詠み人知らず
おろろ~
絶対王者
強い!世界最強のストライカーに、世界最強のGK。他国とLvが違うさね。
アメリカはもう殿堂入りでいいんじゃないかな、つまり実質1位は日本ということですね!w

日本のパスサッカーが完全に読まれてて、試合の立ち上がりに躓いたのは痛かった。
「じゃあこうしよう」となるまでに時間がかかってその間に2失点。くぅ。

アメリカはパスカットは勿論、パスがミスするように・・・アメリカが有利になるように、
「ここにボールを蹴って来い」と言う風にパスコースを限定し、誘導していた。言わば、パスさせられていた感じ。
また、最前線が必ずボールを背を向けて打つように徹底的にマークしてたね。
前を向いて受けれてたら、ゴールになったかもしれなかったっていうシーンが何度もあった。

一方、攻撃では中盤を1パス2パス程度の単なる中継点にして、DFラインから兎に角素早く、
中盤ではファウル上等で突進してきて、ペナルティエリアでプレイする事を最優先。
基本的に「全てが得失点の可能性に繋がる」ペナルティエリア近辺でプレイ出来るように動いていた。
ペナルティエリア付近でプレイするとフリーキックやコーナーを得やすく、
事実、セットプレイから失点してしまっている。ボールが一端止まるセットプレイでは、
体格的に劣っていると守る方が不利だからなぁ。

日本の細かいパスサッカーだと、ペナルティエリア付近でプレイするには、
何度もパスを繋がないといけなかったので、そこを見透かされていた。
パスサッカーが有効な相手にはクリティカルだけど、アメリカのようなパワー型且つ、
格上の相手には芽を次々に摘まれてしまう。だからこそのフォーメーションチェンジもあったけど、
1つ2つの戦術変更で瓦解するほど王者は弱くはないわな。

アメリカは、パワーと縦ポンメインの実にシンプルなサッカーで、日本はチョコマカ動いて、繋いで・・・というサッカー。
アメリカのプレイはそんな技巧型チームを盤上の上から拳で「ごちゃごちゃぬかしてんじゃねぇ」と、
言わんばかりに駒ごとグシャっと押しつぶす様な、そんな絶対的なサッカーだった。見事だった。
男女共に、フィジカルで勝負してくる相手は本当に苦手ですな。これはどうしようもないんかねぇ。

しかし、負けはしたが世界第2位だぜ?銀メダルだぜ?胸を張って帰って来てくれ。
今日からまたイチ始まりだ。4年後・・・ではない。来年にはもう五輪がある。
女子サッカーには年齢制限がないから、五輪決戦はW杯と同じと思っていい。FIFAは否定するけどw
さて、これで何人かの選手が代表を後にするだろう。次にどんなチームになるのか楽しみだ。あと監督の動向もw
関連記事

テーマ:なでしこジャパン - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック