詠み人知らず
『HORIZON ZERO DAWN』のシナリオ面白すぎひん?映画にしたらメガヒットするでw
しょけい!しけい!ざんじゅ!じょれい!
Ураааааааа!!


やっぱり、らぶぽんが一番活き活きしてるなw


これらを実写で・・・?
キメラんとことかどうするんだろ・・・原作ではむっちゃ泣いたで。
オトウサン・・・オトウサン・・・。

夏アニメ『魔装学園H×H(ハイブリッドハート)』、OP&EDテーマともに野水伊織さんが担当! 野水凄すぎる・・・
クンクン、ペロッ・・・間違いない!これはクソラノベ!タイトル、あらすじ、角川、主題歌、隠そうたって無駄だぜ!
こちとらどんだけのクソラノベを平らげてきたと思ってるんでぇ!角川のラノベは昭和的お色気前面推し好きだねぇ。

『甲鉄城のカバネリ』中国でゲーム化(MMORPG)が発表される! 日本はまだかよ
!?

実写版ハガレンの監督「自信はある。これを映画化する事が悲願だった。この為に生きていると言っても過言ではない!
あ、エドの年齢は原作の15歳から20歳前後に変更しますね^^」

あのさぁ・・・原作や世界観を大事にするとか言っておきながらの年齢変更は一番ダメだろwww
『ハガレン』は幼少の頃に禁忌を犯したエルリック兄弟が業を背負って生きるお話であって、
自分の過ちを認める大人な感情と、母親を乞う子供心を併せ持つからこそ、エドは最年少で国家錬金術師になったんやで?
これを成人した大人とか・・・子供と大人での親の気持ちはまた変わるやろw

迷家 -マヨイガ-
12345
イベント(?)での「9話は、えっ!?となる」とは何だったのか。
うーむ、無理矢理考えるとすると、スピードスターの過去の事かいな?
スターが光宗を操り人形・オモチャにしていたのは、てっきり「俺だけはお前の事分かってあげる」だと思っていたら、
スターは光宗の過去なんか全然知らず、自分の過去を払拭したいが為にオモチャにしてただけだったからな。
早い話がヤンホモとかそーゆーややこしい話じゃなくて、多少過去に同情はするが普通にクズだったとw
けどこういう人多いらしいな。幼少期に親の過度なプレッシャーや強制的なレール敷きに負けて、
思春期以降にそのストレスとかを外に向けて発散しようとする子って。スターはスターで被害者なんかもな。

9話をまとめると、

 ・スター、過去トラウマ判明
 ・トンネルの向こうには違うナナキ村?
 ・ジャックと氷結帰還、誰かに命令されて襲ってきた
 ・真咲はまだ何かを隠している?
 ・「マサキへ この先に行くなら ナナキを 受け入れろ」
 ・時宗ペンギンの大きさが変わる(小さく、弱々しくなった)
 ・ナンコ&リオン&マイマイチーム、真相に辿り着きつつある?
 ・光宗、目が覚めると病室?
 ・最後に真咲が探してたレイジ登場

つー感じか。ペンギンの大きさが地味に気になった。トラウマを受け入れるとか、克服するとかで変わってくるのかも。
ジャックと氷結に何かを吹き込んだのはツアー参加者の誰かっぽいな。
レイジかと思ってたけど、真咲の言動や最後の登場シーンを考えるにその線は薄そう。

石に掘ってあった「マサキへ この先に行くなら ナナキを 受け入れろ」はちょっと引っかかった。
ナナキって何だよっては勿論だが、後半と前半で筆跡が違う・・・気がする(違ってないかもしれないw)
仮にそうだとしたら、「マサキへ この先に行くなら」「ナナキを 受け入れろ」に分けられるが、
それだと前半部の文章がおかしい。“ら”がいらないよな???

そんな中、やはり最後の希望はナンコさんだ。ってか、ナンコさん17歳なんだな、ナンコちゃんじゃん!w
ナンコさんって今んとこ幻覚とか見てないけど、彼女も真咲みたいにトラウマ無しの人間?
そもそも何でこのツアーに参加したんだ?俺は彼女は30前後だと思ってたから、社会で色々あったのかと。
でもまだ17歳で、自称探偵で、見た感じ発狂しちゃうくらいのトラウマ抱えてなさそうなんだが。

つーかさ、これ、残り話数を考えるに全員分のトラウマ明かされないよな?
じゃあこんだけの人数必要だったかって話になっちゃう。いや、大人数は“犯人”を絞らせない為ってのは分かるけどさ。
でもこの状況じゃあ、“犯人”はトラウマ判明組か、描写が多かった組(主催者2人とか)しかないだろw
逆に、それ以外のメンバーが“犯人”だった場合、ポッと出ってレベルじゃない、興冷めモンだべ。

まぁ、この不平等さはリアルつったら、ある意味リアルだけどね。
ツアー参加者にそれぞれがトラウマあったとしても、それこそ「蚊に刺された痕が消えない」みたいな、
どうでもいいトラウマ抱えている人もいるだろう。その場合、描写するに値しないと言えば、値しない訳だし。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック