詠み人知らず
どわあああああああああああジャックポット2回目当たったあああああああああああああああああああへええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
落ちろカトンボ!

こういう映像いいなー。アイーダ役の声優さんふつくしいね!


10話の戦闘も良かったね。「恋を知ったんだ!誰が死ぬものか!」って名言すわw
しかしながら、11話の宇宙での戦闘も凄ぇ良かった!これぞガンダムですわー。
ウーシァもかっちょいいけど、クリム専用機(?)のジャハナム宇宙カスタムがヤバすぎぃ!
今んとこジャハナム宇宙カスタム、バララ専用マックナイフ、ヘカテー辺りがいいな!もっとMS出してー!
アルケインっていつもやられ役だけど、ガンダム系のMSだから本当は強いんだよね?姫様が操縦下手なだけだよね?w

今期のエロゲ原作アニメは大豊作?ここまで見てきてどう?
言われるまで気付かんかったけど、『Fate』ってエロゲ枠だったんやなw
『Fate』はいい意味で論外として、他のエロゲ枠だと『グリザイアの果実』しかもう見てないわ。
『グリザイアの果実』もちょっときつくなってきた。早く本編入って欲しいな。
でも『グリザイアの果実』の主人公の「睡眠の重要性!」という台詞はティンときた。
職場でも事あるごとに「睡眠の重要性!(訳:もっと休ませろ)」って言いまくってます!

ノイタミナ枠、2015年から1時間から30分に縮小!
もうそれ“枠”って言わない気がするが・・・。
他局と被ってる曜日変更するとか他にも対策あったんじゃあ?

ガンダム Gのレコンギスタ
クリムのジャハナムかっけー!マスクはベルリに気付いてるマックナイフなかなかかっちょよかったバララさんはメインキャラ?マスクを待つ女
一気に各勢力が入り乱れたので整理しておくか。まず、今行われている戦いは、
一言で言うと、キャピタル・タワー争奪戦。詳しく言うとタワー頂上部・ザンクトポルト制圧戦。
「フォトン・バッテリーが最初に送られてくる“聖域”ザンクトポルトを征る=タワーを征る=地球を征る」だからね。

当然キャピタルはそれを阻止したい。また、悉くタブーを破る「アメリア死ね」な思いもある。
と言いながら、キャピタルも一枚岩ではなく、アーミィはタブー破って軍拡したいって考えだからな。
それでもスコード教があるから、戦艦ガランデン(マスクらの母艦)はゴンドワンから調達してる。
戦艦を作る(=宇宙世紀時代の技術)のはR.C.では本来タブーだからね。

結局どの国も、自国が優位に立つ為にタブー破ってる、または破りたくてしょうがないんじゃないかw
今の核兵器云々みたいな時代と何も変わってないねw

で、キャピタルはキャピタルで、法皇(宇宙世紀再来はダメ、フォトンバッテリーは神!つってる教祖)と
クンパ大佐(アーミィの偉い人。地球人はクソつってた人)で思惑は違ってるっぽい。誰と誰が手を結ぶんかね。

更にキャピタル(マスクの親玉・クンパ大佐勢力)は海賊にGセルフとラライヤの引渡しを要求中。
当然、海賊(アメリア)は「ざけんな」だし、アメリア本国はこの機に乗じてタワーを奪取し、
地球圏の勢力図を塗り替えたいって狙いがある。だから本国は統帥権を持つ将軍(アイーダ父)を無視して、
大統領(クリム父)命令で本隊(旗艦はサラマンドラ。指揮官クリム、副官ミック)を発信させた。

アメリアはキャピタルの同盟国ゴンドワンと戦争中。だからタワーを奪取すると、
ソレも優位に進められるんで、資源ゲット、戦争勝利と一石二鳥な訳ね。

尚、本来、タワーを守る役目だったガード(警察)は、アーミィ(軍隊)の横暴や方針に疑心。
更にタワーの運行長官であるベルリの母を助けた恩もあって、一部が海賊側についてる。

海賊は元々はアメリア所属だけど、今は違う考えの下、動いている。
アメリア本国は言わばタカ派・武闘派。力で征圧しようとしている。「タブーとかンな古臭い事言ってたら、
“宇宙からの脅威”に対抗できないだろバカモン。やらないなら俺達がやるからタワーよこせ」ってのが言い分。
海賊はその逆。「“宇宙からの脅威”対抗には賛同するが、協力し合おう。お前ら双方悪い所あるよ。
このまま前面戦争になって、地球が疲弊したら元も子もない。敵さんの思う壺でしょ」ってのが言い分。
だから、海賊はタワー征圧戦には参加しているが、本国の強硬手段は止めたいと思っている。

とまぁこんなキャピタル・海賊・アメリア三つ巴(スコード教を加えた四つ巴?)な感じ。
まずは地球圏内の勢力争いに決着つけましょうって事かな。ずっと言われている“宇宙からの脅威”については、
まだ影すら見えてこない。宇宙戦が終わったら、月や金星に向かうのかな?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック