詠み人知らず
『HORIZON ZERO DAWN』のシナリオ面白すぎひん?映画にしたらメガヒットするでw
Lv10バグデム
オーバーロードといったら真っ先にこれが浮かぶ俺、生粋のキモオタゲーマー。


OP&ED両方いいな!えーいーえいえー♪
EDのアルベドふつくしいけど、3話のフルアーマーアルベドも良かった。


可愛い(絶対正義)

『オーバーロード』ってアニメ3話まで見たけどなんか引き込まれるよな
>>HPのあらすじ見たけどどうせSAOだろ→なにこれSAOより全然面白いじゃん
これw

【賛否両論】アニメ版第2期『艦これ』の展開どうなる? シリアス要素はなぜ必要だったのか
俺ぁ別にシリアス、ギャグどっちでもいいし、共存しててもいい。ジャンル自体は気にならない。
問題はどんなジャンルであれ、ちゃんとシナリオが「シナリオとして息している」かどうか。
6話は神回だったらしいけど、俺はそうでもなくて「ただ普通に観れた、面白かった」という程度。
6話は展開が破綻してた箇所や、キャラを乱暴に扱うシーンが無かったから、他の回と無意識的に比較されて
神回だったと言われてるだけだと思うな。6話が「人気キャラのギャグだったから神回だ」と言っている人達には、
2期で「ちゃんとしたシリアス」をしてもクソって言われるだけだと思う。そういう人達はジャンル重視だから。

『ソードアート・オンライン』は原作が続く限りアニメ化しつづけるらしいぞ!
あの・・・『アクセル・ワールド』は・・・。

オーバーロード
21345
面白いな、ネトゲ枠としては当たりな気がする。3話はグロ描写あったけど、最近の作品には珍しく規制入らなかったな。
どうでもいいけど、デスナイトさんで『ガーヒー』の不死英雄戦士を思い出したのは・・・俺だけだろうなw

3話目にして、重大な勘違いをしていた事に気付いたw
これ、舞台は文字通り異世界なんだなw

流れとしては「ネトゲ『ユグドラシル』サービス終了日に、主人公(アバター名:モモンガ)は、
独りでギルド(アインズ・ウール・ゴウン)の自領地(ナザリック地下大墳墓)にて終焉の時を待っていた→
しかし終了時間になってもサービス終了せず&ログアウト出来ず→モモンガらギルメンが作った防衛用NPC達が
意思を持ち自立、モモンガに設定通り忠誠→なんじゃこりゃ~」・・・と、ここまでで物語は始まったと思ってた。

でもそうではなくて、「なんじゃこりゃ~→ナザリック地下大墳墓の外が『ユグドラシル』の風景じゃなくなってる→
しかし『ユグドラシル』のアイテムや魔法は使える→ここドコ!?」・・・と続いてて、ここからがスタートなんやね。
あたしゃ舞台はずっと『ユグドラシル』・・・つまりネトゲ世界の中だと勘違いしてたよw
公式のキャラ説明の箇所にも、「アバターのまま異世界に転移してしまう」って書いてあったわwwww

思い返してみると、確かに、アイテムや魔法が使えることを訝しんだり、モモンガさん色々調査してたもんなぁw
だからネトゲである『ユグドラシル』の部分はあくまでナザリックと元NPCの守護メンバーのみで、
3話で出てきた人々はナザリックのメンバーとは違って、元NPCではなく正真正銘の住民なのね。

それ故モモンガは、アンデッドアバターになった自分の感性の変化の確認、
この異世界に同じ様に『ユグドラシル』から飛ばされてきたプレーヤーがいないか情報収集を兼ねて、
あえてギルド名を自分の名前にしたり、村を助けたりして目立ってたんスね。いやぁ、得心得心w
俺つえーや中二病バカじゃなくて、現状把握しようと慎重になる主人公はいいね。

勘違いが解けると俄然面白くなってきた。現状、ナザリックの周囲には3つの国があって、それぞれが敵対。
プレーヤー探しと並行して、ロマサガみたいにフリーシナリオシステム採用のガチのRPGを強いられるって展開なのね。

何故、空想である『ユグドラシル』のアイテムや魔法が使えるのか(一方で貨幣は使えず、
少なくともここがプレイしていたMMO-RPG『ユグドラシル』ではない事が分かる)、
モモンガはこれからどう言う選択をするのか・・・そう考えると、1クールなのが惜しいな。原作買えってか?w
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック