詠み人知らず
メタルマックスの続編くるうううううううううう!?
漫画・6月の感想1
■筒井 大志『エスプリト④』  ★★★☆☆
エスプリト④「レキ・・・お前の育ての子は昔のお前にそっくりじゃよ」。
リッカ達の待つ、ヴィッセンシャフトに到着したみお。
再会を喜んだのも束の間、“外海”を目前にしたみおに、
純粋過ぎる愛情が襲い来る・・・。
最強幼女ロッテが主役の番外編も収録!
外海到達の大冒険ファンタジー第4巻!

未開・・・未踏・・・冒険・・・あっしはそんな
フロンティアへの開拓精神を描いた物語が好きなのです。
某星々の大海のお話にも未開惑星だとか未開惑星保護条例とか出てきて興奮したわぁw
この漫画もその1つ。この漫画の世界には様々な文化、生物が住む“ホーム”(=島)がある
ある程度人類の目が行き届いた“内海”と、全くの未知が広がる“外海”で構成されています。

ある日、みおが住む未開“ホーム”へやって来た航務員(こうむいん)サラ。
彼女と出会い、外の世界に興味を持ったみおは世界を見て回る為に、
航務員になる決意をします。航務員とは未開拓の“ホーム”を探索、調査する職業。
航務員になるにはちゃんとしか資格が必要で、職務上危険が付きまとうものの、
憧れの職種であります。言わば、学者と冒険家を合わせたようなもんかな。
また航務員には単に知識などが必要なだけではなく、難局を打破する力も必要です。

それが“ジンクス”と呼ばれる特殊な力。バトル部分を支える肝にもなっていて、
「その人が何かを信じる力が具現化したもの」って感じの能力です。
主人公のみおには何故かまだ“ジンクス”が開花してないけど、これは伏線なんだろうなぁ。
彼女の一度決めたらやるっていう信念が異常だ。しかも格闘センスは人間とは思えないほど。
なのに“ジンクス”が開花しないとは。“ジンクス”が開花したら名前は
初志貫徹とか天真爛漫って名前になるんかな。それともジンクスという“ジンクス”が・・・?

4巻は“外海”到達編ですね。初めてのダンジョンを前に、
LvとPTの友情を上げましたって感じでした。
いやー冒険ファンタジーしてていいよーいいよー。

いがみ合ってたみおとドルチェ(ドルチェが一方的に嫌ってただけなんだけどw)が、
カージュとの戦闘で共同戦線を張った事で、少しずつ認め合っていく姿がなんとも
冒険モノでした。リッカとも最初は一方通行の友情だったしなぁ・・・。
それが、今回では一番彼女を「信じる」役回りになっちゃってて、
その理解の深さがカージュの“ジンクス”を打破し、ドルチェの心を開くきっかけになった。
若しかして、みおの“ジンクス”ってココら辺に絡んでくるのかな。

なにはともあれ、こうしてみおは、様々な人に自分の信念を認めて貰うために
行動していくのですね。元気溌剌で、超熱血の女の子主人公ってのが久しいからか、
読んでいて凄く気持ちがいい。みおの辞書にはネガティヴな言葉は一切ないようです。

今回はみおと他の見習い航務員達の心のLvUPが主でしたが、
先輩航務員であるサラ達も最後にやってくれました。
“内海”と“外海”が文字通り「分かれている」とはな。
そりゃあこんな状態だったら半未踏でも全然おかしくねぇわな。
いやー、あれはホントに格好良かった。つうか、強ぇ!
頼れるお兄さんとお姉さんほど心強い仲間は居まいてw

さて、“外海”にはどんな“未知”が待っているのかな。
どんなジンクス能力者が出てくるのかな。
そして【約束の地】を探しているエリュシオン教団の真意とは・・・。
このワクテカ感・・・!冒険バトルモノの専売特許だなぁ!
いざ・・・偉大なる航路へ!w(ぁ

っと!4巻には人気投票が載ってたので、
最後にそれについて徒然なるままに。

1位:みお 2位:ロッテ 3位:サラ 4位:ドルチェ 5位:リッカ
6位:エイジ 7位:グリフ 8位:レキ 10位:カナリ

となっております。元気溌剌代表みお、幼女(だけど最強)代表ロッテ、
真面目代表サラ、金髪ガーターベルト代表ドルチェ、眼鏡図書委員代表リッカと、
上位は見事に揃った感じになってますね。で、6位にやっと男キャラとw

俺ぁはロッテ(今回の表紙です)とドルチェが好きだなー。
ロッテは見た目は子供!中身は・・・なギャップが最高すぎる。
彼女がPTに参加するのはチートすぎるのでそれはないだろうけど、
航務員協会本部で雑務に追われてるなんて彼女らしくないぜ。
BOSSの1匹くらいは片付けても、物語進行に支障はないだろう?w

ドルチェは3巻の表紙でもうぽややんのぱややんずっきゅーんでしたよ。
あの身なりと戦闘力で、夢が「素敵なお嫁さん」で家事全般が大得意ってw
【風の路】横断中に“流れ星”が飛来して皆が慌てふためく中、
ドルチェだけ「可愛いお嫁さんになれますように・・・」って
乙女回路が発動したシーンはワロタよ。逃げろよ、当たったら死ぬぞw
あと、男だと断然グリフが好き!熱い男!俺みたいじゃないか!もっと熱くなれよぉ!w

カナリは是非再登場して頂きたい。4巻ではダージリンとコントやってたから、
いつかみお達の前にまた出て来てくれるよね・・・あ、でも5巻から“外海”編じゃん。
カナリ達来れないじゃん・・・当分再会はナシか・・・?w

「続き」に“ジンクス”一覧を載せておきました。
記入漏れがあったら御免なさい。多分、今んとこんだけやと思うねんけど。
■“ジンクス”一覧
○満漢全席(まんかんぜんせき)
航務員協会理事長・ロッテが持つ“ジンクス”。
「食が生み出すエネルギーの可能性を疑わない」信念が生み出した能力で、
食事によるエネルギーを光や電気など他の力に変換することが出来る。
その戦闘力は、現在登場している能力者の中で最強クラス。
その特性上、ロッテは常に何かを口にしている。

○朝顔花一時(あさがおのはなひととき)
「植物に愛情を持って接していれば、いつか植物と心を通わすことができる」という
信念を貫き通す、みおとリッカの師で航務員・サラが持つ“ジンクス”。
サラはあらゆる植物に精通しており、植物を自在に操ることが出来る。

○星火燎原(せいかりょうげん)
エイジの師の航務員・グリフの“ジンクス”。
「漢はあらゆる局面で熱く燃えてこそ価値がある」という某元テニスプレーヤーの様に
熱い彼ならではの力で、自分の体から発する炎を操ることが出来る。
その火力は彼のテンションに比例する。

○石部金吉鉄兜(いしべきんきちかなかぶと)
ロッテの良き理解者で、航務員兼航務員養成学校の先生であるザクラの“ジンクス”。
「鍛え抜かれた自分の肉体に絶対の自信を持っている」という信念による力で、
自分の体を自在に硬化させることが出来る。

○画竜点睛(がりょうてんせい)
みおとルームメイトの航務員見習い・リッカが持つ“ジンクス”。
「自分の画力で描いた物が実体化しないはずがない」と言う信念の持ち主で、
自身が描く絵を実体化させる能力がある。その性能はその絵を描いた枚数に比例する。

○夏日和人心(なつのひよりとひとごころ)
みお達と学友のお調子者航務員見習い・エイジが持つ“ジンクス”。
「俺が外に居る時に晴れない訳が無い」という実に彼らしい信念から生まれた能力で、
晴れ、曇り、雨など周囲の天候を自在に操ることが出来る。

○怒髪衝天(どはつしょうてん)
「髪には神が宿っていて常に自分を護ってくれている」と信じ、
一度も髪を切った事のない航務員見習い・ドルチェが持つ“ジンクス”。
自慢のサラサラ金髪を自在に操る事が出来、攻防に優れる高い戦闘力を誇る能力。
普段優しい子だが、その信念故、髪(=神)を傷つけられるとキレてしまう。

○天地一竿(てんちひとさお)
“外海”調査に出発したみお一行を襲ってきた海賊・ダージリンの“ジンクス”。
「自分が釣った獲物は絶対に逃げない」という信念が発現したもので、
愛用の釣竿であらゆる物を絡め取る力がある。

○傍目八目(おかめはちもく)
ダージリンと行動を共にするファニィが持つ“ジンクス”。
「私の知りたい欲求を満たせない訳が無い」という信念が具現化したもので、
質問された相手はそれに答えなくても、目や筋肉の動きから答えを知ることが出来る。

○自家薬籠中物(じかやくろうちゅうもの)
「気になったら自分の物にしないといてもたってもいられない」歪んだ信念を持つ、
学術研究都市ヴィッセンシャフトに住む青年・カージュに発現した“ジンクス”。
彼が持つ箱は自由に物を出し入れする力が備わり、それは人間だろうが関係ない。
みおに一目惚れしてしまい、自分の“コレクション”に加えたいと狙っている。
関連記事

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック