詠み人知らず
『天結いキャッスルマイスター』DLC第1弾(無料)きたあああ!!!
ブラゲ屋に転向?
ちょっとした疑惑。本文最終参照。

891012
エウシュリーの『珊海王の円環』体験版キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!
で、やはり気になるのは戦闘パートであるRTS(リアル・タイム・ストラテジー)部分。
『魔導巧殻』の正統進化・発展型だと思っていたのに結構違うんよね。「え?」という思う部分が増えたかも・・・。
以下、気になった部分を羅列(一応メールで送ったけど、根幹部分が多いから1ヶ月で変更出来るかねぇ)してみる。

─────────────────────────────────────────────────

■弾き移動が酷い
>直接ユニットをはじくように触れると、その対象のみ方向転換や撤退等の細かい操作を簡単に行えます
行  え  な  い  ん  だ  が  ?

・・・っと、まず、弾き移動とは何か。RTS戦闘において、ユニット(部隊)を移動させる時、
画面をクリックすると衝撃波が出て、それによって強制的に移動させる・・・それが弾き移動です。
・・・と言っても分かり難いよな。いわゆるトントン相撲?いや、紙相撲か。スレにて良い例があったので引用する。

「テーブルの上にコインを置いて、A地点からB地点まで移動させたい。
普通ならコインに指を載せて移動させればいいが、このゲームの場合はテーブルを叩いた衝撃で移動させなければならない」

まさにこれ。多くの人は指を載せて移動させるのに、エウは何故か斜め上の発想で移動させる事にしたらしい。
この時点で「え?」1回目である。何で普通にマウスによるドラッグ&ドロップによる操作じゃないの。
いつもだよ、何でエウシュリーは“王道”を弄ろうとするのか。それでよくなったためしがない。
「それ以上良いシステムがでないから」の“王道”でしょ?もうその部分は、それで完成されてるんだよ・・・。

弾き移動はユニット指定ではなく、地面判定だから、「動かすつもりのないユニットまで動く」、
「意図した場所に動いてくれない」、「弾いてもすぐ戻ろうとする」・・・と散々。
挙句の果てには、部隊が強制散開(下図参照)になって弱体化、ボコられる。

   ●●●
   ●○●
   ●●●

例えば、白丸をクリック(弾く)してしまうと、そこを起点にユニットが弾かれる。
つまり、左上は10時方向に、右下は4時方向に・・・という風に。
これで「敵を目前に、意図せず強制散開」という謎の行動をとってしまう。何だよこれw
こうなると「弾いてもすぐ戻ろうとする」んだけど、戻ろうとしている間にも敵は攻めてくるんよね・・・。

普通にマウス操作による移動先指定で良かったのに、何で弾くとか言う謎要素を盛り込んだのか理解に苦しむ。
ぺちぺち画面を叩いて移動させるのを面白いと思ったのか知らんけど、そんなにタブレットユーザーって多いの?
スマホあれば要らない(スマホ買う時、しつこくタブレットもどうかって勧められたわw)って人ですら多いのに、
「タブレットしか持ってない人間で、タブレットだけでエロゲやろうと考える人間」はもっと少ないだろ。

あーあ。まーた、タッチパネル対応が足を引っ張ってんじゃん。
いや、百歩譲ってタッチパネル対応はいいんだよ。好きにしたらええ。
でもそれと引き換えに、既存ユーザーが猛烈に不便になるのどうにかならんか。これじゃあ意味ないだろ。
去年の反省点の中に「タブレットを意識しすぎて既存ユーザーにそっぽをむかれた」という点は含まれて無かったのか?
この移動のさせ方は、下の項目(部隊への個別指示不可)と言う弊害を生み出している。

そもそも、何度も操作を強いられるRPGやACT、SLGと言ったジャンルのゲームがタッチパネルに合ってるとは思えない。
これは寝転んでも出来る、いわゆる紙芝居的なADVだからこそ普及したんとちゃうんか?
タブレット用ゲームって、空いた時間や暇を潰す為のモノじゃないの?俺が間違ってるんかねぇ?
みんな、そんなにタッチ操作で激しい動きさせてガッツリゲームで遊んでるの?w
少なくとも『珊海王の円環』がそうだとは思えない。エロゲだし。一体どこに向かっているんだ?どの層向けなんだ?

■部隊への個別指示不可
今作は火力の高い部隊への砲台突撃命令や、死にそうな部隊への帰還命令と言った、ユニットへの個別指示が出来ない。
流石にここは「え?」と言わざるを得ない。移動はマウスで指示出来ないランダム性の高い“弾き”という謎仕様で、
更に部隊ごとへの個別指示も出来ないとなると、これは本当にRTSなのかと・・・。

俺ぁてっきり、三すくみ(1人部隊→9人部隊→3人部隊→1人部隊・・・)を活かして、
敵の前衛9人隊に弱点の1人隊を当てて、こっちの3人隊は裏から敵後衛の1人隊を急襲するみたいな、
そういうゲームかと思ってたんだが違ったようだ。指定移動も個別指示も無いからね・・・。三すくみの意味とは・・・。
部隊数は3までと少なかったが、『魔導巧殻』では一応そういう事が出来なかった訳ではなかったのに。

全体指示は出来るけど、戦況が目まぐるしく変わるRTSにおいて、全体指示しかないってどういう事なの。
1部隊が瀕死で帰還させたいと思っても、「全体に帰還命令」を出さないとダメなんだぞ?おかしいだろ!?w
これすると当然、瀕死な部隊も元気な部隊も全部隊が一斉に自軍陣地に戻ってくるんだぜ?シュールすぎるわw

他にも砲撃戦で防衛指示出して敵砲辺りにマップ兵器でワープさせてみたら、自軍陣地に戻ろうとする。
全体指示が“防衛”だからそうなるのは分かるけどアホすぎ。敵の砲台の周りに居てくれよ・・・。

戦闘は「こうしたい」と思ってるのに「そうならない」という感じ。
「こうしたい」ってのが出来ないなら、我々が「そうできる」ように個別指示や指定移動は入れるべき。
エウスタッフはこのシステムで、他のRTSのように上手く動かせてるのか激しく疑問だわ。
・・・そして更に、この部隊への個別指示不可は、下の項目(ユニットが渋滞する)と言う弊害を生み出しているw

■ユニットが渋滞する
今作は部隊ごとに判定があって、味方同士でも重なる事ができない。
それ故、弾き移動によって意図しない方向に弾け、バラバラになったキャラ達によって意図せず渋滞がしばしば発生する。

敵の所に行くように後ろのユニットを弾いて横にずらしても、また前の味方ユニットのケツに戻ってウロウロし始めたり、
団子状態になって目当ての部隊を叩きに行けないばかりか、渋滞している間に、後ろから殴られたり・・・。
マウス移動も個別指示もないから、「お前はこっちに来い!」とか「ここに居ろ!」と言う個別の一発指示が出来ない。
ランダム性の高い弾くか全体指示でどうにかするしかないって言う・・・まぁ、どうにも出来ないけどねw

■RTS戦闘がほぼ自動のせいで、自分でプレイしてる感が薄い
と言うわけで、戦闘はほぼ自動なのでプレイというより、「眺めている」度合いが強い。
マップ兵器である円環魔法と、全体指示(突撃、防御、分散、逃走など)しかやる事が無い。
せめて作戦がリアルタイムに個別指示が可能なら・・・部隊移動がマウスによる個別指示なら・・・。
・・・『魔導巧殻』には一応両方あったんですがね。どうしてこうなった。

戦闘は殆ど操作せず、使いたい魔法選んで画面長押しして発動、弾いて移動させる・・・。
これじゃあその辺のブラウザゲーやソシャゲと一緒。面白いと言える人は普段スマホゲーとかブラゲやってるライト層だけ。
俺みたいに「ゲーム!ゲーム!」なコアユーザーにとっては子供騙しもいいとこ、開いた口が塞がらない。
肝心要の戦闘をボケーっと見てるような代物が今のトレンドだと?くっさ、そりゃ業界お先真っ暗だわ。

■その他(シナリオ、キャラ、資源システム)
シナリオとキャラは体験版なので評価出来ない。まぁ、ナスは可愛かったよw
と言うか、戦闘部分だけで色々言いたい事がありすぎて、シナリオとかそっちまで気が回らないってのが本当の所。

資源システムは、今んとこ「船強化やスキル習得、回復や兵糧関係に必要な各数値」というだけかな。
『魔導巧殻』の時のようなシミュっぽさは薄い。『魔導巧殻』の資源や街作りといったシミュパートは、
あれだけでゲーム化出来るんじゃないかというくらいクオリティが高かったんだが・・・どうしてこうなった。

■まとめ(同ジャンルであった『魔導巧殻』と比べてみて)
街造り → 廃止
開発・合成・調合要素 → 廃止
属性や装備の概念 → 廃止
内政(外交)要素 → 廃止
ジョブチェンジ(進化) → 存続
RTS戦闘MAP → 縮小(一枚絵)
マウスによる移動 → 弾く

比べてみると、見事に廃止、若しくは無しになる。
改めて、移動方法の「弾く」がシュールすぎると感じた。戦闘MAP縮小は「見てるだけ戦闘」だからだろうな・・・。
何故『魔導巧殻』をブラッシュアップした作品を出さなかったんだよ!

─────────────────────────────────────────────────

一生懸命作ったんだろうけど、何で毎回、土台を投げ捨てて新しい事にチャレンジしてくんだ?
土台が無いとどんなシステムも不安定でしょうよ。組織見直したんじゃないのかよ・・・。

移動は謎の弾き移動で、マウスによる移動ルートや移動地点を指定出来ない。
戦闘はユニットごとの個別指示不可で、大雑把な全体指示しか出来ない、完全にブラウザゲー。
これでは全然“ストラテジー”(戦略、作戦、軍導の意)じゃないだろ。

移動はマウスのドラ&ドロで、操作出来るユニット(部隊)増やしたり、地形効果やマップ兵器・魔法を追加して、
同じRTSである『魔導巧殻』の正統進化・発展型でゲームを作れば良かったんとちゃいますの。

これじゃあ予約出来ないなぁ・・・。
仮に製品版までに改善されるなら買ってもいいけど、
その頃に予約したらもう初回特典(非売品)無くなってる可能が・・・w
改善且つ、初回特典生存ならもう一度考えるか。ハードルは高いぞ。

34567
・・・若しかして、寒風吹き荒ぶエロゲから、18禁ブラウザゲー屋に舵を切ったか?
タップ、Wタップ、長押しと、既存ユーザーを放り投げる昨今のタッチパネル対応はどう考えても普通じゃない。
ブラウザゲーなら課金あるし、“割れ”が無いしな。『戦女神オンライン』でも作る気か?
今後は、今世にあるようなブラウザゲー、ソシャゲみたいなもんを出していくのならもう終わりだ。
エウのゲームを買う事は無くなるだろう。エウに求めているのは“ゲーム”なんだ・・・。

エロゲ市場、191億円で前年度比6.4%マイナス!まだまだ縮小傾向が続いている
エロゲ業界ちゅーより、エロゲの主要ジャンルであるADV(紙芝居型ゲーム)が下火なんちゃう。
ADVはあらゆる項目でライバル、または上位互換がいるのでどんどん劣勢になっている気がする。
値段は据え置きゲームより高く、ゲーム性・システムも、画面を眺めながらクリックする時代は終わった。
今、求められているのは「短く・手軽に・いつでも・どこでも・簡単に」だ。つまりはソシャゲね。

で、“エロ”なんだけど、今となっては一種の縛りになっている気がしてならない。
昔はこれが大きな“売り”だったんだろうと思う。しかし今となっては、どんなシナリオでも必ず、
“エロ”を結び付けねばならないというのが逆に足かせになってて、“エロ”を出すだめに主人公以外女の学園モノ、
組織モノとテンプレの危険性があり、“エロ”自体も昔と違って世間の目が厳しいので縦横無尽とはいかなくなった。
例えば、凌辱系は例の事件以降風当たりが強く肩身が狭く作り辛いっしょ。
だからなのか、ライターを始めとする優秀な技術者は兄弟的業界(アニメ、アニソン、ゲーム、映画など)に進出してる。
そうなるとエロゲ業界の技術力の空洞化はますます加速。良質なゲームが出てこず、負のスパイラルとなる。

じゃあ他のジャンルかと思えば、毎年のクソゲオブザイヤーを見て分かる通り、
そんな技術がないトコが多く、技術があっても自転車操業的な業界だからそんな冒険に出られるトコも少ない。
大作となるとお金も時間もかかるしね。だけど売れなかったとかってなったらマジで悲惨。
あとやっぱ“割れ”だよねぇ。あるゲームの売り上げが1万だったのに、パッチのDL数が10万だった話は有名。
国レベルが動いて、極端な話「“割れ”すると死刑」とかってでもしない限り無くならないっしょ。

エロゲの違法ダウンロード・違法アップロードがついに終了へ?割られないプロテクトを実装したエロゲが発売
仮に成功しても、正規ユーザーには面倒が増え、企業側にはコストが増えると、何だかなぁとゆー感じ。
そして案の定、1日で割られてしまうって言うね・・・w

日本のエロゲの海外進出が熱い!メーカー各社が近年続々と海外展開に着手。外国のユーザーにも大好評
ゲームだけじゃないけど、日本に住んでいると当たり前の様に接している技術って、
海外から見ると実は凄かったりするよな。エロゲもその1つなのかもしれない。
ただ、東南アジアなんかは日本のゲームに追いつけってやってるし、あとやっぱ法的なものがね・・・。

アリスソフトのオンラインゲーム『新訳 闘神都市~Girls Tamer~』正式発表&事前登録開始
最近、DMM発の18禁オンラインブラウザエロゲーが増えてきている。
この作品の場合、制作は別会社との事で、言わば名前だけ貸している感じのようだ。
アリスのように老舗となると、過去の遺産を違う形で料理し直してこういう展開も可能・・・か。
エウよ、お前もこっちに行こうとしているのか・・・?

SAGA PLANETSがクラウドファンディングで新作発表会を実施!目標金額は100万円!!
サガプラとは昔、ある場所で関係者と話した事あるけど結構ユーザーフレンドリーで好印象だった。
なんだかんだで息が長いブランドになったな。そんなエロゲ会社がCFとは凄い時代になったもんだ。
サガプラは老舗でファンが多く、人気あるところだから集まりそう。スタッフとの会食は垂涎ものだろう。
業界的にはかなり注目されるんじゃないかな。他のブランドさんは固唾を飲んで結果を待っているっしょ。
しかしこれは・・・どうなんだろう。成功するにこしたことはないが、それを手放しで喜んでいいものなのかどうか。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック