詠み人知らず
(∩*´ω`)⊃━☆゜.*・。
漫画・6月の査収物
空廼 カイリ『マザーキーパー⑩』
いしかわ えみ『絶叫学級⑱』
よしだ もろへ『いなり、こんこん、恋いろは。⑧』
竹葉 久美子『やさしいセカイのつくりかた⑤』

『マザーキーパー』完結。空廼作品としては一番面白かったな。世界観が好き。
そして個人的に5つ星つけてる『セカイ』と、アニメも2期可能性あり(?)の『いなり』、
りぼん作品としては異例の18巻目となる『絶叫学級』新刊発売~。

劣等生←劣等生じゃない 友達が少ない←少なくない 最近のタイトルなんかワロタwwww
どれどれ、例を挙げてみるか・・・。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない←かわいい
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている←間違ってない
パパの言うことを聞きなさい!←聞く(そもそもパパじゃない)

なるほど、確かに。他にも、

ソードアート・オンライン←オンライン
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している←邪魔してる

・・・あれ?ま、まぁ例外もあるという事でw
つーか!『脳コメ』2期まだかよ!アニメは奇跡的な面白さだったぞ!

>>マイナスなイメージだと劣等感のあるオタクが抵抗なく手に取れる
   そんで購入して主人公に投影する段階になるとポジティブな話じゃないと叩かれる

こういう作品が多くなってきてる理由の1つがこれなんだろうな。
『魔法科高校の優等生』とか『僕は友達が多い』なんて誰も読まないもんなw
主人公が俺つえー系が多いなのも、辺に起因しそう。

ラノベ業界人「ラノベに流行がない時代がやってきました」
上の記事に答えでてると思うんやけど。反語的な作品が流行してんちゃう?
関連記事

テーマ:漫画 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック