですよ♪
関連記事

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック