詠み人知らず
2017年9月25日 けもフレショック(日本)
漫画・4月の査収物
葉月 抹茶『僕が僕であるために。①』
望月 淳『ヴァニタスの手記①』
勇人『プリンセスビヨリ①』

毎月のチェックに利用していた発売日サイトが更新停止してもうた・・・w

電撃文庫のカリスマ編集者・三木 一馬氏が退職!新会社・ストレートエッジ設立! 
契約作家に鎌池 和馬、川原 礫、佐島 勤、伏見 つかさなど!

本人の退職理由や取締役らの名前から前線復帰&子会社的会社を任されたって感じやな。
確かに三木氏が編集から編集長になってからは、ヒット作が少なくなっていた印象。
番組やイベントの言動から、編集長(管理職)向きではないってのも頷けるw
ラノベダントツ1位の電撃との兄弟会社みたいなもんだから、角川グループが更に強大になるな。

どっかのお家騒動みたいな感じじゃないんだよな?まぁ、角川相手にそんな事しても消し飛ばされるだろうが。
契約作家は専属じゃないみたいだし、円満退社ってのは本当でしょ。クーデターなら作家引っこ抜いていきそうだしw

漫画『PEACE MAKER 鐵』アニメ化企画決定!!
なん・・・だと!?『PEACE MAKER 鐵』は簡単に言うと、幕末・新撰組のお話。
話自体は面白いんだけど、作者がド腐女子漫画家で、ホモォの中でも、オッサンとオッサンの濃厚な絡みが好きと公言、
そういった同人誌活動にも勤しんでいる(商業誌遅筆の原因の1つ)ので、商業作品もどうしても腐臭が漂ってしまう。

取り扱っている題材を考えると、アニメ化は若干時代遅れ感があるが、
『おそ松さん』の例を見るに、ほぼ間違いなく腐獣の餌食になるだろうなw
そんな中で、純粋に作品を楽しめるかどうか・・・ごくりw
関連記事

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック