詠み人知らず
おろろ~
子丑寅卯辰巳・・・
うん、やっぱり午のせいだなw


最終的には十二支全員で歌うみたいね。
でもこの村川さんって声優さん?本編出てないっすよね・・・w


普段と演技時が違う声優さんは多いけど、更に歌う時も別人になる声優さんもいるよね。
最近だと相坂 優歌さん、りえしょんこと村川 梨衣さん、へごちんこと大橋 彩香さんの3人やな。歌ってる時マジで別人すぎ。
特に相坂くんホント好き。応援ツートップの1人だわ。この動画だと、ちゃんとangela風に歌真似してるのも凄いよな。
この前の『えとたま』のコメ打ちニコ生で、1人だけコメの内容が異彩を放ってて吹いたわ。たまに闇が溢れてしまう所も好きw
相坂くんはへごちんに続いて、本人名義でソロデビューして欲しいわ。若手で一番歌唱力あるで。


『WIXOSS(ウィクロス)』が劇場版制作決定!!
ぬおお!?イベントで発表つーことは普通に考えて新規じゃなくて、続編だよな。
2期の終わり方から考えるに、やっぱりウリス関連かな。

アニメの二期三期が来ない作品の情報を出してくスレ
『我が家のお稲荷さま』はそもそも原作者があのジャンルに飽きている説が濃厚。
以降、書いている別作品は毛色が違う作品ばかり。面白い作品だったんだけどなぁ・・・。
『境界線上のホライゾン』の2期はそのうち来そう。序でに『終わりのクロニクル』もアニメ化して欲しい。

『はたらく魔王さま!』は噂が本当なら残念だな。原作の方は順調に巻数重ねてるのでストックは十分よ。
『妖狐×僕SS』はついこの間までは「原作組なら分かる理由で2期は無い」だったが、
今は「2期は物理的に不可能」ということになってしまった・・・いやぁ、ショック。マジでショック。

日常系アニメって風化するの早すぎじゃね?
そらそうよ。日常系ってのは、よく言われる「頭空っぽにして見れる系(=頭に残らない)」なんだから、
よっぽど視聴者に訴えかけられるプラスαな部分(例えばギャグが超面白いとか)がないとベルトコンベアよ。
『らきすた』とかが出た時代は日常系の走りみたいなもんで、生き残る作品も多かったけど、今はいちジャンルになってて、
日常系専門誌な漫画雑誌も多い。同じレベル帯の日常系同士が食い合ってるから、余計、風化する確率が高い。

えとたま
変態キャラ・・・中の人が松井 恵理子さん・・・うっ、頭が・・・w
モーたんがにゃ~たんのヤンデレストーカーなのは、中の人繋がりで紅緒様を意識しているんだろうかw
それとも丑年には変態が多いのでって事ですか?w

12345
1話でのメタ台詞の通り、2話は十二支顔出しと、ETM12(干支バトロワ)の説明回だった。
ニコ生見てきた自分は、かなーり前から設定知ってたけどね。ニコ生、去年の11月くらいからやってるんでw

にゃ~たんは「一度でも負けるとプリティモードに変身出来なくなる=ETM12参加不可になる」だから、
負けたら話が終わっちゃう。つまり基本的に勝ち続けるって事だろう。戦闘は最初から緊張感とかは排除してるって事ね。
まぁ、この設定でガチバトル望んでるって人は少ないだろうから大きなマイナス要素にはならんだろう。
ただし、「にゃ~たんは記憶が欠落している」との事なので、ここはぶっこんできそう。

一方、「干支神は何度でも戦える」だそうな。これは担当回後の干支神の退場を防止する為の設定だな。
この設定を利用して、中だるみを防ぐ為の干支神VS干支神回もありそう。流石ににゃ~たんVS(順番に)干支神だけではな。

仮ににゃ~たんが干支神になったら誰かが蹴落とされるって事なん?
基本的に悪人キャラがいない話なので、蹴落とされるってのは無さそうなんだけど。
つーか、蹴落とされるのなら現役干支神らは、あんなにのほほんとしてられないだろw
モ~たんは十二支序列2位なのに、最初のバトルでいきなりそんな大物倒されたんやで?ヤバいべ?w
除籍無しだろうから、最終的には“十三支”になって終わるか、十二支と言う概念自体破壊して皆幸せエンド、かな?

1話より面白くなったけど、やっぱりTV視聴ではその面白さを100%堪能する事は出来ない。
中の人達がリアルタイムコメしまくるニコ生TS視聴こそが、『えとたま』の真価が発揮される場所ね。
ところで、あのコメ打ちも当然“仕事”なんだよな?アニメ自体は商業的にどうなんじゃろって感じやけど、
ニコ生、イベント、ラジオ等の過去例が無いくらいの連発具合。声優的にはオイシイアニメなんじゃない?w
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック