詠み人知らず
『天結いキャッスルマイスター』体験版きたぁ!エウ・・・復活したか・・・(感涙)
2015春アニメ第一印象 その2
大体の深夜アニメの1話終了時点の感想~。

■ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
あのさぁ・・・ダンジョンに出会いを求めるって、実際はネカマと闇霊しかいませんよ?w

言うまでも無くラノベ枠。中の人的に『SAO』と被るけど(これ系主人公特有の無双モードに入ると、
どうしてもキリトが出てきてしまってた。致し方無いが)、あっちみたいな絶望さは無いようですね。
男キャラが少なく、主人公がいきなりハーレム確定状態と、非常にテンプレラノベ臭いが、
前期のクソラノベ四天王のお陰で、ラノベモノの評価は敷居が下がっているのか、1話はそこそこ良くみえた。

■ハロー!!きんいろモザイク
旅行先の温泉で至福やなぁと感じるも、自宅に帰ってくると何やかんや言うても我が家が最高やな~と思う時のアレ感。
自分はやっぱり『ごちうさ』より、こっちの方が好き。少なくとも、あっちよりはコメディ部分が面白い。
つーかさ、OP主題歌のCMでオタどもが映ってて台無し感ハンパなくない?あれ、PVとしてどうなん?w

■SHOW BY ROCK!!
サンリオ原作のスマホゲー枠であり音楽モノ枠であり、3DCGモノ枠。
原作のゲームジャンルは音ゲーで、原作は最初からMIDICITY(だっけ?)っつー世界だけしかないみたい?
一方、アニメでは主人公は現実世界の子で、「音楽を志す内気な眼鏡少女のサクセスストーリー+対バン」が基本?

アニメオリジナル要素(?)の「MIDICITYと、現実世界の交差」についての描写に期待。
1話冒頭の現実世界で出てたバンドメンバーって、MIDICITYでシアンが出会った獣っ子達か?似てただけ?
仮に同一人物なら、シアン以外のサウンド世界住人も現実に存在してる?最後は、MIDICITYで成長したシアンが、
現実世界でもバンド組めて、「やっぱりロックって最高ー!」とか言いながら終わりそうw

シアンのミューモン(MIDICITYの住人。3DCGモード)Ver.がめっちゃ可愛かった。流石マスコットのサンリオさんや!w
今期はCGモノには『えとたま』『シドニア』とライバルが多い(特に『えとたま』は同じ2D+3DCGなのでガチ殴り合い)んだけど、
この作品のCGも凄かった。ねんどろいどみたいな質感のキャラがヌルヌル動いてたわ。CG技術ってホンマ日進月歩やなぁ。

■響け!ユーフォニアム
こっちは純粋な音楽モノ。京都が舞台の京アニ製作アニメ。と言う事で、『中二病』に続き京阪電車も登場w
作画力は流石の京アニだった。1話が美麗ってのはよくあるが、京アニは最後までこれを維持するから凄いよな。
原作は皆京都弁らしいけど、全国区アニメだし、中の人の出身地(メイン4人関西出身者ゼロ)的にも標準語でしたな。

実は、妹が吹奏楽部だったんやけど、ダメじゃない金取っちゃうくらいな某強豪高出身なので、近くで色々見聞きしてたり。
恐らくアニメの舞台となっている高校の元ネタ高校は・・・いや、違うかもしれないけどw
早速、『けいおん』と比べたり混同してる人がいるけど、軽音楽と吹奏楽はまた違うから、話も違ってくると思うでw
でもまぁ当分は「『けいおん』みたいに~」とか「『けいおん』と違って~」とか言われまくるんだろうなw

久美子には「思った事をすぐに口に出してしまう」という物語上美味過ぎる癖があるので、
この不和の種が、どう花開くのかってトコですかね。吹奏楽あるある描写にも期待。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック