詠み人知らず
どわあああああああああああジャックポット2回目当たったあああああああああああああああああああへええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
ぱーっと!ぱーっと!

あぁ^~~~~!


うめぇwwww


ここまでゲス顔が似合う少女漫画の主人公がいるだろうか・・・w


るみるみの演技力がどんどん上がっていくwwwww
こうしてみると、うららの出血量ヤバイなww5話までで既に致死量いってんぞw

『艦これ』アニメのPV見たんだがクッソワロタwwwwwww
海上棒立ちスィ~は何の冗談なんだよwwシュールってレベルじゃねぇぞw
最低でもサーフィンスタイルにするとか、もうちょっと何とかならなかったんか?

アニメ『艦これ』の戦闘シーンと『アルペジオ』の戦闘シーン比較!お、おう・・・
まだ間に合うから内容を『アルペジオ』2期に変更しとけw

月刊少女野崎くん
あぁ^~ライバル出現!?けんさーん!うぜぇ・・・wあぁ^~心が~
チョイ役や小ボケ要素に大物声優使ったり、千代ちゃん七変化で映えたり、
漫画パートに動きが加わったりと、この漫画はアニメ化する事に対してはメリットしかねぇなw
ウザ編集者・前野の声が小野さんで、原作よりウザさ&面白さ倍増だし、
マミコなりきり回が声が付くとこんなに破壊力が増すのかとw

OPでタヌキが虐殺されている理由が判明しましたね。
野崎君の部屋にもさりげなくタヌキが置いてあるけど、あれも前野の仕業なんだろうなw
漫画家と編集者のやり取りって、実際あんな感じなんかな。編集の力量って凄く大事やね。

野崎君が描いてる『恋しよっ』って、アレ最早ギャグ漫画だよなw
でも少女漫画連載の王道恋愛モノなんだよなぁ・・・。
少女漫画って真面目に恋愛モノ描いてるからこそ、ギャグ化してる作品ってのが結構あるんだよねw
まぁ『恋しよっ』くらいぶっ飛んでる作品ってなかなかないけどw

飽きさせないように上手い事、各エピソードを良い感じにくっ付けてんなー。
毎回新キャラだせるのもそうだけど、話の配分でクオリティ高められるのはギャグや日常系アニメの強み。
新キャラがでると、新しい“エリア”が広がって話が面白くなる。普通は毎話新キャラ出ないもんな。
勿論、これらは原作が面白い事、アニメスタッフ陣が有能である事が大前提だけどね。
それが原作に還元されたらもう言う事ないっしょ。原作めっちゃ売れてるらしいやん。

だとすると、後半が勝負か。もともとのクオリティが高水準だし、
後半はそれぞれのキャラにファンもついてる(特に千代やみこりん)だろうから安泰っぽいな。

ハナヤマタ
ロリ~サリー先生主人公力発揮中不安な部長wツンユリのヤヤちゃん
なるの詩的で恥ずかしい台詞によるメルヘンモードって半ノルマなんだなw
実際、ああいう良いことだけどクサい台詞吐くのってこっちも赤面しちゃうよなw
が、女子だと激しくニンマリ出来るのでヨシとする。ギップ●だって「クサさ最高潮!」て言ってただろ?w

もう5話で、そろそろ折り返しだけど、まだ仲間集めやってるなー。
しかしながら、こういう仲間集めって結構好きだったりする。
ガキん頃に見ていた戦隊モノでも、リーダーの赤が、白や青と、仲間集めの時期が一番面白かったw
逆にすぐに仲間が揃う、ましてや最初から5人揃ってるとかって戦隊モノはクソ。その時点で見る気なくしてたw
時に青や黒が反目して、仲違いしかけるけど、その度に困難を乗り越えて、
次第に絆が深まっていく・・・ってのが好き。ありがちかも知れんけどねw

このアニメもその過程で絶対シリアス来るよね。ヤヤが誰か(本命はハナかな?w)と衝突しそう。
アニオタは諸々の理由(割愛)でシリアス(特にこういう可愛い女の子ランドなアニメで)を嫌う傾向があるので、
そん時どう評価されるか、だの。

最後に一筋縄ではいかなそうな生徒会長が仲間になるのか。
OPを見るに、「ツンツンに見えて実は可愛いもの好き」とか女の子部分があるタイプの子かな?
気のせいかもしれんが、ハナに時々影が差してるような・・・家関係とか過去関係なんかあるっぽい?

ところで、よさこいショップのマフィア梶田はサリー先生とくっ付くんか?w
サリー先生は例に漏れず「美人だけど、行き遅れていて、結婚願望人一倍」キャラ。
中々可愛いのでサリー回欲しい・・・けど、仲間集めすら終わってないので、チョイ役のまま終わりかなぁ?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック