詠み人知らず
『天結いキャッスルマイスター』DLC第1弾(無料)きたあああ!!!
24歳、ハンターです

肉食が草食を襲う、縄張り争いがある、怒り狂ったモンスターがどこまでも追いかけてくる、時間変化、地形変化(破壊)等、
初代が発売されてからずーっとムービーでしか実現できなかった“当然”・・・生態再現がついに完全に実装。感無量ですなw
シルベ虫は海外ゲーに多い、痕跡システムとモンハンの採集、そして初心者補助を一挙に担ってるぽいね。いいシステムだ。
使用武器は、とりあえず初代から愛用している大剣・ランス・弓は確定やなw

ではまずは商品概要をば。

発売日:2018年初頭
対応ハード:PS4(日本)、PS4&XBOXOne&PC(海外)
プレイ人数:1人(最大4人)
ジャンル:オンライン対応ハンティングアクション
備考:PS4版のみ特別なコンテンツ収録予定 ← VR?


と言う事で、日本はPS4のみ(予定)なので注意です。現状、箱やPCでは上級国民になれません!w
まぁそもそも箱の新型は日本発売見送りで、旧型の箱だと鯖立てても赤字確定だろうしな・・・。
またPS4版のみ何か収録されるらしいので、どちらにせよPS4一択ですな。え?スイッチ?何それw

以下、インタビューより。

 ・『MHW』はスピンオフではない、事実上の『MH5』
 ・オープンワールドではない。フィールドは従来の2倍
 ・フィールドはシームレス。地形を活かした戦い方が必要に
 ・日本語を喋るようになった(モンハン語との切り替えが可能)

 ・PS4になり、AIを沢山搭載できるようになった。挙動がよりモンスターらしくなった
 ・攻撃時にダメージ表示を採用(非表示も可能)
 ・HP&スタミナゲージ、アイテム選択など従来のモンハンらしさはある
 ・アイテムは歩きながら使えるように。食べ掛けでキャンセルも可能(その時点で食べた分効果がある)
 ・採集モーションも「ながら動作」になった
 ・オトモアイルーもいるそうで、ソロハンターも安心
 ・ペイントボール廃止、シルベ虫というアイテムを使う
 ・サブツール「スリンガー」を実装。一定の場所にロープを引っ掛けたり、拾った石を詰めて飛ばせる
 ・武器種は全14種実装
 ・PVのギリースーツはスキルの一種で、常時使えるわけではない
 ・水中戦はない

 ・キャンプは複数設置出来る。最初は1つだが、自分で開拓していく形に
 ・キャンプ間でファストトラベルが可能(ロードめちゃ早)
 ・村クエストは廃止、シングル(オンマルチ)プレイでのクエストが、そのままストーリーも兼ねている

 ・課金はPS Plus(月額約500円)のみ
 ・オンは従来の集会所スタートに加え、救難信号(PVにある信号弾)を出して途中参加(ダクソ型)を募る事も可能
 ・サーバーはグローバルを採用、外国とのマッチングも可能との事(日本国内限定も可能)
 ・本作は運営型(完全オンライン)ではない、据え置き機で出していたタイプと同じ


ふむ。初代モンハンからの「こういうのだったら良かったのに」が遂に実現するのかなぁ?
5はスイッチという噂があったが、これが5に相当するものだそうだ。じゃあスイッチは・・・?

当初言われたオープンワールドではない事が確定。この辺からも5であるという事が分かる。
「フィールドは従来の2倍」だそうだ。流石に『Horizon Zero Dawn』級の1つのクッソ広いワールドマップではないのね。
砂漠や森等個々のフィールドが2倍ずつという意味かな。動画を見ると、確かに「古代樹の森」の広さは、
従来の「密林」(のエリアを全て合わせた広さ)の2倍ほどあるように見える。
ファストトラベルがあるから、広さはそれなりに期待していいのかな?
つーか、ファストトラベルのロード爆早過ぎない?ファストトラベルといえばロードが長いのが常だが・・・凄いなこれw

AI強化でよりらしさを追求&「攻撃時にダメージ表示を採用」は完全に海外向けだね。
海外では「今自分が何をしているか」ってのが重要で、これまでのモンハンのシステムのままだと、
「あとどのくらい攻撃すればコイツは倒れるのか?」「自分の攻撃方法はこれで合っているのか?」
というもやもやが付き纏ってしまう。それを解消しようというものがダメージ表示なんじゃろね。
ボウガンも、海外で人気があるTPS(三人称視点シューティング)のようになっているそうだ。

アイテムが歩きながら使えるのも、儀式的な無駄行為(セーブをするのにいちいち教会で祈る、
ピンチ時に経口動作をいちいち立ち止まって行う等)は外国人には「特に意味は無いが、
見た目とか雰囲気を重視している」という概念が理解出来ないからだろう。

このように、海外を意識して今までの常識が無くなるものが多いようだ。
既存のモンハンユーザー(特に任天堂下で培われた、いわゆる“キッズ”層)からは
「モンハンらしくない」と言われるのはこの辺に起因するんだろうけど、古参は寧ろ大歓迎よ。

課金はPlusのみたいですね。そりゃそうやで。個別に月額取ると二重課金になっちゃうぞ?
PS4のゲームでPlusに対応してて、更に金を取るオン対応ゲーってあったっけ?無いよな・・・?
って事は『MHF-Z』どうなるんや。あっちは月額2000円(基本は1400円だが、600円のEXコースがないと
不便すぎてゲームにならない)だ。対応ハードが同じPS4だし、こっちは本格的に終わるのでは・・・。

カプコンさん、『モンハンワールド』をPS4専用にしたのは大失敗でしたね
既存ユーザー切り捨てはしゃあないやろ。DSでこの世界観が表現出来るわけ無いし。スイッチもスペック的にアレらしいし。
海外では箱とPCでも出るんだが、国内は何故PS4専にしたのかについては、大人の事情(ソニーと囲い込み契約?)なのか、
住み分け目的なのか、将来性(?)を考えてなのか。カプコンのみぞ知る。

キッズ向けをスイッチで展開していくぽいから、当初は食い合わないと思っていたけど、
動画を見た感じ、これを味わったらもう既存のモンハンには戻れない気がするんだけど、スイッチの方は大丈夫なんかな。
ダブルクロス、トリプルクロスって出していっても、『MHW』より優れている部分ないやろ・・・武器種も同じだし。
今後発表されるスイッチのオンライン料金も影響しそうだな。500円より高かったら・・・。

今までは携帯機モンハン、据え置き(任天堂)モンハン、オン専(PC)モンハンと兄弟で住み分けできてたけど、
次世代モンハンたる『MHW』で全て駆逐されそうな気がする。あまりにもクオリティが違い過ぎる。
カプコンはこの辺どうするつもりなんだろう。『MHW』が海外向けって事もあり、これを機に『MHW』の“新たなる初代”にして
リスタートするつもりなのか、それでも住み分けを念頭に置いて展開するつもりなのか。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック