詠み人知らず
来たアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
電撃文庫・2月の査収物
うーぱー×佐藤 ショウジ『タタの魔法使い』
岩田 洋季×鈴城 敦『ミニチュア緒花は毒がある。』
樹戸 英斗×U35『優雅な歌声が最高の復讐である』

第24回電撃小説大賞の大賞受賞作と、ボーイミーツガール系新作2冊を購入。
しかし今は狩人生活中。果たして読む時間はあるのだろうか・・・w

最近のラノベが異世界ばっかな理由wwwwwwwww
>>作者が社会経験に乏しいから色々突っ込まれても、「姫様、ここは異世界です」で押し通せる舞台が必要だった
俺も何度か同じ事書いたけど、わりとマジでこれだと思うぞ。
専門性のある作品は知識や努力が足りないので書けない、書きたくない。
また、現実世界で展開する物語やネタもやっぱり知識や努力が足りず突っ込まれるので、書きたくない。
だから「ここは異世界なんです!転生なんです!」「ここはこういうところなの!そう決まってるの!」や、
「主人公はチートなの!LvMAXなの!だから全能!何でも出来るの!おかしい所なんかないから!」をするんだろ。

異世界モノって殆ど「異世界側が異常にバカ」でしょ?
これは周りを極力下げて、同時に主人公を極力上げる(つまりは俺つえー、チート)事で、
「~なの!」に説得力を加味させてるんちゃう。「作中でも、読者にも意見を挟ませない」って事。
で、そんな馬鹿な奴らを相手に何の困難も無く無双する。殆どがこれ系。

だから逆に、「異世界が手強い作品」・・・例えば、『リゼロ』とかが評価されるんだと思うよ。
“手強い”を乗り越える過程を描かないといけないからね。そこが上手い事跳ねればちゃんと評価される。
故に、昨今の異世界モノは、そういう本来面白味を発揮できる箇所から逃げて、放棄してるとも言えるかもな。
「起承転結」が「起結」になるみたいな。勿体無い事よ。あ、勿論全てのテンプレ作家がそうだとは思わないけどね。
関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
>異世界側がバカ
前に小学校レベルの簡単な計算か読み書きができるだけで
「すげー」とか異世界人からもてはやされてるなろう小説が
どっかの話題で見たような見なかったような…www


そういや「異世界」についてちょっと考えてみたんですけど
例えば中世ヨーロッパ的な美女の騎士団とかがいる惑星に
異世界転移したと仮定するじゃないですか。

んで主人公は「異世界ヤッフー!」とかはしゃいでるんだけど
実はその惑星は銀河系のちょうど地球の反対辺りにある惑星で
無論めっちゃ離れてるから交流できない。だけど実在する。

こういった場合って、異世界というよりは銀河系がある宇宙の
中に地球もその惑星も同時存在する訳だから、厳密に言えば
異世界じゃなくて、同じ世界だよな…?異世界…?うーん…。
などとまあくだらないこと考えてました…w
2018/02/11(日) 20:36:15 | URL | ルイ #LeQ5XBis[ 編集]
>>異世界
そーゆー事だと思います。フツーの人が思う“異世界”ではないですよね。
“異世界”とは言うものの、彼ら(?)の言っている“異世界”はつまり、
「作者に都合のいい世界」、「書き易く、批判されにくい世界」であり、
“異世界”という名詞ではなく、もはや固有名詞になってるんだと思います。
無論、全ての作者、作品がと言うわけではありませんが。

逆に言うと、“自分の世界”なのですから、面白く出来る可能性も未知数のはずなのに、
多くの作品がテンプレ(テキトーに事故、チャラい神様、現世ではなく異世界に転生という謎縛り、
最初から最強、異世界人が基本的に馬鹿、ハーレム、特に何かを成す目的はない、
現世への未練が無い怠惰系鈍感型主人公等など)をなぞっているだけ。それでは駄目ですよね。
2018/02/14(水) 15:56:27 | URL | きりづか #Wyagh/TQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック