詠み人知らず
『天結いキャッスルマイスター』DLC第1弾(無料)きたあああ!!!
2016春期深夜アニメ第一印象 その4
迷家 -マヨイガ-  ★★★☆☆
監督・水島 努、脚本・岡田 麿里という悪魔・・・じゃなくて、神コンビが贈るオリジナルアニメ。
これはいいSIREN?それとも地図から消えた村だから、零(紅い蝶)だろうかw

1話時点ではまだ何とも言えないな。バスの運転手の台詞にメッチャ共感したってトコくらいだw
あの年でやり直すとかリセットとか・・・しかも全員(主人公ですら)思考がメンヘラで完全にイっちゃってて、
感情移入できるキャラゼロだった。ヒロインも相当ヤバいぞ。ドン引きだわw
かと言って、全くメルヘンな世界でもないのよね。キチったキャラ達からは現代だからこその、
現代らしい病が見え隠れしててさ。明日は我が身、こういう奴周りにいるわ・・・なんて思った視聴者も多いのでは。

仮に減っていく展開だったら、30人のうち、役を兼ねている奴から死んでいくんじゃあ・・・?w
例えば鳥安とドザえもんが新垣 樽助さん、まんべとよっつんが間島 淳司さん。他にもいる。
一方で、女性陣はなかなか死ななさそう。1話で主人公と会話したメンツ(マイマイ、リオン等)あたりは特になw
とりあえず20人ほど序盤でパパっと消してくれないと、人物覚えるの大変だなw

脚本が脚本なので、単なるなんちゃら殺人事件みたいな金田一的展開ではなく、
真綿で首どころか胸も締め付けてくる展開になるのは恐らく違いないんだろうけど、
なーんか「死んでいく」って流れにはならなさそうな雰囲気なのよね。「消えていく」ならありそうなんだが。

30人と運転手や村人(?)による群像劇の結果、各々が違う形での「生まれ変わり」「やり直し」を見つけて、
再び“こっち側”に帰ってくる・・・そんなある意味で綺麗なお話になりそうな予感。
その「生まれ変わり」「やり直し」が視聴者的に「うわー・・・」なら今期上位アニメ候補だが、さてさて。
個人的にはSIRENしてくれた方が嬉しいんだけど、その為にゾンビ的な存在出されると大多数は冷めるし難しいかw

田中くんはいつもけだるげ  ★☆☆☆☆
つまらん。田中が気だるさや怠惰を日常の中で謳歌する話だから、必然的にそういう描写が多くなる。
故に観てる方がそういう気持ちになってしまってつまらない。この作品を楽しむなら他の箇所に活路を見出さないと無理。
事実、ネットでは男性オタは「女の子可愛い!この子らの為に頑張って来週も観る」であり、
女オタは「田中きゅん可愛い!気だるくぼーっとしてる所が堪らない」のようだし。
俺はやっぱり話を重視するのでキツイわ。せめて10分ならなぁ。

高校の頃、同じく怠惰だった俺から言わせれば田中の気だるげさはなっとらん!w
机に突っ伏して寝るだと?枕はどうした?俺は小さい枕持参で寝てたぞ?
田中は頬杖をつく事による弊害(腕が痺れる、窓に頭ぶつける等)を述べていたがそんなもん起こらんわ。
「頬っぺたやおデコに痕が付く」が正解だろ。だからこそタオルを腕に巻いて枕にしたり、
枕そのものを持参して気だるんだろうが!これだから素人は・・・ったくw

・・・などと言う点から視聴を切ろうと思ったのは、全国で俺だけだろうなw
でもマジだから仕方が無い。だから学校の気だるライフをテキトーに描く作品は許せんのだw
序でにもう1つ言うと、「ずっと寝てて、起きたら放課後、誰もいない」なんてシチュもありえないぞw

ガンガンオンラインっていつの頃からか女性向け&ユル~い感じの雰囲気(を楽しむ)作品が多くなったよな。
元々ガンガン系は女性漫画家が多かったけど、ガンオンの女性版まんがタイム化は特に顕著だなw
最近本誌の方が元気が無いから、ガンオンが盛り上がるのは悪い事じゃないけどね。

キズナイーバー  ★★☆☆☆
ごるぁ!伊勢うどんをディスるとは何事か。うどんの中で1番美味いやろ!

『キルラキル』のTRIGGER制作のアニメ。『キルラキル』は歴史に残る名作だったが、今回はどうか。
第一印象は、「溢れるデビサバやペルソナ臭・・・そして後半からピンドラ臭も」と言った感じ。
言葉で説明するのは難しいが、そんな感じがした。分からない人は分からないままでいいw

色んな作品で使われる“7つの大罪”を現代風に解釈(独善ウザい、脳筋バカ、上からの選民思想、メンヘラ等)し、
各大罪をメインキャラに配分、そんなどこかに欠陥を持っているメンバーが、園崎 法子とかいう女によって、
半強制的に繋がりを持ち、「“絆”=“痛み”」を分け合う事になってしまった、と。

で、これは痛みを分け合う事で他者を思いやれ、結果、争いが無くなり平和に繋がる“絆システム”であり、
舞台となる街(なんとか市)は“絆システム”の実験場である・・・と。

1話はここまでだな。痛みを分け合う絆を結んで・・・どうするんだってのは無かったな。
一応、法子は「数々の難関に立ち向かい勝利を~」とか言ってたけど、これから敵らしい敵ってのが出てくるんかな?
それとも“絆システム”を日常の中で描写して、各々の“大罪”を贖罪していくんかな?
『迷家 -マヨイガ-』同様、1話では全く先が読めないアニメだ。

・・・あ、ちょっと気になったのが、「痛みを分け合う」んじゃなくて「痛みを共有している」んじゃねって思った。
脳筋が殴られた時、全員が等しく痛みを感じていたよな?分け合うんだったら、6人居たから・・・6分の1になるはずだろ?
でも「1が6つ」だったように見えたが?6分の1少女のビンタなんて対して痛くないよな?

あと、例えば男性・女性特有の痛みはどうなるんだ?w
TNTN蹴られたら、女性陣も痛がるのか?生理痛は?男性も月モノが・・・って言うんか?w

坂本ですが?  ★★★☆☆
今期のお笑い枠No.1候補のスタイリッシュシュールギャグアニメ。
うむ、田中と坂本の苗字枠(?)対決は坂本の圧勝だなw

この手のアニメは30分だとダレる事が多い気がするんだけど、寧ろ短く感じるほどだった。
内容もさることながら、声優のクリーンヒット感、AとBパート、そして幕間が用意されている事で、
時間を気にせず観られたわ。これは毎週楽しみなアニメが出てきたぜ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック