詠み人知らず
(∩*´ω`)⊃━☆゜.*・。
アキラブリー爆誕

黙れよ三下ァ!ゲス野郎のゲス声でゲスな名前を呼ぶんじゃねぇよ!


やっぱりきたwwwwwwwwwつーか仕事早ぇwwwwwwwwwwwwww
絵が一致しすぎている・・・これはまさか、ウィクロス公式が我らファンタ難民に擦り寄ってきた可能性が・・・?

ぬ~べ~の作者がいい人過ぎて泣けるんだが・・・
原作ファンとして観てみたが・・・ツッコミどころが多すぎて泣いた。
特に日本語片言のゆきめ・・・卒倒しかけたわ。流石にあれはないだろ・・・。
よりにもよって日本妖怪の雪女に日本語片言韓国人タレントて。普通に日本人使えよ・・・。

『あいまいみー』まさかの実写版の話が動いてた!麻衣役できゃりーぱみゅぱみゅにオファーして断られたwww
クソワロタwwwwwwあいまいみースタッフぶっ飛びすぎだろwwww

『ガンダム Gのレコンギスタ』今週の第4話の戦闘シーンはまじで凄いらしいから期待しろよ
おお、これはいい世界地図。リンク先に良い情報源が載っちょりますわ。
こういうファンタジーロープレモノや、戦記モノ、大きな世界観付きバトルモノがつまらんってすぐに切る人ってのは、
大体が事前にある程度、世界観や専門用語を理解していなかったり、頭ん中に地図を書けない人、
そして考察が面倒臭い人じゃないかって思う。これらを、視聴しつつリアルタイムで整理していくのは大変だからね。

また、最近のアニオタはこーゆー作業を嫌がる人も多いからね。
だからこーゆー作業が必要ない、いわゆる美少女動物園や日常モノが人気が出る。
「ブヒれるアニメ」とはつまり、上記の様な作業が必要ないアニメと言い換えてもええかもね。

某脚本家が「最近は3話までにそのアニメの要素全ての売り部分を盛り込まないと、
アニオタ達にすぐに飽きられるから大変」つってた。世界観や勢力図、キャラ、原画の美麗さなど、
特にファンタジーロープレモノや、戦記モノ、大きな世界観付きバトルモノはその“要素”がかなりあるから、
3話までにそれら全てを入れるのが大変だとも言ってたね。
反対に美少女動物園や日常モノは最低限、キャラや原画を売り込めばいける可能性大だからな。
こういうジャンルがアニメ化するのが多い理由の1つなんかな。

selector spread WIXOSS
傷が・・・アキラブリー楽しそうっすねw怖い・・・中身はウリスしてやんよ!
アキラッキーがイオナ(中身はウリス)に完全に調教されててクソワロタwwwwwwww
精神状態で変わるアキラッキーの声色凄い。赤崎さんの演技マジパネェわ。ゾクゾクするぜ・・・w

つか、ウリス絶対何か企んでるだろwwww
「あなた(アキラッキー)に憧れていた」とか「奮い立って欲しかった」とか胡散臭すぎwww
1期のウリスはそんな感情を持っているヤツの態度じゃなかっただろwwww

アキラッキーの生い立ちが垣間見える回だった。実家や家族関係から察するに、
経済的にも、精神的にも裕福な環境(草臥れている感じがあったが、お母さんは綺麗だったねw)ではなかったっぽい。
そこから「信じているのは自分だけ」とか、「私はお前らとは違う」という下地からくる、
いつでも相手を蔑み尊大な態度をとる、平常運転のアキラッキー様な歪んだ性格になっちゃったぽいな。
一流読モになったのは彼女の努力だろうから、それは否定しちゃダメだろうけどね。

そんな平常運転が出来ない相手こそ、「自分にはない全てを持っている」イオナだった訳やね。
アキラッキーはイオナに、自分のコンプレックスへの怒り全てをぶつけていたんや。
結果、完全敗北、読モ謳歌終了。ある意味アキラッキーは過去の自分に負けた、と。
しかも復讐対象たるイオナも自分だけ願い叶えてさっさと人間止めちゃって、空っぽになっちゃった。

そこにウリスの甘言か。自分しか愛せないあのアキラッキーが、アキラブリーに改名してしまうほどの威力。
でもウリスの言うアキラッ・・・いや、アキラブリーの魅力って作中何度も言っているように、激情や憎悪なんだよなぁ。
つまり、ウリス的にはイオナや世界への復讐心とか憎悪を持ち合わせていないアキラブリーなんてカスなんだよなw

再びセレクターになってしまったアキラブリー・・・。
ウリスの甘言に調教され、掌で踊る道化になってしまったアキラブリー・・・。
アキラッキー改め、アキラブリー。奈落直行待ったなし!(期待)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック