詠み人知らず
EDF5 12月7日!MHW 1月26日!無双8 2018年初頭!
突然の生!

マガネのキャラデザは好きなんだがなぁ。声があまり好きじゃない(真綾さんファンの人ゴメンね)


世間的には戦闘パートの方が評価高いけど、個人的にはレクリの戦闘ってあんまり好きじゃない。
独白とか考察パートの方が好きだわ。戦闘は大味っつーか、ちぐはぐっつーか。

広江 礼威氏「レクリエイターズ、前から特番三回って書いてあるのにも関わらず
呪言のように万策尽きたとか言われてるのが不憫でならない」

いや、批判されてるのは回数よりそのタイミングでしょ。
「1クール目終了→特番1回目→後半開始、独白回後特番2回目→再開1話分放送後、特番3回目」・・・と、
「盛り上がるな」と言わんばかりに、作る側が鼻っ柱を折るような事してどうするん。
特番観たけど、別に本編にとって必須って訳ではなく、円盤特典で良かったんとちゃうんかと。

最近ハッピーエンド至上主義のやつ増えすぎてないか?
せやなぁ。俺の周りにもバッドなら観ない、鬱・シリアス要素あるなら観ないって人が多いわ。
自分はとにかくちゃんと締めてくれたらバッドでも何でもいい。

売れてる作品の大半の主人公が高校生なんだけど・・・これヤバくない?
高校生時点の周囲との関係性が一番塩梅が良くて、小学生や中学生では若干狭い。
大学や社会人では広すぎて、そこからの人生なんて十人十色。
また、高校生でのイベントは豊富、且つ皆同じものを経験してて、
ほぼ全ての視聴者が体験している、高校生が一番共感し易いんやろね。
同じ某電撃文庫作者の作品なのに、高校を描いた恋愛ギャグモノは爆売れしたのに、
次回作で大学を舞台にした作品は駄目だったってのが分かり易い例だと思う。

Re:CREATORS
12345
謎の特番地獄が終わり、ここからラストまで突っ走る・・・はずな久々の戦闘回。
トリカゴ作戦は軍服お見通しで、こちら側の攻撃全部剣で防いじゃう始末。
このままでは負け確定だけど、エロゲ主人公のファンディスクの件と、メガネが打ったという布石で大逆転かな?
つーかマジで、ココでメガネ活躍しなかったら本当にこいつなんだったので終わっちゃうし。
終わっちゃうどころか、メガネのせいで軍服の作者死んだし(とメガネは独白したが、正直、
これ自体驕りだと思う。結局こいつは「何もしなかった」だけ)、元凶作っただけになってまうw

一方で、軍服側もメテオラの考えの先を行ってるぽいし、
更にはセレジアの世界のキャラで、セレジアの恋人兼主人公がまだ戦闘に顔を出してないからな。
こいつが登場して、セレジア超動揺、戦闘一気にピンチにって流れが王道だがさてどうなるか。

そんな中、私心を優先した銃のおっさんは、原作で娘を殺された恨みを原作者にぶつけるべく単独行動。
原作者の関西弁のねーちゃんを撃つも、そこに死んだはずの娘が登場して・・・って所で次回へ。

ここで疑問なのが「原作では死んでるのになぜ現界出来たのか」だよな。
現界ってそんなピンポイントでポンポン出来なかったはず、あくまで承認力が必要。
ならば原作で死んでるキャラを復活させたんだから、ファンはそれに納得して支持したって事になるが・・・?
普通、死んだキャラを復活させるのは賛否両論巻き起こるはずだよなぁ。

それとも偽者でした説、最初から死んでないよ原作でも実は生きてました説、メテオラの能力だよ説等が考えられるか。
また、承認力が得られそうなパターンとしては、お祭り作品に参加するからその時だけ復活だよ説とかかな?
種明かしは次回だろうが、どれにせよ、これで銃のおっさんコロっと寝返りそう・・・w

あ、マガネも相変わらずトリックスター気味に暗躍してるけど、もう事ここに至ってはどうでもいいかもw
どうせどちらにもつかず飄々と、現状を楽しんで、主人公達を煽って、蔑むんでしょ?
あのねマガネさん、もうそういう段階終わってるから、空気読んでくれる?w
逆に一念発起、アタシはやるぜーと唐突にどちらかについて戦い始めるのはそれはそれで萎える。
こういうキャラは野望があるからこそ、トリックスターやジョーカー的な動きが映えるんだよ。
でもマガネには特に無いでしょ。だからマガネのキャラが映えるのは中盤まで、あとは冷める対象にしかならない。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック