詠み人知らず
ぼくはくまたいよう!
butterfly effect
シュタインズ・ゲート 第9話『幻相のホメオスタシス』
地上波の放送もみたけど、何度みてもラストからEDへ流れるシーンが鳥肌立つなぁ。
まだ見てない方は、ニコニコで皆と一緒に鳥肌立てて下さいw

【MAD】佐天 涙子のサササテ☆サテンサンーS【日常OPパロ】
佐天さん愛されすぎwww

くぎゅのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!
お誕生日おめでとうございます。こんなに役やってんだなー。
秋からはP4だな。「モロ見せターイム!」に期待。

【実写】俺の妹がこんなに可愛いわけがないOP
やっぱりというか、なんというか、タイトルで内容分かったわw
TMAって男優、ゴローさん使わないん?流石にこの顔で高校生は・・・w

テレビ新日暮里の一日 2011 春
何となくクリックしたら・・・全部(40分弱ありますw)見ちまったじゃねぇか!w
CMの田舎臭が見事に再現されてるな。夏休みとかに田舎に帰ると、こんなCMばっかやったわ。


『シュタインズ・ゲート』宮野さんのアドリブが多めだけど・・・
>>何言ってるか分からなくなって、流石にやめましょうって言われたこともある
wwwwww

アニメ『STEINS;GATE』の評価が急上昇!一体何が起こっている!?
9話、既に5回くらいみてる・・・w

アニメでよく見る購買部のパンの争奪戦って本当にあんの?
ウチのガッコはこんなこと全然無かったで。

STEINS;GATE
うわー!うわーうわーうわあああああああ!!!
ラストシーン鳥肌!圧倒的鳥肌っ・・・!

アニメで久々に鳥肌たったDメールを送るたびにバタフライ効果で、少しずつ過去が変わっていく。
こりゃあもうゼロ世界に戻るのは無理・・・というより、戻ろうと、
オカリンが独り、孤軍奮闘するのがこのお話なんやろなー。

フェイリスのDメールによって、秋葉原が昔の普通の電気街になってた。
これは「フェイリスの親は秋葉原の大地主」「秋葉原にオタク文化を浸透させたのはフェイリス」
という点から、「10年前、何かしらの変えたい過去があったフェイリス→
それを変える為にDメール送信→過去改変、バタフライ・エフェクト発生?→
フェイリスがオタク文化を浸透させなかった?又は浸透させる立場になかった?
又はさせる必要が無かった?」ってことかな?

あ・・・もしかしてフェイリスのお父さんってまさか・・・Dメール送る前は執事がいたし・・・・。
今回のDメールって一番ヤバイやつだったんじゃあ・・・?ついに人の領域を飛び越えたんじゃあ・・・。
Dメールによるバタフライ・エフェクトは、その内容に比例して相応にデカくなる?
秋葉原の町全体が変わってしまうとか尋常じゃない大きさだもんな・・・。
・・・ああっ!やっちまったー!?人は神になれないのに!

この過程で5100の所在が分からなくなってきちょるな。そして遠くなってきてる。
あと、ルカ子は性転換確定かな?電話越しだったのでオカリンは気付かなかったが、
実家から電話してるルカ子の制服・・・女の子のものだったよね?

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
うわー!うわーうわーうわあああああああ!!!
火曜日深夜の関西アニメマジでやべぇな。

かっけー、かっけーんスよ。じんたん凄くかっけーんスよ・゚・(ノД`)・゚・
あなるを庇うじんたん、あなるの心を開かせて昔を取り戻させたじんたん。
めんまに「もっと自分の事を大事にしろ!」と一喝したじんたん。
それでいて、誰よりも仲間の事を・・・自分の事よりも想っているじんたん。
やっぱり彼がリーダーだ。あなるじゃなくても惚れるってもんさねw

うわぁ・・・wラストのめんまママの「あなたのために色々頑張ってくれてるみたいよ。
・・・ふざけてるわね」ってどういう意味!?「ふざけている」って色々取れる台詞や。
ママは、めんまが死んだのは彼らのせい・・・犯人であるとも言える彼らが、
「めんまの為って何?ふざけてるの?」って意味なのか、そっとしておいて欲しいのに、
今更穿り返して・・・と、ガキん頃みたいに遊んでいるように見えるからの「ふざけている」?

ママが花火を妨害したのは、それがめんまに日記に書かれていたから・・・
つまりママはめんまの日記読んでるよね?ママはじんたん達がまだ知らない何かを、
日記から読み取ったんかな?あの日記には“家族”の事が抜け落ちていたように思えたが、
それが重要なフラグなんかね?めんまが「じんたん抜きで集まって」といったあの日、
彼女は一体何をするつもりだったんだろう・・・。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック