詠み人知らず
『天結いキャッスルマイスター』DLC第1弾(無料)きたあああ!!!
命のチップ

300年前の厄災戦ではアラヤシキシステムが当たり前で、
こんなMSやパイロットがうようよいたらしい。見てぇwwwwww


そうそう、りえしょん下ネタ全くダメなんだよなw
これは育ちなのか、事務所の方針なのか、それとも・・・。

アニメ界のレジェンドが次々終わっていく・・・最近は大ヒット作を出せない(´・ω・`)
監督はあまり詳しくないんやけど、観た事ある作品は全部(1クール、又は2クールでは)短いって思った。
昔はそういう縛りが薄かったんじゃ?1年以上やってるアニメが普通にあったし。長く描けたからこそ、名作も生まれたんちゃう?
一方で、最近では観る側は1クール(3ヶ月)どころか1話~3話で判断して切っていく。
こういった、ある意味で反比例な現状が、寒風吹き荒ぶ一番の原因じゃないの。
「短い期間でいいものを創れ」ってのは無理があるのよ。どんな世界でも。
いいものにはそれなりの時間や、お金がかかるもの。でも今のアニメ業界はそれをよしとしない。
だから外注で韓国に作らせて問題起こしたり、時間に追われて作画崩壊したり、話の大切な部分を描けなかったりする。
勿論、限られた期間・資金の中でいいものを創るのもまたプロではあるけど、限度ってモンがあるわな。

ラノベ編集者がラノベのテンプレを語る。
「テンプレは悪ではない」「本当にダメなのは、こうすればいい→必勝法だと信じ込む手合い」

うん、そうだよ?みんなテンプレがあるからって脊髄反射的に批判してると思ってたのか?

春アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』先行上映組の感想が大好評!
「グロいから注意」「始まる前すごく眠かったけどめっちゃ引き込まれて眠いというのを忘れるほどだった」

期待してええんやな?テンプレクソラノベ風だけど実はそうじゃない系って事なんやな?w
こっからは良作だった場合として話すけど、これだけラノベ原作がクソラノベアニメと叩かれて(自業自得なんだが)さ、
俺ぁ「いつかアンチテーゼ的な、見返してやる的な作品が出てくる」と思ってるのに、一向に出てこないんだよね。
結局、GAやMFみたいな諸悪の根源からではなく、“なろう”からそーゆー作品が出てくるとか、何か情けなくて泣けてくるわ。
最近評価されてる作品も“それ以外”が多いし。やっぱりゴミはゴミしか生み出さないのか?プロ何やっとんねんって話ですよ。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
12345
グレイズ・アイン強すぎだろwwwwww流石1期のラスボスwww
モビルアーマー級の巨体に重火器満載なのに、人間以上の動き出来るって、
アラヤシキシステムってマジで強いな。そりゃ、ニュータイプでもないと一般MSでは勝てない訳だ。
アインはもうニュータイプ並の力を持っちゃったな。いや、人工的に造られたから強化人間か。
つーか、下半身失って、アラヤシキシステムでMSと一体になっているから最早人間かどうか・・・。
ガンダム史における、強化人間の末路って良かったためしがないからな。アインは1期でお別れかw
強化人間の設定は、どのシリーズでもどこか哀愁があって好きだわ。アインもそうだよな・・・。

MSと一体になったアインを見るたびに、ゲーム『アヌビス』のディンゴを思い浮かべるw
彼も色々あって、ジェフティと一体(降りたら死ぬ)になっちまったからな。
結局彼は助かった(主人公だしねw)けど、アインはもう・・・本人もそれを知っているから・・・ってか、
今回の言動から既にまともな思考は失っているぽいな。力の代償に精神がヤられるなんてマジで強化人間やん。

それにしても死んだなー。先日のビスケット死亡が霞むくらい戦死者でちまった。
ラフタとアジーの女性コンビが死んだ(「はい、死亡」シーンは無かったからまだワンチャンある?w)のはショックだった。
最初の犠牲者であるフミタンから思ってたけどこのアニメ、女子供だろうが、男女平等パンチでどんどん殺すから凄いw
変なご都合主義に走られないからそっちの方がいいけどね。まぁ、バルバトスの強さはご都合主義レベルではあるがw

最終戦はガンダム・キマリストルーパーVSグリムゲルデ、グレイズ・アインVSガンダム・バルバトスかね。
キマリスの中の人、ガリガリさんの相手は仲間だと思ってた人間だから死亡確定かね。生き残るとややこしくなるし。
信頼していた部下は人間やめて(アイン)、幼馴染は戦死(カルタ)、挙句の果てに親友(マクギリス)が殺しに来たとか、
ガリガリさん最期まで不憫だったな。来週に先駆けて合掌しておくか・・・w
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック