詠み人知らず
『天結いキャッスルマイスター』体験版きたぁ!エウ・・・復活したか・・・(感涙)
電撃文庫・3月の査収物
周藤 蓮×ニリツ『賭博師は祈らない』
藻野多 摩夫×いぬまち『オリンポスの郵便ポスト』
岩沢 藍×Mika Pikazo『キラプリおじさんと幼女先輩』

今月も引き続き第23回電撃小説大賞受賞作品を中心に購入。
しかし、ここ数年は電撃大賞受賞していても、そのまま名前を見かけないって作家も多い・・・。
昔は、作家通しだったり、我々読者の中で、電撃作家陣の出世頭の話や、作家らの飲み会話などで、
「○○回で○○を受賞した~」みたいな紹介あったけど、あまりそれも聞かなくなった。
なろうの台頭もあってか、そもそも賞自体がもう価値が薄れてきている(名誉は色褪せないが)かもね。
ネットで騒がれる方が売り上げも、宣伝力高いよね・・・。

男はなぜ少女漫画を読まないのか・・・理由が判明するwwww
(あの・・・読むんだが・・・w)

ハーレム系の漫画やラノベって大抵終わり方で荒れる印象、どういうラストがベターなのか
連載する中で、個々のキャラに愛着、ファンが出来ちゃうからねぇ。
誰か1人の終わり方にしたら絶対他のキャラ推しが荒れるのは致し方ない。
だからといって、いわゆる“俺たた(俺達の戦いはこれからだ)エンド”は作者の逃げだよな。
個人的には、キッチリと誰かとくっ付けて綺麗に締めて欲しい。
関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック