詠み人知らず
2017年9月25日 けもフレショック(日本)
デリシャスメル
がうがう。


密子クマちゃん退場なの?2番目に可愛い子だったのに・・・w


アニメの提督無能すぎてワロタwwww
史実通りやるんなら、途中でアニメ終わっちゃうじゃん!だってこの後・・・w
轟沈させたらオタ達が発狂するのは分かりきってるから(既に如月提督さん達がツイ等で発狂中w)、
後で「実は生きてました~」か「一旦敵として再登場するけどでも想いのパワーで・・・的な」展開にするんじゃね。
制作側はそこまでアホじゃない・・・はずだ。日常系メインで行くつってたし。
某マミさんのせいで、3話はインパクトある話を持ってこないといけないようになっちゃっただけなんだw



有能音響監督好き。誰だって最初は皆ぺーぺーやしな。
つーか、人気・歌唱・容姿で選んでるのって作り手側だけじゃないよな。寧ろ・・・。

今期のラノベアニメ達、レベル高すぎだろなんだこれwwwwww
ここまでくると、他の良質ラノベ書いてる作家さん達は風評被害で訴えていいレベル。

『ユリ熊嵐』の幾原監督「今、男女のキャラクターで恋愛を描くのは難しいと思う。
現代で愛を描くには百合というジャンルはとても良いなと思った」

“透明な嵐”こと、俺達キモオタがある事ない事でギャーギャー騒ぐからねw
何だかんだつったって、キモオタは“透明な嵐”代表だよ。クマに敏感。
そーゆーヒトであるキモオタが社会に受け入れられ日が来る事なんかねーだろーな。

【悲報】ついに『クロスアンジュ』にも○○警察が出動wwww
俺もいつか乗馬警察として出動する日が来そうだなw

ユリ熊嵐
あら~あら~あら~あら~あら~
相変わらず難解な展開が続いてるぜw

「透明になる=群れる、没個性化、自己封印」って事じゃねぇんかな。
“有色であるもの”を認めない同族他者嫌悪人間、及びその社会を暗に批判してんじゃあ?
そーゆー人達が出てくると、“透明な嵐”によって出た杭を打たれる、と。

“透明な嵐”は過度な常識やモラルにすぐに照らし合わせ、
“有色であるもの”を半ば強制的に消し去ろうとする空気や無言の圧力。
“和”を乱すもの・・・いわゆる、「空気の読めない奴」を排除しようとする無意識集合体。
で、クマはそれでも“色”を持ち、反社会的とされても“透明な嵐”に抗うもの。
ユリはクマでもなく、群れて、没個性化、自己封印したヒトですらないコウモリ的存在、って事かな?
作中のヒトもクマも根源は一緒なんじゃないかな???

何かどんどん登場人物(クマ含む)が退場していっとるな。“透明な嵐”の“外”にいる存在だけが
消されていってるのならまだ分かるが、“中”にいる人物(非クマ含む)も消えていってるしなぁ。
クマがヒトを「食べる」、ヒトがクマを「殺す」スイッチがよく分からん。
その鍵がユリ裁判なんだろうけど、あれのせいで余計にこんがらがるってゆー・・・w

クレハの担任が、クレハの母親を食べた犯人(犯クマ?)っぽいなぁw
彼女は“百合”姓ではないが、名前がユリーチカだし・・・w
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック