詠み人知らず
『天結いキャッスルマイスター』DLC第1弾(無料)きたあああ!!!
終わったセラフ

シノアも可愛いが、種崎さんが声やってるグレン親衛隊の1人(?)も好き。
種崎さんの声はホント「お金出してもいい声」だよなぁ・・・w


予想してた内容と違って爆笑したwwwこれ公式じゃないの?www
ハジけすぎだわwwwwwwwwwww

近年に放送されたアイドルアニメとその勢力についてまとめた画像が凄すぎる
わしはこっち系統には疎くてのぅ。
アイマスも、ソシャゲ版があるのはアニメ前から知っていたけど、
それが更にデレマスとミリマスに分かれてるのは知らなかったわw

終わりのセラフ
12345
今期話題(?)の大型アニメの分割前半が終了。
一言で言って、思ってたんのとちゃう(主に演出面が)と言う感じの作品だった。

スタートとゴールが決まってて、「分割前半はここで終わらせる」ってのがあったんでしょうね。
それは普通だとは思うがゴール地点の選定がミスだったのか、原作のせいなのか、制作陣の力量のせいなのか、
スタートとゴールの間の話が無理矢理びにょ~んと引き伸ばしたようなぎこちないテンポ&薄味展開だったのが残念。

それに追い討ちをかけるような作画の息切れ。戦闘は勿論、止め絵が多かったスね・・・。
戦闘の描写もかなり酷い。昔懐かしの「喋ってないで攻撃しろ」展開は当たり前で、お互い舐めプが基本。
人間側はたった数人のPTで「陣形!陣形!」煩いだけだし、退屈な戦闘が続いちゃってた。
これもまた、原作のせいなのか、制作陣の力量のせいなのかで評価が変わるけど、
もうちょっと互いの存亡をかけた戦いになってもいいんちゃう。今のままじゃ学芸会っぽいよw

まぁ、12話かけてシノア隊の面々がやっと“真の仲間”になったようだし、
シノアが「私、優の事好きかも!?いや、そんな筈は!」状態になってるし、
これからはワクワクドキドキな展開が待っている・・・と思いたい。

人間側、吸血鬼側双方一枚岩ではなく、権力闘争があるようで。
人間側は柊家ってのが絶大な力を持っていて、分家の出であるグレンはそれを変えようとしている、と。
だから人体実験などを通して、新たな力を得ようとしているのね。ただ、優の暴走は柊家派も知っているようだし、
暴走の力自体はこれまでにあったもので、優らを被験者にしたのは日本帝鬼軍ではないようね。
優やミカエラがいた孤児院が犯人かな?フィクションでの孤児院って闇の部分がある場合が多いしなw
で、グレンらはその力を受け継いで、新しい力を模索中と。

一方、フェリドは人間側の誰かと内通してて、他の貴族吸血鬼を出し抜こうとしちょる、と。
内通者は普通に考えると、グレンだよなぁ。1話で都合よく優が地上に出てきたところにグレンが駆けつけられたのは、
フェリドの情報があったから、と考えるのが自然だし。しかもその時、秘書子が「情報通りです」って言ってたし。
ただ、あまりにも普通すぎて、ミスリードの可能性もあるよな。インパクト的にはグレン四天王の誰かか、
シノア隊の誰か(勿論優以外)なんだけど伏線臭いものも無かったし流石に考えすぎか。

クルルはフェリドが人間側と内通してる事を薄々感付いてるっぽいな。
多分、それを暴く為にミカエラを従者にしたんだろうし。

後半ではこれらが明かされるのかと思っていたけど、原作でもまだ分かって無いらしい???
え?じゃあ前半最後のシーンをフェリドと内通者の会話にしたのは、後半への引きと言う意味合いだけ?
それとも、アニオリで後半で正体が判明したりするんじゃろか。

どうでもいいけど、ネットを見渡すと女性の感想がめっちゃ多いな。
優とミカエラ、グレンとそっち系にし易い男多いしねw
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック