詠み人知らず
2017年9月25日 けもフレショック(日本)
己に負ける
ノリオ監督が首を捻ってたのが何とも印象的だった。ぶっちゃけ、サポか協会も同じ気持ちだろう。
それにしても大黒柱1人いなくなるだけでここまで弱くなるかねー。

兎にも角にもコミュニケーション不足の一言に尽きる。1戦目から終始意思疎通が出来ないシーンが目立った。
失点の多くもこれが原因。つまりは自爆。どれだけ強いチームだって自爆してりゃあそりゃ勝てない。

ぶっちゃけ、こっちが1人少ない状態で戦っているのかと錯覚するほどのレベルだった。
受け手と出し手の呼吸が合わずパスミス連発、自らチャンスを潰して、
反応できなかったボールは相手に流れ、こっちからチャンスを与えてしまうっつー・・・。
結果、こちらのFW2人は1人は溜め要員の置物で、1人はシュート撃たず。これで点が入るわけもなく。

ここまでコミュ不足だと切り込めないので、足が止まっている選手が多く、
慌てて足を出して・・・届かない、ってシーンも多々見受けられた。
当然そうなると、パスコースもすぐ読まれるので前線までパスが繋がらない。
それ以前に、パスコース消されて横パスバックパスするシーンも多かった。こんなにバックパスする試合久しぶりに観たわ。
その度に肝を冷やしたわ。いや、ホント多すぎた。攻めあぐねている証拠よな。

メンバーらのキレが無くなって来ていることを考慮しても、いくらなんでも異常とも言える意思疎通のダメっぷりだった。
昨日今日集まったメンバーじゃないのになぁ。やっぱ、毎回スタメン変えすぎなんじゃないかね。
それとも「変えざるを得なかった」のかな・・・。監督にとっては納得結果なのかもしれん。

あと、寄せが甘すぎる。撃って下さいと言わんばかりのプレスの弱さ。中から、左右からと撃たれ放題。
挙句の果てにエリア外からのループ気味の絶妙シュートまで撃たれて失点。これも自爆と言っていい。

逆に中国のプレスは完璧だったな。コミュ不足もあってめちゃくちゃ効いてた。
日本がボール持っても下がらず前線からプレス。するとコミュ不足の日本は危険なバックパスや安易な横パスするのでカット。
何度このシーンあったよ?その度にピンチになって、何本かはゴール決められてる。
若しかしたらコミュ不足の弱点を研究されてたのかもな。

まぁ良い機会と思って、2年後(か4年後)に向けて世代交代せんとあかんな。
監督は・・・どうなるかねぇ。流石にそろそろ交代か。誰か手を上げてくれるかな。
関連記事

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック