詠み人知らず
『HORIZON ZERO DAWN』のシナリオ面白すぎひん?映画にしたらメガヒットするでw
ワンショット・キル
PCが不調な間も『ペルソナ5』プレイして、記事も書いてて・・・。
『ダクソ3』DLC配信前にはコンプ・クリアしていて今更感があるが、一応書いたので載せる試み。
───────────────────────────────────────────────────
あれ、春ちゃん可愛くね?春の女帝コープ進めたら一気に好きになったわ。
ってか、メッチャ(心が)強くない?メンバーん中でイチニを争うほどキッツイ事あったのに。

今作は、スキル継承が前作と比べて楽だからなのか、上位のペルソナでさえ、自分で弱点を消すペルソナが少ない。
例えば、「Lv70のAというペルソナは、火が弱点だが、Lv78で火炎無効のスキルを覚える」ってな具合にね。
その為、無効や反射といったスキルを継承し続けていくのは需要だね。スキルカードでも無効や反射系スキルは無いみたいだし。

12345
さて、物語は晩秋に、プレイ時間は80時間超え。バッドエンドフラグを折って、トゥルーエンドルート突入した。
遂に一連の事件の真犯人が分かった。真犯人自体は「まぁ・・・そうだろうな」って感じだったけど、
その裏にいる人物は“別口”だと思っていたのでちょっと驚き。

ヒントであった“スマホ”についてはネタバラシする前から、そのシーンで「・・・む?」って感付いたけど、
“パンケーキ”の件は全く気付かなかった。俺アホス。あのシーンに引っ掛かりを覚えていた人はかなりいた模様w
くそぉ・・・俺は優秀な探偵にはなれそうにないな。所詮、名も無きゲーマーよw

「“真実”に辿り着くには一度“死ぬ”必要があった」っていうのは“アルカナ”に準えているんだよな?
アルカナってのは、何も知らない“愚者”から、己を手に入れる“世界”と、人の一生を模したものだと言われちょる。
面白いのは、途中の13番目に“死神”があり、何故途中に死を配置しているのか議論があり、色々思いを馳せると味わい深い・・・
って、ペルソナシリーズやってる人はみんな知っている事かw

“死に方”に関しても、「ああ、そうか!」という感じで、「お前は今まで何のゲームをやってたんだ」と言われそうだw
“認知訶学(にんちかがく)”・・・そ、そうか、そうだよな。そうなんだよ!ホントに・・・なぁ?w(動揺)
謎や伏線が、快刀乱麻の如く解れて行く様は本当に爽快だ、このカタルシスを味わう為に買ったと言っても過言ではない。

前作の真犯人捜しのくだりも面白かったが、今回もなかなか。
前作は真実の最奥に辿り着く事が普通に難しく(真犯人の真犯人がいるとかフツー分からんてw)、
今作はその“流れ”(見事な伏線から、シリーズを通してもキーワードである“アルカナ”への準え、
そして今作テーマ“認知による世界”&“不条理への怒り”と、裏テーマ“真なる正義”の交錯)が、
シナリオとして非常に深く面白い作品だと感じた。アトラスのペルソナスタジオはラノベでも書いたらええんちゃうかw


違和感が盗まれてる!w


『MHF-Z』がPS4で始まったので、参考にしたい方はどうぞ。月額は最低2000円っす。
ネトゲにおいて、サービス開始以降、結局のところ、一番の課題となるのは新規の獲得。
ネトゲは開始から右肩であって、新規が増えることは基本的には無い。
唯一可能性があるのが、この「別媒体・別ハードでのサービス開始」なんだよ。
これは既プレイヤーとしても、一緒に遊べるフレを獲得するチャンス。皆期待しちょるやろねw
尚、このうp主の猟団(ギルド)は団員60人でアクティブ7人(現プレイ中)らしいが、これ、めっちゃ多い方です・・・。


あぁ~2楽しみすぎるんじゃぁ~!

【ブラッドボーン】早速、ガスコインで挫折する新人プレイヤー現るwwww
かきふらい神父、発狂レベルに強いからな。ブラボの難易度はマジで狂ってる。しかしそこが好きw

ペルソナ5 意外と多い「鈴井 志帆」コープを望む声
いやぁ、欲しいでしょこれは。デカいし・・・(意味深)
ただ、彼女がやられた事を考えると終始暗いコープシナリオになりそうだがw

ペルソナ5 佐倉 双葉は恋人したい?それとも妹にしたい?
うーむ、どっちかってーと妹かなぁ。どっちにせよ、喋ってて飽きないのは確かw
ラインでも(ゲーム内の)リアルでも、テキストに笑わせてもらったわ。サラダバー!

ペルソナ5 誰が一番不幸な生い立ちなんだろうな?
「不幸だった」ならあの人一択だったが・・・ぶっちゃけ、全員不幸なんだよなぁ。
祐介、春あたりはその性格から目立ってないけど、かなりエグいよね。

【悲報】若者のゲーム離れ、5割が「すぐに飽きる」
うん、そうだと思う。周りにも飽き性多いし。つーか、麻痺する(感じなくなる)んだと思うよ。
現代は、色んな娯楽を始めとする刺激で溢れているから、次から次へと新鮮な刺激が来ないと我慢できなくなってる。
にも関わらず、現在は他者や社会との繋がりの希薄さが蔓延している“無感動無関心主義”な社会だから、
1ヶ月かけてやったり、「やり込む」といったモノは絶滅危惧種。せやから、いつでもどこでも好きな場所や時間・・・
逆に言うとスパっと切れるソシャゲが台頭し、その中で、栄枯盛衰が延々と繰り返されてるんやで。
関連記事

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック