詠み人知らず
家でプレイステーションしてろ!(名言)
2020春期深夜アニメ第一印象 その1
球詠  ★☆☆☆☆
今期の“きらら”からの刺客は、野球を題材にしたスポコン作品。
魔球レベルの凄まじいカーブを投げる主人公が、彼女のボールを唯一捕れる幼馴染と再会し、
野球に興味があるクラスメイト等と、休部状態(クラブモノお約束やね)だった女子野球部を再興するってお話。
原作は日常シーンは少なくガチめのテイストだそうで、ある意味、“きらら”「らしくない」作品か。
“きらら”も変化球を投げるようになったと言う事か。野球作品だけに・・・?w

ふとももを含めムチムチで、顔も崩しやすいような作画。ガチモノだそうだから、アニメも野球描写に心血を注ぐと言う事かな。
原作組によるとOPから、盛り上がるライバル高との対決までを描くと考えられるので、そういう意味でも野球描写命の作品になりそう。
この点でも“きらら”「らしくない」作品だが、この辺が既存ファンや一般アニオタにどう作用するかの。

とりあえず気になったのは、ユニフォームが短パンなトコ。あれでスライディングしたらえらい事になるでw
女子野球って短パンなの?違うよね?既存の“きらら”ファンに対しての処置(サービス)なんだろうかw

八男って、それはないでしょう!  ★☆☆☆☆
“なろう”の刺客1人目は、例によって社畜のリーマンがうたた寝をして、異世界にド田舎のド貧乏貴族の八男にとして転生するタイトル通りの作品。
ド田舎のド貧乏貴族の八男と言う事で、大金持ちでは無く、領地もショボい、当然相続等が得られる訳も無い主人公は、魔法という唯一の才能を糧に、
のし上がって行く・・・みたいな感じのようだ。「またこの手の展開か・・・」と思ったので、もう思い切ってWIKIを見てやったw
そしたら・・・結局、いつもの「チート・無双・ハーレム」に落ち着くと分かった。雰囲気的には完全に『賢者の孫』です。

魔法という唯一の才能・・・が、まずチートで、ボスクラスのモンスター倒しまくりで大金持ち。その後、クソ強無双で他国とドンパチもするようです。
全てを無条件で相続した長男(無能みたい)が、危険を感じて八男を殺そうとするけど失敗、それもあって領地獲得、正式に跡継ぎとなり、
主人公の周りには女が集まってきて、正室・側室等を侍らせる展開・・・うん、すげー“なろう”です。

シナリオがこうだと、当然あの法則・・・「シナリオがクソだと物語の粗が際立って目立ってしまう」が発動。
初回から「転生要素いる?」「八男である必要ある?」「いくらなんでも字が読めない貴族って」等と突っ込みの嵐。
既に原作と違う箇所も結構あるようで、その辺も不評みたい。

主題歌がデーモン閣下だけど、全く話題になってない。『かぐや様』の2期のOPが再び鈴木 雅之なのでそっちに持っていかれそう。
主題歌ブースト失敗となると、あとブースト出来る要素はあるだろうか。今後出てくるハーレム要員の可愛い(ければ)ブーストくらいか?

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった・・・  ★★☆☆☆
“なろう”の刺客2人目は最近流行を見せる、女性主人公の作品。いわゆる腐女子だった主人公が事故でプレイしていた乙女ゲームの悪役令嬢として転生。
ヒロインがどのルートを辿っても、良くて追放、基本死亡となる運命を変えようと奮闘する、『リゼロ』風のギャグメインのお話みたい。

元々性格が悪かった悪役令嬢(の子供時代)に魂だけ転生したので、我侭が真面目になり、破滅フラグを回避する為に農業や剣術などの努力をし始めたりと、
その後は性格が180度変わってしまう。元々邪魔をして嫌われる役目だったのだが、ヒロインだけならず、男性を奪い合うライバルキャラや、
攻略対象の男性4人・・・腹黒性格ドSのジオルド、野生的でツンツンのアラン、冷笑ポジのニコル、義弟で優男のキースへの対応も変わってしまったので、
結果的に男女問わず魅了していってしまい、破滅フラグどころかゲームの流れがアベコベに(本来キースは魔力暴走やイジメ等の幼少期の体験のせいで、
孤独を感じとんでもない大人になるけど、1話時点でカタリナが親身になったお陰で違う方向に向かいつつある)・・・という展開になっていくみたい。

ギャグに全振りしている分、『八男』よりは観れた。2話以降、メインヒロインやライバル女子が出てきてからどうなるかだな。
恐らく、カタリナはゲームと違って悪役に徹しないハズなので、それで物語がどう転んでいくかってのが最大の評価ポイントになりそう。

主人公のカタリナ(に転生した腐女子)の性格が良いので、変なアンチを生まなさそうなのはいいね。
また、『盾振り』もそうだったが、女性主人公だと見た目も相まって、一般オタさんらは不快・嫌味を感じにくいってのがあると思う。
『盾振り』だってあれが男主人公で、本編の言動してたら「は?」の連続で非難轟々だったはず。女は得って事かの?w
関連記事
コメント
この記事へのコメント
>八男
なんかもう、冒頭の始まってすぐの「主人公がなんか魔力を溜める」→
「魔法発動ッ!」→周囲「おおっ!」で、もうアカンってなったw
いやあ、うん・・・なんも言えないですわ。一応次も見てみるけど・・・。

>悪役令嬢
八男よりは断然良かった。脳内会議みたいのも笑えました。
女性向けって感じですけど、男でもまあ普通に見れましたね。
とりあえず今後が気になるので見続けたいと思います。
2020/04/06(月) 19:59:02 | URL | ルイ #8pTwPsKk[ 編集]
八男は、長男にしようが八男にしようが、魔法の才にしようが剣術の才にしようが、
蓋を開けてみると結局、「チート・無双・ハーレム」っつー異世界転生のテンプレの枠内だったってのがですなー・・・。
特にハーレム要素は他のテンプレ作品より強いのでアニオタの反感を買いそうです・・・w

脳内会議良かったですよね、議長カタリナが好きですw
八男と違いテンプレではない(アニメ組としては、ですが。悪役令嬢ってのは、
なろうでは既にジャンルとしてテンプレ化されているらしいんスよね)ので少し期待できますよね。
今後、運命をかえる為に主人公が取る行動でどうシナリオを転がして面白くしていくか注目です。
2020/04/07(火) 18:57:04 | URL | きりづか #Wyagh/TQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック