詠み人知らず
おろろ~
ゼノギアス型アニメ
Disc2かな?


このアニメの収穫は・・・最後に友利の笑顔が観れた・・・ってトコくらいかな・・・w


何か同じ匂いがするなぁと思っていたら、『俺ツイ』の挿絵担当が、『ダンデライオン』の作者だったんやな。

分割2クールって誰が得するの? 3ヶ月空くせいで熱気が冷めちゃうから1クール目で温めたのが台無し
分割するメリットに「制作スケジュールに余裕ができ、作画や作り込み、修正に時間がかけられる」、
「1クール目での反省を2クール目に活かせる」ってのがよくあるけど、1クール目で駄目な作品が、
2クール目で劇的に変わった作品ってあるか?総円盤枚数も増える(=出費が嵩む)し、コンテンツ寿命だって、
殆どのアニオタは3ヶ月単位で目移りするから、2クール目になる頃には他の作品が話題になってるべ。

アニメのOPでウユニ塩湖に頼りすぎな気がするのだが
ワロタwww確かにこれは頼りすぎだわw
まさかこんなに多いとは。製作側も気付いてないんじゃないか?
でもまぁ、作画のカロリー、見栄えや演出力を考えるとウユニ塩湖は完璧だよね。

今年のオリジナルアニメ・・・今期オリアニも終わったけど来期は大丈夫なのか・・・
今年は不作じゃのぅ。山の神がお怒りなのじゃ。

Charlotte
なんだこれ!?(驚愕)
話を纏めてみると、

1話:有宇、ゲス行為発覚で星ノ海学園強制編入
2話:友利らの境遇及び過去バラシ・狂った友利兄と対面
3話:ゆさりん
4話:野球
5話:スカイハイ斉藤
6話:妹死亡
7話:有宇自暴自棄、友利が救う・隻眼の細山田
8話:バンド登場
9話:有宇記憶復活、兄貴と再会
10話:能力者の真実・兄貴の過去話・タイムリープで妹救出成功
11話:海外のプロ(笑)登場、熊耳死亡
12話:熊耳死亡でお通夜ムード・有宇能力者根絶決意、友利と約束
13話:隻眼の死神(笑)による世界中の能力者根絶ダイジェスト・有宇帰還するも記憶喪失、友利恋人宣言

・・・なんだこれ!?(再度驚愕)
特に8話以降が歯抜けだし、高速だし、唐突トンデモだしで酷いの一言。『ゼノギアス』のDisc2の方がまだマシw
脚本は1クールアニメだって知らなかったのか?1クールが何ヶ月か計算出来ないアホなのか?

ピークは一連の妹関連までだったな。しかしそれもアニメのキーワードとかではなくて、
単純に妹ちゃんが生き死にしたっっつー、感情的な側面から感動したってだけ。
能力だとか「このアニメだからこそ」の要素は、最後まで琴線を震わせる事は無かった。

視聴者の考察を全否定する「~とは何だったのか」な要素が多すぎる。
友利がボコられてた理由は結局明かされずじまい。
高城は気になっていた家族関係とかは不明のままで、ただの賑やし役に終始。高城回はゼロ。
ゆさりんは、姉貴との別れはテキトーに数分で流された。ここに1話割いても良かったんじゃないか・・・。
妹死亡関連も、今思ってもやっぱりちょっとオカシイよな。もうちょっと違う殺し方無かったんかねw

思わせぶりに登場した友利兄貴やバンドは話の本筋に特に浮上する事も無かった。
熊耳は有宇の根絶展開で、能力者探知能力がある奴がいると邪魔だから殺されたんだろw
意味があったのか無かったのか良く分からないキャラ・展開ばっかだったのに変な所でご都合主義。

他にも、敵方として作中で度々話題に上がった科学者たちの詳細は一切無しで直接対峙も無し。
白柳さんの正体(?)、妹の友人ら(能力者じゃないの?)、バンドの能力(元能力者だよな???)、
海外のプロの時に出てきた口から光だしてた子等など気になるキャラ、要素が多数あったのにどれも補完ゼロ。
全てのキャラ、全ての要素に意味を持たせろとは言わないが、流石に無さすぎだし、あってしかるべき箇所にも無い。
なのに、次から次へとそういう思わせぶりな存在を出しては触れず、出しては触れず、みたいな展開をするんだよね。
散々風呂敷広げ続けたのにそれらを無視して、変な場所にゴール地点を指定したもんだから、
視聴者が視点を定められないまま終了。結局最後まで何だったのか良く分からない作品だった。

能力者根絶展開も酷いの連続。
子供しか発症しないはずなのに、明らかなオッサンが能力使っててまたまた困惑。
あと、分かってた事だろうに、能力奪いすぎて脳がオーバーヒートし、
妹死亡後みたいに有宇がまた壊れ、TVの前で「またかよ」と突っ込まずにはいられなかった。
更には、治癒能力奪ったのに使用せず死に掛け、記憶も失い、視聴者をこれでもかと冷めさせて、
目を治せば再びリープ能力使えるのに(妹の時は速攻使ったのにw)良く分からない理由で使わず視聴者を困惑させる。

てか、能力者多すぎだろ。あんなに蔓延ってるのに何で世界的に問題になってないんだよwww
どう考えも裏社会で収まる範疇を超えている。国々や国連が動いてない、把握してないのは不自然すぎ。
所で、根絶中は日本に立ち寄らなかったっぽいけど、日本の能力者は根絶出来たのか?
最後の能力者根絶のシーンも「いや、バリア能力とか治癒能力使えよwwww」、
「絶妙のタイミングで兄貴が助けに来たなww今まで何もして無かったのにww」って思った人は多い筈。
いきなり世界とか風呂敷広げずに(この時点でバンド等多くの要素を投げっぱなしにしてるのに)、
あくまで国内、あくまでVS研究者とかで良かったんじゃないかね。何だよ海外のプロって・・・冷めるわw

13425
声優陣がラジオ等で「ラスト泣けた」「思い返すだけで~」とか、
「台本読んで結末知ってるけど、感動しすぎてヤバい」とか言いまくってたから、
流石にラストは良い形で締めるのかと思っていたのに・・・泣けるとかそう言うレベルじゃなかった。
いや、声優のこの手の発言は殆ど・・・ってのは分かってるよ。でも今回は耳にタコが出来るほど聞いたんだ。
それならば・・・と思ったんだよ。それとも声優陣はマジで泣けたんだろうか。どこで号泣したのか教えて欲しいわw

風呂敷広げまくっておいて全く回収せず、最後は「良い話でしたね(ニッコリ)」で無理矢理終わる。
散々考察してきたけど何1つ話には関係無くて、視聴者はポカーンで劇終の字幕を見る・・・と。
視聴者置き去りっぷりでは、近作では『アルドノア』最終回に匹敵するレベルだった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック