詠み人知らず
(∩*´ω`)⊃━☆゜.*・。
宇宙の意思が!人類の無意識が!
終末を望んでいるのだ!


SAN値ががががっががgggg:(;゙゚'ω゚')


歌はヘッタクソだけどなんかクセになるなw


何か昔の絵の方がよさげに見えるんだけど・・・。
コレ何年前だ?調べたら1992年だって。妹と一緒に見てたのは覚えてるw
最新作のクリスタル見たけど、殆ど記憶になかったからWIKI読み耽っちまったぜw

『SAO』2期やるより『アクセル・ワールド』2期やってほしいと思ってる人って結構いるよね
はい。

なんでアクセル・ワールド二期ないんや!!!!
ニコたんに会いたい・・・。

作者の川原 礫氏「AWの2期は常々実現してほしいと思ってるが、
制作のサンライズ8スタのスケジュールが『ラブライブ!』によって当分空かない」

これってつまり、2期は現在のところ白紙、ぶっちゃけ無理ってことじゃねぇかw
スーパー金のなる木である『ラブライブ!』をそう簡単に終わらせる訳ねぇ。映画化も決まってるのに。
んじゃあ制作会社変えて・・・って思うけど、その辺はなんちゃら権とか色々な大人の事情ややこしいんだろうな。

人生
メガネ≧ポニテ>巨乳スケスケだぜ!ほ、ほわー!ほわー!眼福あらあらうふふ♪
何かこー・・・どかーん!って爆発力があるわけではなく、淡々と会話劇が進む感じか。
結局ラノベにありがちな男1人に女多数の構図になるっぽいけど、
テーマがテーマだけに中身スッカスカにはならなそう?主人公の男も中々好感触。

まぁでもぶっちゃけ(少なくとも現段階では)、絵でもってるよなw
単品じゃ対して美味しくないモノを、美少女達が大騒ぎする事によって成立させてる感じ。
最近「これ、5分(か15分)枠アニメの方が良かったんじゃない?」って作品多くない?

理系メガネ、体育会系ポニテ、文系巨乳(+主人公)が人生相談を受けて、
それぞれの得意分野から答えを出す形なんだけど、アニメでは動きがある分、
答え(=文章)より、キャラにスポットライト当たっちゃってるけど、しゃあなしやな。
今後どうなるかわからんけど、お色気シーン満載な辺り、制作側もそっち重視の方がええと判断してるっぽいし。
人生相談バラエティっつーテーマを意識せず、頭空っぽにしてみた方がいいタイプの作品やなw

3人のヒロインの中では、理系メガネが好きかなー。
今期メガネキャラが豊作やなー。

伝説のクソアニメ『悪魔のリドル』でファンになった諏訪 彩花さんが、
体育会系ポニテの声を当てているので、自分はそれ目当てで見ようかな。
色んな声出せて凄い声優さんだと思うわ。中の人のリアルがポンコツなのもいいw

アルドノア・ゼロ
どっちか死にそう死にそう死にそう死んでそう殺しそう
火星の新人類VS地球の旧人類、新たに見つかったオーパーツ的新技術って事で、
ガンダム(特に初代、Z辺り)シリーズは勿論のこと、
『ANUBIS』や『アインハンダー』の設定を彷彿とさせるな。

【アルドノア】ってもんが『ANUBIS』で言うメタトロンみたいなやつかな。
地球側にはこの技術がないので、圧倒的に弱いらしいけど、
タイトルに“ゼロ”とあるのが気になるな。ゼロ・・・原初・・・って事で、
この技術の元が地球にありました、主人公たちがそれを手にしました、対等なドンパチします・・・?
まぁ“ゼロ”って色んな意味にとれるだろうからな。この意味についても虚淵脚本に期待だ。

火星の姫様はテロで死ぬシーンで顔が見えてなかったんで、影武者臭いな。
穏健派な火星姫は地球側に付きそう。ってかそうしないと、軍事力で圧倒的に劣るんだから、一瞬で制圧されてしまう。
37人(だっけ)のクッソ強い幹部(ご丁寧に戦闘狂多し)もいるしな。姫様肉の壁だ!w

クッソ強い幹部数名が自軍を率いて、地球に一斉降下してくるところで終わったな。
いきなり全面戦争になるっぽいねんけど、どうやって展開させていくんかな。
全方位的に攻められたら、主人公が云々って話じゃなくなると思うんやけどw
一旦火星側が引くような展開になるかな?そこに“ゼロ”力が絡む?

今期のロボ枠はこれと『白銀の意思 アルジェヴォルン』があるけど、
第1話時点では圧倒的に『アルドノア・ゼロ』に軍配が上がるわ。
音楽もアルバム購入待ったなしの澤野さんだし。ああ、またアイチューンカード買いに行かないとw
これや『アカメが斬る!』の様に、第1話で視聴者の心を鷲掴みに出来る作品は優秀だ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック