詠み人知らず
『天結いキャッスルマイスター』DLC第1弾(無料)きたあああ!!!
この選択は・・・

ピルルクたんと入れ替わりでバスから降りてきたのがミルルン、公園にいた結月を見つめてた少女が花代さん、
自販機の前にいたのがちより、そのちよりを遠くから見守っていたのがエルドラ、
横断歩道ですれ違ったのがフタセと文緒、電車の中で一衣に声をかけてきたのが緑子ですな。
アンだけ見つからなかったなー。見た目的には一番好きなルリグだったんやけど。横断歩道前にいた女性か?
あきらっきーが青デッキ一筋って知って、微笑んでるピルルクたんが可愛すぎですねw


公式は毎回提供で遊びすぎなんだよwwwwwww
本編とのギャップで吹くしかねぇだろうがww

【東京が最強】深夜アニメの都道府県別放送数の総計を出したら地域間格差が凄い事に!
流石の東京。でもこの表、所々間違っちょるね。
大阪UHFナシになってるけど、兵庫と京都のUHF入るから、それ足したらもっと上行くな。
山梨って首都圏に近いのに冷遇されちょるなー。ってか、キー局系列がない都道府県とかあんのな。
どうでもいいけど、昔田舎(高知)に帰ったら、夕方に『いいとも』やっててビビッた記憶があるでw

selector spread WIXOSS
繭・・・合掌・・・タマ+ユキ合体!マユ可愛い!ピルルクたんきたー!緑子さん!この少女は・・・
どう着地するのか不安だったが、中々のハッピーエンドになったな。
中でも評価したいのは、絶対悪・どうあがいても悪・四方八方悪のウリスが救われなかった点。
混乱してる人多いみたいやけど、作中の人物を3種に分けると、

元々人間、既に故人=繭   元々ルリグ、つまり繭の空想の存在=タマ、ユキ
元々人間、現在人間又はルリグ=るう子、結月、一衣、ウリスなど

となって、ウリスはあれでも元々人間なんだよなw
ウリスは人間時代(何が怖いってこれが10代の少女だったって事だよw)から、他人の破滅させたり、
嬲る事で快楽を得ていたサイコパスな存在。そんなウリスが出会ったのが作中のウィクロスシステム。
願いを叶えられるルリグという存在になる事で、半永久的に他者への破滅・嬲りを行える、
しかも人間という器を捨てられ(ウリスは人間時代から人間であることに価値を見出していなかったっぽい)、
人の法の頚木から脱する事ができるんだから、彼女にとってみれば神システムだわなw

多分ウリスは、多くの少女の中で唯一ウィクロスシステムを全力で歓迎し、最大限悪用した存在。
こーゆーのって、意外と因果応報を貫かない作品が多いんやけど、このアニメではそれを貫いてくれた。
一方、あきらっきーがそうならなかったのは、性格に難はあるが、彼女のせいではない生活環境がソレを形成した一因であり、
ウィクロスに出会う前・・・つまり“前世”での行いは悪くはなかったからかな?

・・・ただ、ウリスの場合も、「ルリグとして消滅=死亡」かどうかは何とも言えないんだよなw
ウリスは、るう子の願い「全てのルリグを人間に(ウリスは元人間・現ルリグ)」の範疇だからなー。
また、元々ルリグであるマユ(タ“マ+ユ”キ)は最後、人間に転生できたのかどうかも濁されたし。
ラストシーンでマユらしき“人間”が微笑むシーンがあったが、あれは現実かどうか不明だ。イメージ絵かもしれんw
結局、その人間(?)マユらしき人物は、エピローグでるう子ら誰とも出会ってないからね。
仮に3期をするとしたら、ウリスの最期(?)と、人間(?)マユの存在が鍵になりそう。

つーか、緑子、花代、ピルルクたんら、皆ルリグより人間バージョンの方が可愛いよなw
美少女たちがフツーにウィクロスに興じる作品なら、違う意味で人気出たと思うけど、それをせず、
「これ、販促アニメだよな・・・?」な、どうあがいても絶望作品にしたスタッフ達はある意味で英断だった。
アニメも原作も売れてるみたいで、結果的に判断は正しかったちゅー事やなw
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック