詠み人知らず
『HORIZON ZERO DAWN』のシナリオ面白すぎひん?映画にしたらメガヒットするでw
ミュンヒハウゼン症候群

お疲れ様でした(お腹の赤ちゃんも含めて)


最終回に流れそうな壮大なアレンジだw
ナノさんの楽曲はホンマええわ。

魔法少女が戦死したり病死したりするのを楽しむ今のアニメ文化は正直気持ち悪い!
>>ビビストよりまほいくが話題で悔しいってことだろ
結局これが言いたいっぽいよな・・・w

いわゆる鬱展開(程度は人によるが、アニオタの場合ちょっとでもネガティブだと機嫌を損ねる)が嫌な人は、
「アニメ=俺の理想郷、現実からの逃避・癒し空間」だと認識してる人が多いみたいで、
「2次元にまで来て(?)、何で陰鬱な気分にならねぇといけないんだよ!」という想いがあるようで。
それ故、魔法少女だろうが何だろうか、文句を言う。俺ぁ逆で、アニメでも本でも、2次元だからこそ
味わえる表現を楽しみたいね。勿論、それについても人それぞれ程度ってのあるやろけど。

アニメ監督「よく “1巻の初動が何千本出たから2期決定!”みたいな短絡的な言い方をする人がいますが、
その時点の数千本ではまだ制作費の数パーセントしか回収していない」

おい、(自称)業界通な一部のアニオタさん達、また!まーた!言われてるぞw
で、今期はどのアニメが何枚売れたら続編決定なのか、黒字なのか教えてくれんかね?w

アニメ『カオスチャイルド』の公式サイト、『対魔導学園35試験小隊』の使いまわしだったwwww
よく見つけたなwwwwwww

魔法少女育成計画
シスターナナは自殺エンドか。あれって糞尿垂れ流し?流石にアニメでそこまでリアルにはしないか。血液かな。
なお、ナナの本性については、

  アニメでは心理描写がなくて分かりにくいけど、ナナは実はプリズンが心から好きってわけでもなくて(プリズンと違って
  プロフィールの好きなものの所にもプリズンが入ってない)王子様に守られてる自分が好きという歪んだ自己愛の人。
  だからプリズンに守られたくてわざと今まで危険な所に出向いていたし、本当は直接戦闘力もラピュセル以上なのに、
  戦おうとしなかった。で、プリズン死んじゃったので後はせめて「後追い自殺する悲劇のヒロイン」になろうとして自殺。
  なお、プリズンは上記のナナの本性を知ってなお全肯定してる。

なんだそうで。作中、俺がナナに感じていた“お姫様”感は間違ってなかったわけね。
精神的なミュンヒハウゼン症候群に近い病的かまってちゃんだね。重症化した原因は完全にプリズンにあったようだが。

スノーホワイト(主人公) / ラ・ピュセル(男の娘) / ルーラ(エリート) / ねむりん(ニート) /
トップスピード(妊婦) / ハードゴア・アリス(ゴスロリ) / マジカロイド44(ロボ) / たま(臆病娘) /
リップル(ポニテ忍者) / カラミティ・メアリ(サディスト) / スイムスイム(無感情) / クラムベリー(サイヤ人) /
ミナエル&ユナエル(毒舌天使) / ウィンタープリズン(レズ) / シスターナナ(レズ)

12345
妊婦の死をどう描写するかと思っちょったけど、意外とあっさりだったな。
このアニメは死んだ魔法少女の関係者等によるその後が描かれないから、良くも悪くも薄味だと思う。
妊婦やラ・ピュセルちゃん君あたりの後日談を詳細に描けば、もっと賛否で盛り上がってただろうな。

次の犠牲者はもう決まってるなw
ミナエルがアリスの人間時の姿を知ったから、不死身ではないそん時に殺るんやろね。
ちゅー事は、いわゆる“いいもん”派で残ってるのはスノーホワイトとリップルだけになる。
幸い(?)、両人とも相方を失う方になっているので、この2人が組むんでしょう。

復讐鬼になったミナエルは死亡フラグ確率済みで、たまとスイムスイムはVSクラムベリーかな?
OPのラスボス風スイムスイムを見るに、たま&スイムスイムの勝利か?(たまは死にそう)
これで、新ルールの4人になるが、そのまま終わりとはいかんだろうな。ファヴに天誅下さないといかんしw

しっかし、遺体の処理ってどうしてるんかね?ルーラ等がニュースになってる事を考えると、ほったらかし?
今回なんかラブホ(?)の屋上で、接点が無いアル中おばさんと若妊婦が大量出血で死んでるんだぞ?w
そして、近くの道路では銃弾痕がある死体や車の山。マスコミがほっとねぇよなw

ウチも近所で、全国レベルの事件起きた時はうるさかったでー。
上空にはヘリ飛んでるし、朝から晩まで現場付近にはマスコミがたむろしてて、
近くを通るとマイク向けてくる。まぁ、食いもん屋関係は特需で儲かったようだがw
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック