詠み人知らず
どわあああああああああああジャックポット2回目当たったあああああああああああああああああああへええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
ブルマー
ブルーマーメイドだし当然の略称だよなぁ?


ブルーマーメイド(コマンドー)


フレイアのウィンダミア弁クセになる。でもまぁ俺はミラージュ派だけどなw

『ハイスクール・フリート』最新話のこのシーンが最大の突っ込みどころだよな・・・どういう原理だよ
これ、流れが自然すぎて、そういうキャラ(超跳躍力)なのか、ネズミウィルス効果(身体能力爆増)、
クジラと衝突した弾みなのか、ただの作画ミスなのか分からないってのが一番の問題点だわw

ディ○メディアの制作の人がなんか不穏なことをつぶやいてる・・・
今の時期だと『迷家』?「期限ヤバい→他の部署どころか社内フル投入→他部署イライラ、身内でムカムカ」って事だよね。
この手の記事で毎回思うけどさ、仕事を取っとくだけ取っといて、こういうことを言うのってどうなの。
あれやります、これやります。結果、言った事出来ませんでしたじゃ、社会の一員として駄目だろ。
そりゃ、末端の人は選ぶ権利はないけど、アニメ業界のこういう人間使い捨て構造があかんのちゃうん。

ハイスクール・フリート
12345
第1部完って感じかな。晴風の嫌々航海もこれで一端終了。
で、今まで戦ってきた艦がおかしくなった原因が謎のネズミ?又は、こいつが持つウィルス?
ネコがやたらクローズアップされてたけど、おかしくなってない船にはネコがいるってことかな?

まだ断定は出来ないけど、仮にネズミ関係が真相だったとしたら、ここで我々は“ふるい”にかけられるなw
「なーんだ、リアルじゃなくてそういうファンタジー要素でいくのか」って人もいれば、
そこは気にならないって人もいるだろうな。俺は「とりあえず真相、またはそのヒント出てきて安堵」ってトコか。

で、更に、ネズミは侵略者的なやつなのか、現実に居たって設定なのか、どっかの国の生物兵器なのかで、2回目の“ふるい”だ。
個人的には侵略者的なやつは勘弁願いたい。そういうのは今までいくつもあったし、多くがしょうもなかったからw
しかし現実に居たってルートだと、それはそれで世界中の人間でネズミ駆逐しましょうなんて話が小さすぎる。
生物兵器ルートだと、「ネズミによる洗脳」をちゃんと納得のいく形で説明してくれるだろうが、
一方でアニメの内容はガチのドンパチモノになってしまう。この絵・雰囲気でこれをやると、
左右の人間や“警察”が沸き、オタ達は萌えをよこせと騒ぎそう。

となると・・・侵略者的展開が一番無難・・・と言えば無難だが、
現実の世界とは少し違った歴史を辿ったあの設定(WW2や国土沈下、地下資源の設定)は何だったのとなってしまう。
まさかここを生かさずに、「未知のウィルスばらまくネズミが原因。ネコ飼ってると平気です」で終わるわけ・・・?
もう1回2回、どんでん返しっつーか、爆弾隠してるんだよね?

そうじゃないと、このままでは雰囲気的には犯人を探せと言われて真面目に探したのに超常現象オチだった『ひぐらし』や、
可愛い絵柄で、オタどもが興奮する描写・展開から、侵略者的な存在が登場し陳腐な最後を見せた『ビビパン』になるのでは。

キャラに関してはまだまだ全員覚え切れないが、水雷長の子がネズミウィルス(?)にやられて、
一時的に独房入りとなった砲術長を心配してて株が上がった。2部以降はもうちょっと個々にスポット当てて欲しいね。

機関科の子だったかな?副長に「あんたが艦長ならなぁ」みたいな事言ってて、副長もまんざらじゃなかったんで、
若しかしたらネズミそっちのけで艦長VS副長みたいな内ゲバ展開の可能性ある気がする。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
なるほど、ネズミウイルスが原因なんですね。

あれ、でも今期のアニメって
ウイルスに感染⇒カバネ化・・・カバネリ
ウイルスっぽい浸食⇒暴走・・・マクロス
ウイルスに感染⇒我を失う・・・はいふり

いかんな、被ってしまった。

あと、ブルーマーメイドってブルマーって略すのか。その略し方はあかんw 
ただでさえブルーマーメイドがブルマメイドに間違えるというのにw
2016/05/05(木) 19:58:41 | URL | ルイ #9uKjeLZY[ 編集]
どうなんですかね~。
個人的にはもう1回でかい爆弾落として欲しいなぁとは思ってますが・・・。
このままでは、まさに被ってるし、なんかフツー・・・って感じでw

ブルマーでもブルマメイドでもどっちでもやばいっすねw
2016/05/05(木) 22:45:27 | URL | きりづか #Wyagh/TQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック