詠み人知らず
『天結いキャッスルマイスター』DLC第1弾(無料)きたあああ!!!
2016冬期深夜アニメ第一印象 その4
シュヴァルツェス マーケン  ★★☆☆☆
『マブラヴ』の世界観の最初の頃のお話だそうな。
んじゃあ『マブラヴ』の世界観何だよってなるけど、早い話が異星生命体(BETA)が攻めてきて
人類がわーわーしてる話みたい。BETAと戦うには戦術機ってロボ(?)が必要なんだけど、
『シュヴァルツェス マーケン』は初期の話なので、技術的にまだまだの状態らしい。

BETA自体はそれこそ単なるモンスターなので(=基本的に戦うという選択肢しかない)、
メインは軍隊下の人間関係(裏切りとか恋愛とか)になるっぽいですね。
共産圏、社会主義圏下での地球防衛軍みたいな感じかなぁ。コメディパートとか無さげよね。
「EDF!EDF!」って軽々しく叫べない雰囲気は好みが分かれそうw
また、この先の話(『マブラヴ』とか)が既にあるんで、綺麗な終わり方にならなさそうでちと不安。

登場人物がドイツ語名なので、名前では覚えにくいな。ポニテ、銀、赤と言った感じに髪型・髪の色で覚えよう。
スタイルで覚えるのはみんな乳デカばっかで厳しい。今んとこ赤髪の子(アネット?)が一番可愛いですねw

蒼の彼方のフォーリズム  ★★☆☆☆
萌えゲーアワード2014大賞受賞作品が原作。2014年で一番評価を得たエロゲーって事ですな。
自分はADV(いわゆる紙芝居式ゲーム)には興味ないから全然知らないんだけど、原作の評価は高いらしい。

中身は今流行りの架空スポーツ&(日本では)マイナースポーツモノで、
跳べる靴・グラシュで空中戦するスポーツ・フライングサーカスってやつが題材。
スポ根しながら主人公が女の子達と仲良くなっていく・・・んだろうけど、
アニメでは誰かのルートとかってならない事が多いのでスポ根成分多めなのかも。

しかしまぁ誰もが考える事だろうけど、このグラシュが何で全国に普及してないんかなw
これがあれば人の生活に革命が起こると思うんだけど。あれかな、そんな事されたら交通機関とか、
エネルギー系の産業が食えなくなるから反対されてるのかなw
ああ、グラシュ同士は反発するから事故も多発しそうね。じーさんばーさんとか特にヤバそうw

やたらうどんが強調されてたけど、うどんは大きなネタの1つなんかな。
うどんアニメと言えば『ゆゆゆ』だが、『ゆゆゆ』を超えるうどんアニメになるのか!?
因みに一番好きなうどんは伊勢うどんです。讃岐の強いコシも好きだけどね。

エロゲー原作・架空スポーツモノのアニメ化と言えば、『ワルキューレロマンツェ』がある。
あっちも原作未プレイだったけど、エロゲー原作アニメでは唯一と言っていいほど、まぁ面白かったわ。
なので、一応こっちにも期待してるんだけど、フライングサーカスは空中戦つっても、
背中タッチでポイントとかってちょっと『ワルロマ』のジョストに比べてインパクトに欠けるねw
加えて、経験ゼロだけど、隠されていた意外な才能を発揮しちゃう天才肌なヒロインを、
主人公がセコンド的な立場から導いていく・・・ってのが『ワルロマ』とまんま一緒なのよねw

こういう事を言ってしまうのはどうかとも思うが、この手の作品のアニメ化は、
原作再販売(現に原作がまた売れてるらしい)やメディア(ハード)派生、及び新・中の人の宣伝等が目的であり、
アニメ化した時点で勝利なので、評価がどっちに振れても、ぶっちゃけあとはどうでもいいのよね。
だから『ワルロマ』と似てるとかって、内容に一喜一憂しても、
新規開拓に興味が無い人間としてはなんとゆーか・・・徒労に終わるというかw
だもんで、「これを目的に観る!」というものがないので最後まで観れないかも。

亜人  ★★★☆☆
『寄生獣』や『東京喰種』のように主人公や突然人外になっちゃった系のお話。
亜人は見た目は人と変わらないけど、死なないってのが最大の特徴ね。だから殺せば分かると。

17年前に亜人が発見されて、見つかっているだけで現在47人(うち日本人2人)・・・だったかな?
不死身って事で各国の軍関係の方々は亜人争奪戦を繰り広げているようで。
なかなか続きが気になる作品ではあるが、原作がまだ途中どころか、
途中で原作者が降りてしまっている作品なので、正直どうなんって感じ。
アニメにもその影響とかでそうで・・・。今んとこ、分割とかってアナウンスも無いよね?

案の定CGに賛否両論あるけど、CG作品の通過儀礼みたいなものだから評価の範疇には入れてない。
つーか、あのレベルでもダメなの?みんな辛辣よねぇ。取り合えず辛口で批評したいってのがあるんか?w
意見を見比べてみると、CG技術とは~と批判する人がいる反面、
お金かけてるから凄い~と褒めている人もいて、バラバラなんスよね。
結局、素人の専門分野への意見は気にしない方がいいってのが良く分かるわ。

結局、ストーリーが面白ければCGがうんたらかんたらってのは些事になる。
まぁ、「わざわざCG作品にする必要があるタイプの話ではない」ってのには同意するけどねw
『シドニア』は今考えると、CGじゃないとあそこまでの表現は無理だったからな。
『亜人』も今後、CGすげーと頭を垂れる瞬間がやって来るかもしれんよ。バトル要素もあるみたいだし。
日本人特有のCGアレルギーを払拭できる作品になるといいスね。


何かめっちゃ懐かしさを感じる動画だw

『蒼の彼方のフォーリズム』、TVアニメ放送効果で原作PCゲームが大好評! Amazonランキング1位へ
たった1話放送されただけでここまで効果あるんかw
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック