詠み人知らず
どわあああああああああああジャックポット2回目当たったあああああああああああああああああああへええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
攻撃を下に!

提供で遊ぶアニメ好きw

京アニ、女性優遇会社の模様 「女尊男卑」「男は裏方で地味な仕事に就かされることが多い、出世できるかどうかは運」
最近よく聞く内情は、業界の根本的・・・スポーツの「終わるまで水飲むな」的なな部分が変わらないなら、
意味ないから気にしてもしゃあなしやな。とにかく普通に放送してくれたらええねん。
そういう意味では京アニは間違いなく業界No.1やろ。普通どころか、クオリティがおかしいw

【ゆゆゆ】アニメ『鷲尾須美は勇者である』劇場版は全3章!第1章は2017年3月18日公開!2章は4月、3章は7月
ちゅー事は、アニメ2期は映画終了後の9月から?1期も9月からだったが。

1月から開始するアニメ『けものフレンズ』の原作スマホゲーがアニメ放送前に終了wwww
またこのパターンかよwwwwwwwwwww
ソシャゲの「今日から●●イベント開催!→(数時間後)→誠に勝手ながら●●日にサービス終了を~」の落差ホントうけるw
大金つぎ込んでる人はこれをどういう思いで受け取るんじゃろ。もうちょっとソフトランディングせぇよといつも思う。
まぁ、もうサービス終了するし客に媚びる必要もないのかもしれんが。
それにしても、ソシャゲのアニメの目的なんて1つしかないのに、それが無くなって1月からどうするんスかね・・・w

Lostorage incited WIXOSS
12345
・・・うーむ、前シリーズと比べて面白くないなぁ・・・。「攻撃を下に!」ってなんやねんw
今回のバトルが生産性皆無で、続きが気にならないってのがなぁ・・・。

参加理由は「選ばれたから」の強制参加、降りる事はできない、コイン0枚でルリグに乗っ取られる、
一定期間バトルしないと負けて無くてもコインが減っていく・・・で、最終的に生き残れば、
「自らの記憶(=つまりは過去)を操作する権利」が得られる(らしい)だけ。

過去を変えたり忘れたりして、それがどうやねんと。生き方に多少は影響があるだろうが、
根本的には何も変わらない、スタート地点から全く動かないお話なんて面白くないわ。
例えば、「片腕を交通事故で失った過去」の記憶を消してもらっても、現在、片腕が無い事実は変わらんやろ。
「母親が病死した記憶を消す」としても、母親が既に故人なのも変わらんだろうに。

それと同じで、ちーちゃんが「自らの記憶を操作する権利」によって、幼い頃のすずとの記憶を消しても、
何も変わらない。親父の会社が倒産してヤバい生活なのも、進学が難しいのも、全部な。
ちーちゃんは記憶消す事ですずと決別するつもりらしいけど、今現在、高校生になったすずが目の前にいるやんw
そしてそのすずはちーちゃんとの記憶覚えてるし、完全に消し去るとか不可能よね?w

今作のセレクターバトルは強制参加な上、逃走不可で、何がが新しく得られる訳ではない。
ただの現実逃避くらいにしか使えないんで、観てても「これからどうなる!?」「~はどうなる!?」とならない。

更に、里見とかいうバトルを悪用して金や欲を叶える一般人が介入してきて、すっげー冷める。
あくどいギャンブルの胴元みたいで、物語の流れが“人工的”に見えちまって、どうもね・・・。
前シリーズのあきらっきー的なキャラを作りたかったのか?しかし一般人な時点でお呼びじゃないのよね。
そんな空気読めないヤツが、現場を勝手に引っ掻き回してるから非常に不快な感じだわ。
こーゆーのいらんなぁ。最終的にはコイツは痛い目を見るんだろうけど、相当なものじゃないと納得出来ない。
まさかコイツが黒幕じゃないよな?こんなんいらんから、早く黒幕出して欲しいわ。

もっと言うと、主人公のすずがウジウジで、激流に身を任せるばかり。
暗く、沈んで、とにかく能動的に動かないサンドバック・人形状態なので、観る気が失せてくる。
前シリーズの「どう足掻いても絶望」風味が人気だったからなのか、更に強化したみたいだが、やりすぎだわ。
全く味がしないのであれば、噛む事すら億劫になる。そこに「不味いらしいが噛んでみたい」の好奇心は生まれんよ。

つー訳で、今回で切ろうと思っていたんだが、今回すずが、ちーちゃんに大切な過去を否定され、精神的にボコボコにされて、
だからこそ「私がちーちゃんを救うんだ」と決意する回だったので、もうちょっと様子見しようかなと思いましたとさ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック