詠み人知らず
勝ったな。
電撃文庫・9月の感想1
■出海 まこと×ヤスダ スズヒト『鬼神新選③ 東京篇』  ★☆☆☆☆
鬼神新選③ 東京篇明治の初め。戊辰戦争を生き延びた元新選組二番隊長・永倉 新八は、
新政府の岩倉 具視に新選組局長・近藤 勇の首級捜索を依頼された。
だが、京都で近藤の首級を捜索する新八の前に現れたのは、
死んだはずの土方、原田、沖田だった。魔人と化した元同朋を追いかけ、
舞台は東京に。近藤の地元・調布龍源寺にて土方の部隊に囲まれ
死を覚悟する新八。その彼を助けたのは記憶を無くした斎藤 一だった。
果たして斎藤は敵か味方か。そして、近藤たちの真の目的は何なのか? 

○日本護ります派
永倉、斎藤=死人ではない、この時代生きてました。斎藤は諸説ありますが。
土御門 メイ=帝から日本を護るよう仰せ付かった幼き陰陽巫女。京都弁が可愛いw
篝炎=岩倉の身辺を探らせる為に旧松前藩主から派遣された御庭番衆のくノ一。

○日本転覆させます派
近藤、土方、沖田、原田=四人とも死人、アンジュによってふっかーつ。テラツヨスw
シスター・アンジュ=仏皇帝のルイ・ナポレオンから直々に派遣された妖術使い。巨乳。
市村 鉄之助=函館まで土方に付き従った実在した新撰組隊士。
         土方の死を国元に伝える為に多摩へ帰り、戊辰戦争を生き延びた。
         結構有名なあの某新撰組漫画の主人公はコイツです。
中村 半次郎=実在した旧薩摩藩の凄腕剣士。流派は示現流で、某るろうにも
          真っ青の抜刀術が得意だった。最期まで西郷に師事し西南戦争で戦死。

○どっちの勢力なんだよ派
岩倉 具視=明治政府の官僚ではあるが、きな臭い。公家出身のおじゃる丸。
服部 半蔵=岩倉お抱えの忍者。家康に仕えた史実の半蔵ではない。最強の忍に
        冠せられる名を代々受けついでいる存在。つまり死人に非ず。テラツヨスw

今巻で敵味方両方の主力メンバーが揃ったかな?
戦力的に見て、どうみても護ります派に勝ち目はないわけだがw
アンジュ、半次郎の目的もはっきりして、それから考えると今後、
黄泉還った死人達は利用されるだけ利用されてポイされる気が。

俄然面白くなってきたー・・・んだけど、何で評価が低いのか、と。
理由は圧倒的な薄さと刊行ペースの遅さ。今回も200P足らずと薄すぎる。新型PS2並w
この薄さで刊行ペースが1年以上とかありえないから。これがなかったら高評価なのに。
あとがきに「自分が書くとこのペースが普通」みたいな事を書いてた。こらこら;;
当時の風俗の描写を織り交ぜての剣戟物になってて面白いんよ。絵も大物使ってるし、
この刊行ペースでも、編集部は3巻出してくれるんだから作者はもっと頑張ってくれ!
内容がいいだけに余計惜しまれる。4巻はいつになるだろう・・・?(´・ω・`)
関連記事

テーマ:ライトノベル書評 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック