詠み人知らず
諏訪 彩花、1st写真集『通り雨・・・。』9月21日発売
2018夏期深夜アニメ第一印象 その3
大物女性声優「プロ野球ファンになったなんて、男と行ってファンになったに決まってんじゃん」
ホムラジ(野球好き声優の番組)からの情報だと、主な野球声優はこの辺りか。

松嵜 麗(ヤクルト)  渡部 優衣(阪神)  優木 かな(西武)  佳村 はるか(西武)  永野 愛理(楽天)
内田 真礼(ソフトバンク)  高橋 美佳子(日ハム)  藤田 咲(ソフトバンク)  立花 理香(広島)
桃井 はるこ(ヤクルト)  杜野 まこ(横浜)  西森 梨花(オリックス)  中村 温姫(巨人)

きっかけはそういう人もいるだろうが、ホムラジ聴いてる限り、普通にガチファンの人らやで。
流石にたそはビジネスだろうと思っていたが、ガチだったのでびっくりしたw
高橋さん以外未婚だったはずだが、やっぱり野球選手との・・・を狙っているんだろうかw

かなCこと、優木 かなさんは今期アニメ『はるかなレシーブ』で主役に。
イベントタレント、コスプレイヤーを経て、声優になり(なので実は結構年いってたりする。美人だけど)、
野球好き属性で何とか食らい付いてきたが、ついに本業で陽の目を浴びる事になるな。

コミック百合姫の『私に天使が舞い降りた』がTVアニメ化決定! 制作:動画工房! 女子小学生は最高だぜ
事案かと思ったけど、コミュ障の女子大生が相手になるんか。
動画工房だし『ゆるゆり』みたいな感じになるんかな。

【悲報】声優の相坂 優歌さん、喉不調のため7月から短期休業
あらー。見た目も歌唱力もかなり高い。スキルは十分なのにイマイチ突き抜けない声優の筆頭だよね。
やっぱり事務所の力なんかねー。ここで一休みはきついね。後ろからどんどん新人が猛追してるって時に。

はるかなレシーブ  ★★☆☆☆
今期のきららからの刺客。ビーチバレーを題材とした沖縄が舞台のスポーツ系アニメ。
題材が題材だけに、水着シーンが多いはずなので、アニ豚さんもニッコリ。
『はねバド!』と違い、こっちの主人公は全くの素人からのスタートなんだな。
素人スタートにする事で、いかにもきらら系的な描写多めになるんじゃなかろうか。
全員経験者だったら、ガチ寄りになっちゃうだろうし。

ルールを知らない人が多そう(バレーとの違いとか。俺も良く知らないし)だから、
主人公と一緒に歩いていく事になりそうですな。この辺は『ゆるキャン』ぽいか?あっちもそんな感じだった。
キモオタならずとも、絵的にどうしてもあっちの話題になりがち。内容が話題になれば及第点だが・・・?

『はねバド!』は作画枚数を通常アニメの2倍にして、ガンガン動かしていくみたいだけど、こっちはどうなんだろう。
きらら系は『ゆるキャン』で評価が少し復権したけど、2期連続の右肩上がりとなるかどうか。

はたらく細胞  ★★★☆☆
小宇宙、第3の宇宙と呼ばれる体内・細胞を擬人化した作品。何故かNHK臭く感じるw
細胞の種類自体は多岐に亘るが、恐らく毎回それら細胞の役割紹介的な作品になるんだろう。

細菌擬人化モノとか、人体の不思議みたいな読み物は結構読んできた(それこそNHKでも、
たまにこういう番組やってるよね。人体とか古代とか深海とか宇宙系のNHKスペシャルは観てしまうw)ので、
マクロファージとかキラーT細胞とか名前だけは知っていたが、その詳しい役割は流石に覚え切れてない。
白血球の遊走と言う能力、夾膜を持つ悪玉細菌、血小板の仕事にはカルシウムが必須とか1話でも色々勉強になったw
生物の体ってのは、知れば知るほど良くできてるなと感嘆する。

体内のどこを描写するかによって、面白くもつまらなくもなる可能性が高いアニメだ。
まさかVSエボラウイルスとか狂犬病ウイルスとか寄生虫なんてしないだろうが、俺は観てみたいw
原作は人気らしく、スピンオフが豊富。ブラック版ってのは描写し辛い話はやってるみたい。VS性病とか。

邪神ちゃんドロップキック  ★★☆☆☆
設定や見た目的に、『ガヴリールドロップアウト』を髣髴とさせる作品。タイトルも何となく似ているw
眼帯ゴスロリ女子高生に召喚された主人公・邪神ちゃん(ラミア?)と、その仲間のメデューサ、ミノタウロス、
そして天界に帰られなくなった天使が和気藹々と日常をお送りするって感じのお話みたいね。
ここまで聞くと、『ガヴリールドロップアウト』とやっぱり下地は似ているなぁ。

一番の肝は、邪神ちゃんは魔界に帰りたがっていて、毎回眼帯ゴスロリを殺そうと試行錯誤するってトコか。
当然、それは毎回失敗して返り討ちに合い、邪神ちゃんがひき肉に~・・・みたいな展開。
『ガヴリールドロップアウト』における、サターニャ(ボケ)とガヴ(冷淡系ツッコミ)の関係と同じカテゴリー。
但し、こっちの方がバラエティグロ度が高めで、全体的にテンションも高め。

「キャラ紹介も無しに、いきなりある程度進んだ感出てる作品なんだな」って思ってたら、
その違和感は合っていたようで、これ、原作の59話らしいwwそりゃ皆溶け込んでるわなwww
1話に「こんな作風です」って事で“掴み”の話を持ってくるアニメは時々あるね。
恐らくこれもそうで、確かに1話でどういうノリなのか分かった気がする。

来週からの展開がどうなるかは気になるか。
何事も無く、しれーっと原作話をランダムに消化していくのか、
“掴み”を終えてからの本当の第1話(設定やギャグっつー作風、世界観、キャラ紹介)を始めるのか。
ギャグ作品だろうから、前者でも問題ない(作風的に恐らく、どの話もこんな感じなんだと思うw)とは思うけど、
原作未読組は後者の方が有り難いと言えば、有り難いか。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
>プロ野球ファン~、男と行って~
野球はラジオと相性がいいスポーツなので
ガチな人がいてもおかしくない気がする。
高橋さんあたりは世代も近いので
昔のテレビ中継が全盛だっただけど
パリーグはあまり放送してくれない頃とか知ってそう。

反面、サッカーはラジオと相性良くないですよね。
あの一連の動きは映像で見ないと面白くないw
2018/07/12(木) 01:28:37 | URL | Q #3AHrJEmQ[ 編集]
今はもう殆ど地上波では野球やりませんよね。
ガキん頃は野球ばっかりでアニメが中止になってうぜぇって思ってましたw
趣味が仕事に繋がるのは芸能人の特権ですよね。ここは本当に羨ましいw
2018/07/13(金) 23:32:00 | URL | きりづか #Wyagh/TQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック