詠み人知らず
『天結いキャッスルマイスター』DLC第1弾(無料)きたあああ!!!
漫画・10月の査収物
五十嵐 藍『鬼灯さん家のアネキ(+妹)⑥』
桜野 みねね『まもって守護月天!解封の章①』
よしだ もろへ『天誅×神曲《アイウタ》①』
谷川 ニコ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!⑩』

『おいなり』のよしだ先生がスクエニで新刊、桜野先生が復活となかなか興味深い月になった。
『まもって』は当時ハマったなー。あの辺りから主題歌を買うようになった気がするw

なろう作家「なろうは異世界・ハーレム・勇者ばかりのランキング、使い古されたネタ、逃避と甘えの作品ばかり」
ウルトラギガンティック正論。全くもってその通り。
注目すべきはジャンルよりもそれらだけで形成されるに至った原因であろう「逃避と甘え」だろうなぁ。
確かに物語始動の動機がこればっかり。「現実世界だと逃避と甘えが出来ないので(=リアルに則したちゃんとした話書けない)、
何でもあり(=トンデモ展開でも許される、作者の自由に出来て言い訳も可能)な“異世界”での話にしよう」という流れに
なってしまったのでは?「何でも書けるじゃないと書けない」ってのはちょっとなぁ。
関連記事

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック