詠み人知らず
勝ったな。
放課後処刑タイム

なんだかんだつって、女性陣で1,2を争うほどの人気キャラじゃね?w


やっと名前と顔が一致しだしたわ。これだけいると、最後までスポットライト浴びないキャラ出て来そうだわw
なぁな・ぷぅ子は腹黒ビッチなんで早々に退場してもらってかまわんよw何なら処刑でもOKw

TVアニメ『アルスラーン戦記』 2期は全8話と短い事が判明!7月3日より放送開始!!
短いな。夏のTBS系列日5枠は「戦記2ヶ月→大罪1ヶ月→鉄血(秋クール)」か?

視聴者「迷家なんだこれ・・・」  声優脚本監督「」
いやいや、寧ろそれが狙いであり満点回答でしょうよ。
この時点で「成る程、●●系か」なんて思われるほうがよっぽど失敗だわ。
俺ぁ「なんだこれ・・・」が「なんだこれ!(驚愕)」になる事を期待しとるよ。

「俺しか2期待っていないだろうな」ってアニメ10選はこれだ
脳コメ(ボソッ
俺ツイ(ボソッ


迷家 -マヨイガ-
54321
クーデター組は何で、らぶぽんを仲間にしようと思ったんだよwwwww
案の定あんな事になるし、いくら極限状態だからと言ってらぶぽんが一番危険視されてないのは変だろw

ナナキ村では、幻覚・幻聴はその人の心の奥にあるモノ(強く想っている存在・トラウマ等)が見える(聞こえる)と。
だから“声”もトンネル内の影も、全員その人にしか見えない(聞こえない)から、全員違う意見になるんやろな。
“モノ”については、ヴァルカナの様に追々描写されていくと思うので置いといて、問題は幻覚・幻聴が起こっている原因。
幻覚・幻聴っつー、ファンタジー世界でもリアル世界でもどっちにも転べる事象なのがニクいなw

・ナナキ村自体ファンタジー世界だよ説
 └もう皆死んでるよ説(バス事故で?) → 一部の人は生きてるよ説(リオンなど)
    └死にかけていて、「生死の境を彷徨っている」を表したのがナナキ村での出来事説
 └ループ世界説(以降、「何故ループするに至ったのか」が本題となる?)
 └食事や自生植物等による毒説 → あの世の食べ物を食べると戻れなくなるという黄泉戸喫説
 └バーチャル世界説
 └誰かの夢説

・ナナキ村はリアル世界だよ説
 └集団催眠説(犯人が存在?) 
    └一連の出来事は猟奇殺人犯による計画で、パニック状態による幻覚だよ説
 └食事や自生植物等による毒説(犯人が存在?) 
 └そもそも幻覚じゃなくて本物だよ説(じゃあファンタジーの世界では?)
 └怪しい組織による実験説(血C説)
 └TV局などによるドッキリ説
    └・・・だったのだが、マジモンの犯罪者が紛れ込んじゃった説
    └・・・だったのだが、いつの間にか摩訶不思議空間に入り込んじゃった説(村ファンタジー説へ)
 └ただのドラマ説(登場人物達は役者)
 └ダウンタウン浜田 雅功の「結果発表ー!」でカラス撃退できる説

他にも考えたら色々出てくるけど、今んとこ、村はリアルで事象はファンタジーってのが一番確率高そう。
個人的には事象もリアルで、ちゃんと原因・理由・(いれば)犯人の目的を示して欲しいけどどうなるかねぇ。

こはるんは“犯人”ではなさそうだが、ナナキ村の童歌を「メロディ付き」で知っている点や、
説得力の無い物だけでナナキ村だと信じていたり、ナナキ村関係者っつー確率は高そう。
例えば、ナナキ村関係者だけど「本人にはその記憶はなく、心の奥底に断片的に記憶がある」系か、
「何らかの理由でループしてて、記憶はその度にリセットされるから村の記憶は無い」系って線もあり得るな。
こういう類の存在・・・どっかで聞いた様な・・・サイ・・・サイ・・・サイレ・・・。

一方、真咲も村出身者・関係者疑惑があるな。なんというか・・・「村に違和感無く溶け込んでいる」感があるのよね。
台詞の端々に「あれ?何でそんな事知ってる?何でそんな事を言うの?」と、イチイチ引っかかるのも気になる。

主人公の光宗は、ラストで巨大ペンギンの幻覚を見て「時宗!」と叫んだ。
この事から、「(何かしらのトラウマの原因である)ペンギンの名前が時宗」、
「(リオンの意味深な台詞から)実は光宗は光宗ではないのかも」が考えられる。
リオンの「死者が見える」能力が本物なら、「双子(?)である時宗の幽霊(?)を見間違えた」可能性がある。

光宗は、“家族”に何があるようなので、それ関係で「時宗にならなければ」と決心する場面があったのかも。
若しくは、何らかの目的(親が時宗を溺愛していた?)から時宗に成り代わろうとしている、か。
ちょいメタいが、登場人物の名前がHNな所は、何かトリック的なものを挟み込ませる為な気がするんだよなぁw
とにかく、いつも慈愛に満ちたソイラテ&ナンコと、ツンデレの権化・マイマイには幸せな結末をお願いしますw
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック