詠み人知らず
ぼくはくまたいよう!
トンコツクリムゾンズ
ブレスブレイカー(にんにく)


キャー!シンガンーーーー!!!こりゃあ家畜どもは問答無用で出荷されますわなw
普段ギャグ(とアツい友情物語)担当してるのに、やるときゃやる姿がイケメン過ぎる。


作中に出てきた中では、黒胡椒大盛りか、丸ごとにんにくどっさり大盛りなら食えると思う。
胡椒もにんにくも両方好きなので。でもラーメン自体は塩が一番好きだけど。
最近、ざるラーメンの鶏だし柚胡椒にハマってる!あれめっちゃ旨い!常時ストックある!w


「RANK 神」で大草原wwwwwwwwwww
こういう「空気を読まないというある意味で空気を読む」ガチな人大好きw
稲川さんは今期アニメ『SHOW BY ROCK!!』の主役をやっているけど、
ニコ生等で拝見すると中の人も面白いので応援したい。まだ若いみたいだしね。
・・・しかし、マジで上手いな。1つのゲームにおけるトップランカーが中の人とか超面白いじゃんw


明らかに二期を意識した終わり方だったのにBDが爆死してそれっきりのアニメwwwwwwwwwwwwwww
マジェプリ、アクセル、俺ツイ辺りは信じていつまでも待ってるから・・・。

SHOW BY ROCK!!
12345
和ロックいいぞー!これー!ガチ勢声優3人集まると流石に良いものが出来るな。
『SHOW BY ROCK!!』の楽曲は、原作が音ゲーってのもあって、いわゆるキャラソンという感じじゃなくて、
本当のバンドが各自の特色を前面に押し出してるから買おうって思えるわ。という事で徒然の楽曲今週発売ですw

徒然はクリクリ同様、顔見せ程度だったな。バンド顔見せと並行で、プラズマジカの個人回、
更にメンバーの関連付ける描き方いいっすわ。クリクリはシュシュと、徒然はモアと、ってな具合に。
前回の件から成長を見せてるプラズマジカにほっこり。OP買ったよ!EDも買うからね!w
しかも今回は後半にギャグとライバルバンド同士のアレやコレも盛り込んできて、30分が早い早い。
ここまで詰め込んで、1クールもつのかなと思うが、ソコは天下のサンリオさんなんやろなw

面白いなって思えるアニメは、男がどうとか、美少女動物園がどうとかってのは関係ないってのが良く分かる。
これらを、その作品が面白くなかったという評価が下された時への防波堤にしてるのはやっぱりダメね。
ちゃんといいお話を書いて、キャラを縦横無尽に動かせると比例して面白くなるのぅ。

シュウゾーって、ロムと組んでた時はギラギラ系中二キャラだったんやな。
ロムとしては今の「作られている」シュウゾーが気に入らんのかの。ロック魂を捨てやがった的なw
でも再結成したいとかってのはないみたいね。あくまでシンガンでシュウゾーをぶっ潰したいようで。ロム兄貴かっちょいいぜ!

今期、ヒロインランキング暫定1位のシノンちゃんが、ここに来て更にポイント積んで2位以下を大きく引き離した!
1位にいても油断せず、力を抜かないその姿勢はまさに王者の貫禄!ブルマシアンはSRカードやな!w
悪貨は良貨を駆逐する
今期購入CD確定。某所の更新が遅いので自分で調べたけど・・・面倒臭かったw
今期は『響け!ユーフォニアム』のOPが最高ですな。吹奏楽イベントして欲しーわ。
追記。吹奏楽イベントするっぽいですね。メイン4人が担当楽器練習中だとか。

次点で『SHOW BY ROCK!!』EDと『にゅるにゅる!!KAKUSENくん 2期』OPかな。『KAKUSENくん』狂気枠なのにOP良くて吹くw
加えて、GARNiDELiAの『ガンスリ』EDと、分島さんの『ダンまち』EDと、LiSAさんの『ニセコイ:』OP、
澤野さんの『セラフ』OP&EDは歌手買い確定。悩み中が『えとたま』OP&EDと『プラメモ』OPかな。


いくらなんでも早すぎィ!!!!!!!!!
4月8日UPって放送翌朝じゃねぇかwww事前練習無しって事か?wwwww



津軽弁何言ってるか全然分かんねぇwwwwwでも方言喋る子って可愛いよなww

『響け!ユーフォニアム』って京都舞台なんだけどキャラ全員標準語じゃねえか
関西弁喋られる声優と、キャスティングしたい声優が完全一致なんてしないだろうし、
関西弁キャラばっかにしたらお前らまた文句ばっか言うやんか・・・w

【ユーフォニアム】2話で多数決やってたけど、挙手による多数決は最大の愚行だよな
それはちょっと思ったな。滝先生は生徒の自主性を重んじるとは言っていたが、
最初から2択を迫ってるし、挙手多数決では自主性もクソもない。滝先生が嫌なヤツだとは思わないが、
あれは全国大会への厳しい練習で折れて行く生徒に対して「あんたたちが決めた道ですよ」と叱責するフラグだろうな。
加えて、1人だけ「楽しくやる」に手を上げた葵ちゃんは「だから言ったじゃない!私は最初から無理だって思ってた!」と、
実は「受験があるからいつでも辞められる様に」の、口実作りのフラグだよねw

響け!ユーフォニアム
12345
ギスギスしてきたああああああwww悪貨蔓延ってきてるぅぅwwww

1年前、やる気の無い奴とある奴が衝突してある奴がごっそり辞めるという事件があって、
現在は大量のやる気の無い3年、やる気のある3年、数名の2年と久美子ら新入生で構成されているようだ。

ガチ勢とエンジョイ勢の対立は、上を目指してる部にはよくある事。
メンバーとしては1年前、「ガチVSエンジョイ→エンジョイの勝ち、ガチ敗退」なのに、
今年の目標は「ガチVSエンジョイ→ガチの勝ち、エンジョイ敗退」と、あべこべなのが面白い。
普通に考えて、中(部員の意識)と外(目標)が違うのだから、上手くいく訳が無い。
ここからどうやって中と外を“同じ”にしていくのか、これがこのアニメ最大の注目点よの。

誰しもが「いやwwやる気の無い奴らが辞めろよww」って思ったんじゃね?何でやる気が無い奴の方が残ってんだよ、と。
まぁ本気で上目指してる人はやる気に加え、行動力があるから、ここにいても意味ないなって新しい場所を目指す事が多いからな。
恐らく辞めた人達はそうやって去っていったんやろう。でも、抜けた人達は新しく部を作った形跡がないけど、どこいったんや?
流石に学校自体辞めたって事はない筈だが・・・現吹奏楽部が生まれ変わったら、戻ってくるんかね?

逆に、現部長らは何で残ったんかな。ガチ勢と一緒に退部して新しいちゃんとした吹奏楽部立ち上げた方が良かったのでは。
そこにはやっぱり理由があるんかね?この皆とやりたいとか、伝統ある(?)この部を潰したくない、とか?
はやみん部長の精神がガリガリ削れてて心配だわ。ジョイナス副部長やみのりん金管リーダーの方が神経図太いしw

つーか、やる気の無い奴らは、わざわざよく部に来る気になるな。アレ地味に凄くない?内申考えてんの?w
普通やる気の無い奴は幽霊部員になって来ないってのが基本やろ。それなのにわざわざ来て、周りや顧問に怒られて、
練習してないから出来もしないのに、嘘ついて反発して、また貶されて・・・やる気ないチームはマゾなのかな?w
わざわざ来るのには理由があるのかないのか・・・少なくとも、ポニテちゃんは何か理由がありそう。

久美子が姉ちゃんとギスってるのも気になるな。姉ちゃんが久美子を吹奏楽に誘ったっぽいけど、
今では吹奏楽憎んでるような口振りだった。若しかしたら、姉ちゃんも久美子んトコの高校みたいな経験が?
漫画・4月の査収物
あきづき 空太『赤髪の白雪姫⑬』
時計野 はり『学園ベビーシッターズ⑪』
黒乃 奈々絵『PEACE MAKER 鐵⑧』
ウオズミ アミ『おいしいかおり①』
外海 良基『Secret③』
葉月 抹茶『一週間フレンズ。⑦』

『Secret』と『一週間フレンズ。』が最終巻。『Secret』は・・・さて、どうなるか。
『PEACE MAKER』は超久しぶり。刊行ペース遅すぎで、完全にブームから置き去りにされているが、
黒乃先生は、失踪する事が多いスクエニ系漫画家の中では、よく頑張っている方やな。

コミックスの表紙裏とか巻末にオマケイラストいっぱい描きこんでる漫画家
分かる。旧エニックス系の漫画はほぼおまけあったので、読むのが楽しかったよ。
先日亡くなった、藤原先生もオカメ多めな先生でしたね・・・。
それ故、漫画を買うとまずは表紙裏やあとがきを確認するんだけど、偶然なのか最近の漫画は少ない気がする。
関連記事

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

Good Enough
故に!


シアン可愛すぎる・・・サンリオさんあんた神やわ。ケモナーに目覚めてまう~w
質感から動かし方まで、やっぱりプロのCGは凄いな。プラズマジカはレトリーがレフティだから更に映えるねー。
楽器から、弾き方モーションまで全てにちゃんとスーパーバイザーが付いてるんで、
『SB69』のニコ生によると、プロが見てもここまでちゃんと細かく描いてるアニメは珍しいとのこと。


OPもなかなか好き。プラズマジカとシンガンクリムゾンズ、徒然なる操り霧幻庵の楽曲は買おうと思う!
『SB69』は中の人を基本的に歌唱力高めな人で揃えてるから、ホント面白いわ。どのバンドも歌唱力一級品声優いるしね。


この強引さ、癖になる。これぞサムネブラックホール。

『アイマス シンデレラガールズ』1クール目放送終わって好きなキャラベスト3は誰になった?
アニメ組なので見た目で選んでたけど、「ほう・・・」と思った子は何人かいた。
見た目だと当初と変わらず、「1位:しぶりん / 2位:りーな / 3位:蘭子」だけど、
描写でだと「1位:杏 / 2位:みくにゃん / 3位:きらり」かなー。みくにゃんのプロ意識は凄かったし、
杏のリアリスト感、体の大きさと反比例する芯の太さ、そして絶えず周りを見て気を配るきらりらに普通に頭が下がったわ。
ぶっちゃけ、思っていたよりもいいアニメだった。いやぁ、どんなジャンルでもシナリオってのは本当に大事だねぇ。

SHOW BY ROCK!!
12345
クリクリ回かと思ってたけど、結構なプラズマジカ回(レトリー回)だった。
音楽でテッペン取る野望に燃えるシュシュ、コミュ障解消&友達作りが目的のレトリー、
音楽を通してこの世界を知りたい宇宙人(?)のモア、仲間と共に音楽で青春したいシアン。
個々の想いのベクトルや強さが違うから、ここぞと言う時に空中分解寸前だったプラズマジカだけど、
皆違う方向を向いていたベクトルが、シアンという突然現れた新しい刺激に皆同じ方向を向いて結束が強まった、と。

レトリーの想いはシアンと似てる部分があるのよね。ただ、ここに至るまでの経験とか覚悟が違った。
シアンの方が引っ込み思案という元来の性格もあって、最初で最後、このチャンスを逃したくないという想いが強い。
彼女に感化されて、更にシアン大好き病に・・・ではなく、前に向かうようになったレトリーが良かった。
シュシュも今んとこソロでもいいって想いが強い(=場合によってはプラズマジカを踏み台にする事も厭わない)が、
それが変わりつつあるのも良い。音楽モノでは王道展開かもしれんけど、こういうの嫌いじゃないぜ!

クリティクリスタはロージア以外顔見せ程度だったし、対バンでプラズマジカ負けたし、また戦うんかな。
他のメンバーにスポット当てて欲しい(地味にツキノ以外全員ロリ巨乳)し、腹黒ロージアを腹パンしないとねw

クリティクリスタのモデルはロージアがネコ、ツキノがクマ、ホルミーがウシ、ジャクリンが・・・?
調べてみたらジャクリンはカエルらしい。確かに頭がそれっぽいか。オタマジャクシではないんやなw
クリクリん中では服装がどっかの貧乏巫女っぽい、ホルミー(Ba.)が一番可愛い。CGモードでもぴょんぴょんしててヤバかったw
ホルミーちゃん・・・ウシがモデルって事は絞ったらちゃんとd(ry

ところで、シアンの部屋が綺麗になってた(前回までは簡素なベッドだけだった)アレも事務所持ちなんかなw
パジャマも増えてて、うさうさパジャマ可愛かったけど、あれは絶対レトリー提供だよなw

次回いよいよ和ロックバンド・徒然なる操り霧幻庵回やな!Vo.の中の人がはやみんなんで期待してます。絶対歌巧いやろw
これでメインバンドは全員登場か。ゲームではまだまだいっぱいいるみたいね。今回ラストで出てきた田舎バンドも、
女3男1のウワサノペタルズっつーバンドらしい。眼鏡っ子は眼鏡取ったらめっちゃ美人設定みたいw
子丑寅卯辰巳・・・
うん、やっぱり午のせいだなw


最終的には十二支全員で歌うみたいね。
でもこの村川さんって声優さん?本編出てないっすよね・・・w


普段と演技時が違う声優さんは多いけど、更に歌う時も別人になる声優さんもいるよね。
最近だと相坂 優歌さん、りえしょんこと村川 梨衣さん、へごちんこと大橋 彩香さんの3人やな。歌ってる時マジで別人すぎ。
特に相坂くんホント好き。応援ツートップの1人だわ。この動画だと、ちゃんとangela風に歌真似してるのも凄いよな。
この前の『えとたま』のコメ打ちニコ生で、1人だけコメの内容が異彩を放ってて吹いたわ。たまに闇が溢れてしまう所も好きw
相坂くんはへごちんに続いて、本人名義でソロデビューして欲しいわ。若手で一番歌唱力あるで。


『WIXOSS(ウィクロス)』が劇場版制作決定!!
ぬおお!?イベントで発表つーことは普通に考えて新規じゃなくて、続編だよな。
2期の終わり方から考えるに、やっぱりウリス関連かな。

アニメの二期三期が来ない作品の情報を出してくスレ
『我が家のお稲荷さま』はそもそも原作者があのジャンルに飽きている説が濃厚。
以降、書いている別作品は毛色が違う作品ばかり。面白い作品だったんだけどなぁ・・・。
『境界線上のホライゾン』の2期はそのうち来そう。序でに『終わりのクロニクル』もアニメ化して欲しい。

『はたらく魔王さま!』は噂が本当なら残念だな。原作の方は順調に巻数重ねてるのでストックは十分よ。
『妖狐×僕SS』はついこの間までは「原作組なら分かる理由で2期は無い」だったが、
今は「2期は物理的に不可能」ということになってしまった・・・いやぁ、ショック。マジでショック。

日常系アニメって風化するの早すぎじゃね?
そらそうよ。日常系ってのは、よく言われる「頭空っぽにして見れる系(=頭に残らない)」なんだから、
よっぽど視聴者に訴えかけられるプラスαな部分(例えばギャグが超面白いとか)がないとベルトコンベアよ。
『らきすた』とかが出た時代は日常系の走りみたいなもんで、生き残る作品も多かったけど、今はいちジャンルになってて、
日常系専門誌な漫画雑誌も多い。同じレベル帯の日常系同士が食い合ってるから、余計、風化する確率が高い。

えとたま
変態キャラ・・・中の人が松井 恵理子さん・・・うっ、頭が・・・w
モーたんがにゃ~たんのヤンデレストーカーなのは、中の人繋がりで紅緒様を意識しているんだろうかw
それとも丑年には変態が多いのでって事ですか?w

12345
1話でのメタ台詞の通り、2話は十二支顔出しと、ETM12(干支バトロワ)の説明回だった。
ニコ生見てきた自分は、かなーり前から設定知ってたけどね。ニコ生、去年の11月くらいからやってるんでw

にゃ~たんは「一度でも負けるとプリティモードに変身出来なくなる=ETM12参加不可になる」だから、
負けたら話が終わっちゃう。つまり基本的に勝ち続けるって事だろう。戦闘は最初から緊張感とかは排除してるって事ね。
まぁ、この設定でガチバトル望んでるって人は少ないだろうから大きなマイナス要素にはならんだろう。
ただし、「にゃ~たんは記憶が欠落している」との事なので、ここはぶっこんできそう。

一方、「干支神は何度でも戦える」だそうな。これは担当回後の干支神の退場を防止する為の設定だな。
この設定を利用して、中だるみを防ぐ為の干支神VS干支神回もありそう。流石ににゃ~たんVS(順番に)干支神だけではな。

仮ににゃ~たんが干支神になったら誰かが蹴落とされるって事なん?
基本的に悪人キャラがいない話なので、蹴落とされるってのは無さそうなんだけど。
つーか、蹴落とされるのなら現役干支神らは、あんなにのほほんとしてられないだろw
モ~たんは十二支序列2位なのに、最初のバトルでいきなりそんな大物倒されたんやで?ヤバいべ?w
除籍無しだろうから、最終的には“十三支”になって終わるか、十二支と言う概念自体破壊して皆幸せエンド、かな?

1話より面白くなったけど、やっぱりTV視聴ではその面白さを100%堪能する事は出来ない。
中の人達がリアルタイムコメしまくるニコ生TS視聴こそが、『えとたま』の真価が発揮される場所ね。
ところで、あのコメ打ちも当然“仕事”なんだよな?アニメ自体は商業的にどうなんじゃろって感じやけど、
ニコ生、イベント、ラジオ等の過去例が無いくらいの連発具合。声優的にはオイシイアニメなんじゃない?w
骨まであっためてやるよ!
5にもスピキュールありますよね!?w

『スターオーシャン5』発表されましたね!
スタオシリーズは文化レベルが違う星や種族との異文化交流が面白いんスよね。
当時、未開惑星保護条約とかって単語が出てきてワクテカした事を覚えているぜw
特に2や3はその色が強くて、3なんてゲーム開始して、用語集読んでるだけで1日終わりそうだったしw

トレーラーをみると5の舞台は宇宙歴537年らしい。だとすると時系列は「4→1→2→5→3」になるんで2と3の間の話か。
2は圧倒的に面白かったな。クッソやり込んだわ。RPGはやっぱり世界観のスケールがデカイ方が面白い!
3はシステムは評価されてるけど、シナリオが・・・って人は多い。が、個人的には結構好きだった。

3によって、スタオ世界はFD人による「実はゲーム世界のお話でした」があって、1や2の話が“紛い物”である事が決定。
ユーザーの間に茶番感を流してしまったのは確かに失敗だった。あくまで別世界のFD人が「介入してくる」程度に留めておけば、
それまでのスタオ世界が“紛い物”にならなかったんだけどねー・・・。

・・・が、重要なのはソコじゃなくて、3の話があって、スタオ世界その物が「初めて自立した」ってトコなんだよ。
上位次元は下位次元を支配できる(「2D:漫画の世界の住人<3D:その漫画を描いている我々」)って法則を破った世界なんだぜ?
その後、1人立ちしたあの世界がどうなるか気になってるんだけど、5は3より過去なんだよな?果たして・・・?
つーか、5がずっと3までの過去話とも限らないよな・・・ワクテカしてきたぜ!

赤神符多すぎw改良後の画面かな?あらー
いよいよ来週エウシュリーの『神のラプソディ』発売です。マスターアップ済みで後は発売日を待つだけ。
GW前半はどうしても休めないが、後半はガッツリ休み取ったのでやりまくるで!

12345
そんな中、『HaD』の大型更新の告知ががが!作成途中みたいですが、結構面白そうなアプデだ。
『神袖』まであと1週間しかないけど、DL可能に&クリア出来るのか!?
因みに本編はただいま、やり込みダンションに向けて育成中。仲間の平均Lvは150!HP1万超えキャラが出てきた。
装備は全員、それぞれの最強装備に出来たと思うけど、それでも敵強い・・・w


うおおおおおおおお!あっちいいいいいいいいい!!!!!
本当はスピキュール戦じゃなくてミカエル&ハニエル戦なんだけど、ある意味正解だよなw
初見、マジでバグか、負けイベントかと思ったわ。詠唱ほぼゼロ、超威力、画面全体。イミフwwww


心形剣は剣士のグレイが一番似合うな。・・・で!遂にアーカイブ配信来たね!PS大勝利!
『ミンサガ』は、成功した数少ないスクエニ系リメイク作品。これは本当に面白い(&高難易度)んでオススメよ!


100円購入シリーズ!昔のシューティングの例に漏れず激ムズだったわ。クリアした事ないw
そういえば、最近(というかPS以降)は連打を要求するゲームって減ったよな。

【ダークソウル2】闇霊5人呼んで戦わせる動画がスマブラ過ぎてワロタwwwwwwww
全体的な変更点と序盤のプレイ動画みたけど、PS4版『ダクソ2』マジで色々変わってるな。
発表当初は、流石にどうなんだと思ってたけど、その不安を乗り越えるほどの出来栄えだった。

コナミ、『メタルギアソリッド5 TPP』のパッケージからとうとうHideo Kojimaの名前を削除!
5はちゃんと小島が作ってるってアナウンスあったけど、名前消したらそれも疑わしくなってくるじゃねぇか。
コナミは逆マーケする事で「これが小島製最終メタルギアだよ!」と喧伝して、最後にもう一度、小島の威光で稼ごうとしてる?

モンハンがRPGに!構想に5年かけた『モンスターハンターストーリーズ』発売決定wwwwww
5年もかけて何やってんの?これからはモンハンはキッズ向け、ドグマをコアゲーマー向けにしていくって事?

CLOCKUP最新作『ふたなりエルフ快楽調教 だめっ!でるううぅっ!これ以上出したくないいいぃぃ!』の公式サイトがオープン!
客「あの・・・すいません、『ふたなりエルフ快楽調教 だめっ!でるううぅっ!これ以上出したくないいいぃぃ!』ありますか?」
店員「はい?」
客「・・・『ふたなりエルフ快楽調教 だめっ!でるううぅっ!これ以上出したくないいいぃぃ!』です・・・」
店員「・・・あ、『ふたなりエルフ快楽調教』ですね」
客「はい・・・(ボソ)」
店員「こちらで宜しかったでしょうか?○○円になります」
客「///」

ってなるんやろなw
昔、近所のゲーム屋で普通の据え置きゲーム予約しようとしたら、奥から全く違うエロゲー出してきて、
「こちらで宜しかったでしょうか?」とか言われて、「は?ドッキリか?」と思ったことがあったw
俺が怪訝な顔をして、否定・再度注文すると「(お前がこれって言ったんだろ・・・)」みたいな顔されて応対されたわw
俺の活舌が悪かったのか何か知らんが、お前は思ってる事すぐに顔に出るんだよ!客商売としては致命的なんだよ!
聞いてるか?ヒョロヒョロ店長!お前の事だよ!w
にゅるにゅる大草原
不可避。

2015年春アニメ、1話がほぼ終わったわけだけど視聴継続するものは決まったか?
下記表の通りよ。

■今期1話終了時評価
S:シドニアの騎士 第九惑星戦役
A:にゅるにゅる!!KAKUSENくん 2期 / アルスラーン戦記
B:響け!ユーフォニアム / SHOW BY ROCK!! / プラスティック・メモリーズ / Fate/stay night / 血界戦線
C:えとたま / てさぐれ!部活もの すぴんおふ / ハロー!!きんいろモザイク / 終わりのセラフ / 山田くんと7人の魔女
D:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか / ミカグラ学園組曲 / レーカン!
───────────────────────────────────────────────────────
Z:魔法少女リリカルなのはViVid / うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ / 暗殺教室 / パンチライン /
  俺物語 / 黒子のバスケ / 電波教師 / 長門有希ちゃんの消失 / 放課後のプレアデス / ハイスクールD×D BorN /
  境界のRINNE / トリアージX / グリザイアの楽園 / ガンスリンガー ストラトス / 食戟のソーマ / ニセコイ: /
  やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 続 / 旦那が何を言っているかわからない件 2スレ目


最後までほぼこんな感じだと思うが、現時点で『響け!ユーフォニアム』と『SHOW BY ROCK!!』がAに、
『えとたま』がB or Dに、『ミカグラ学園組曲』と『レーカン!』がZに、上下する可能性があるな。

『KAKUSENくん』のあいまいみー臭が堪らん!ヒドイ!本当にヒドイ!(褒め言葉)
ショタ(実際に中の人は9歳)にド下ネタを言わせまくるそのスタイル、嫌いじゃない!
キチアニメ最高!狂気は正義!PTA?BPO?かかってこんかい!返り討ちにしたらぁ!

JTB(主演声優4人の所属事務所)はうっちーを筆頭に、こーゆーキチ演技に強い事務所になって欲しいw
OPが何気に良曲なのもポイント高いね。アニサマ出演を後押しする為にCD買うで!

『SHOW BY ROCK!!』面白いぞ!?原作はソシャゲで大きなシナリオはないのにアニメは普通に話が面白く、
作画の方も2D、3D共に申し分無し。ニコ生によると色んな所にめっちゃ金かけてるみたいで、サンリオさんの本気を見たわ。
京アニの『響け!ユーフォニアム』は安定だろうし、今期音楽枠は豊作かも!主題歌も良い。

少年漫画系ラブコメ枠は『山田くんと7人の魔女』に軍配。まぁ元々『ニコセイ』はぶっちゃけお話はしょーもない。
難聴やら絶妙勘違い連発で引き伸ばすわ、停滞してくると新キャラ投入で更に引き伸ばし&水増しするわで。
アニメは声優の演技と、製作会社の描写能力のお陰で原作よりまだ面白いけど1期終盤で既にキツかった。
『やまじょ』のテンポの良さは『ニコセイ』に対する皮肉にも見えるわ。

『えとたま』はアレだけニコニコで宣伝しておいて有料(TSは無料)って事で当初Dだったけど、ニコ生で1話を観てCに格上げ。
ニコ生ではリアルタイムで複数の本編出演声優がコメ打つのでめっちゃ面白くなってる。それ故、コメ数が入場者数の倍以上www
そう考えたらch有料なのも、このサービスや、円盤爆速発売スケジュールのせいだろうから目を瞑れるか。

時にコント、時に変態コメと、本編より声優さん達のコメの方が面白い(かも?)ってのは言わない約束w
ただ、声優さんのコメは下部公式コメ形式で表示されるので、画面下半分がコメでほぼ埋まり続けるってゆー・・・w
この作品は究極のニコニコ向けだったんだなと再認識。TVで観ても、ニコニコの半分も面白さを感じられない。
逆に言うと、中の人に一切興味が無い人にはツマラン作品かもしれないが、
3Dバトルの他、地味(?)にBGMにかなり良曲揃ってるので化ける可能性はあると思う。

同じ有料作品(TSは無料)として『てさぐれ』があるんだけど、こっちもニコニコ向けだけに惜しい。
これもキチ枠なのに、ニコニコ配信で全国の人とキチさを共有出来ないのが歯痒いw
2015春アニメ第一印象 その3
大体の深夜アニメの1話終了時点の感想~。

■ミカグラ学園組曲
恐怖のボカロP枠。元々は1つの大きな世界観を伴った組曲で、それが小説&漫画化、そしてアニメ化となったらしい。
部活カースト制がある学園での現代異能バトルアニメみたい。写真部なら富竹フラッシュ、美術部なら描いて具現化か?w
現代学園異能バトルアニメは前期でもクソラノベ四天王が担当したが、こっちはそれらより、コメディ色が強めみたい。
誰かが死ぬとか、守らないと地球ヤバイって話じゃなくて、勝ち負けで学園での生活Lvが変わってくる、と。
その過程で、青春クソ食らえだったニート系主人公が青春に意味を見出す・・・と言ったところか。

それにしても、最近この手の作品多いなぁ。既視感半端ない。現代学園異能バトルは書きやすいんかねぇ。
更に言うと、最近のこの手のジャンルって「それはそういうものなんです!」な設定ブン投げパターン多いよな。
いわゆる「細けぇ事はいいんだよ!」ってヤツ。この作品だと「ミカグラ学園は日本(日本てw)で唯一、
文化部同士の異能バトルがある高校」らしいんだが、登場人物達は驚く事は無かった(異能自体は当たり前にある世界なの?
日本唯一じゃないのか?)し、ナビ役が人語を喋る空飛ぶネコだったけど、それも対して触られる事無く・・・。
まぁ、まだ1話だし、後でちゃんと説明してくれるのかもしれんけどね。最後までブン投げだったら駄作認定不可避だな。

作画は流石の動画工房。シナリオは全体的にフワフワしてるけど、今のところ、
動画工房というブランドと、最近の有名声優さん大量出演と言う話題性で観れてる感じ。
この“ご祝儀”が無くなる3話辺りでどうなるか。恐らく・・・。

■プラスティック・メモリーズ
安心と信頼の動画工房が贈る感動枠。1話から泣かしにきよるw
アイラをギフティアの回収業務に再び復帰させるのを部署メンバーが反対してたけど・・・そういう事なんかね。
近く、主人公とアイラが別れる事がもう決定しているのなら、そのシーン分の涙は取っとかないとダメか?w
それとも設定打破展開来ますかね。まさか、アイラという存在が既にそうだったり・・・?

アニメの時代設定は近未来だけど、内容自体はもう実際起こり始めてるからな。「まだ人型ではない」だけで。
だもんで、変にリアルとゆーか。しかし、この作品は「人間とロボットの境界」とか、「何で寿命が9年?」、
「何でSAI社だけがギフティア開発に成功したん?」みたいなSF要素は触れないってインタビューがあったのが不安。
やっぱりそこは触れて欲しい。単なるラブコメなんて腐るほどあるんだから。「何の為の人型か」ってなる。
何だったら、設定から想像される、ここには書き辛いアレとかアレみたいな疑問にも堂々と答えを示して欲しいわ。

■シドニアの騎士 第九惑星戦役
美麗なフル3DCGが話題になった作品の2期(分割後半)。うむ!面白い!2期も大安定。
ヒロイン達による(つむぎ大好き!w)長道争奪戦とSFバトルの融合が素晴らしい。30分間見入ってたわ。

唯一注文を付けるとすると、OP&EDかな。OPは引き続きangelaだし“隠し玉”があるかもしれんので許容範囲だが、
EDは作品と上手い事シンクロしていた1期と比べると大幅に退化。EDのバンドを調べてみると、「あー・・・」となった。
V系男性(非声優)アニソンアイドルユニットってだけでも嫌悪されやすいってのに、歌唱力が・・・な。
V系だからって、大人の事情で捻じ込んだからって、歌唱力が無くてもいい訳じゃないよな。

■えとたま
2Dと3Dを著名な制作陣で作るオリジナル作品。日常を2D、バトルを3Dで描いている。
2Dと3Dの融合を謳い文句にしてる事もあって、流石に作画の方は凄かった。

基本がドタバタ・メタネタ差し込みギャグモノなんだけど、メインキャラの中の人のせいか、
雰囲気が全体的にそうだからなのか、「観てて疲れる」系のアニメかな。特に日常パートは人を選びそうw
一方、かっちょいいBGMに美麗なCG、動きまくる戦闘と、バトルパートは(普通は逆な気がするが)落ち着いて見れた。

まだ全員顔出し程度なのと、主人公が冷めてる(最後までこれだとキツイかも)んで、評価に困る。
“推し干支”が出来たり、個々の干支娘ら立ち位置が明確になってくるとまた変わってくるかもね。
見た目だけなら卯、午、未あたりが可愛いかなw

このアニメ、製作側はかなり盛り上がってるのよね。
放送前からニコ生連発、円盤(1巻が来週発売)や主題歌の発売が神速、売れる物は何でも売る、
イベントも数日に1度やるという超ハイペース、と、話題作りに事欠かない作品。
話題は今んとこ本編よりこっちの方に持っていかれてる感ある。ニコ生凄く面白いしw

・・・って、アレだけニコニコで宣伝しといて1話から有料(生放送は無料)とかwwwww
有料なのは、円盤爆速販売のせいだろうね。そう考えると、早く発売するのってのも考え物か。
全国区のニコニコで有料だと、話題になるのは結局、ニコ生(声優)だけで終わりそう。
電撃文庫・4月の感想1
■ハセガワ ケイスケ×七草『しにがみのバラッド。⑩』  ★★☆☆☆
しにがみのバラッド。⑩行ってくるね。真っ白な少女は、精一杯に笑った。仕え魔のダニエルは哀しそうに、
行ってらっしゃい。と応えた。白い少女の向かう先は、光が塗り替えた世界。
そこは、何も無い世界。少女は、透明な空に、透けるように少しずつ消えていく。
そうして、ここから、離れていった。――少女を待っていたのは、赫い血の色の空。
鈍色に光るのは、巨大な鎌。その少女は、死神だった。真っ黒の。
そして、はじまる。はじまりの終わり。終わりのはじまり。

2桁の大台に突入した白い死神による哀しくてやさしい物語。
今回は『花のゆめ』『世界の終わりにハミングを』『炭酸水と透明のキミへ』
『その流星の命は』の4本が収録されています。『しにバラ』は作者の精神状態によって
内容の落差が激しいと言われますが、10巻は“当たり”の巻だったのではないかと。

『花のゆめ』。モモが直接出てこない珍しい形の短編。生きるって、死ぬって何だろうを
思春期の少女が、更に年下の少年を視点を通した自分の視点から、1つの答えを得る話。
6巻辺りからみられる表現し難いダラダラ感を少し感じはしたものの、
生と死はこの物語のメインテーマにして、ハセガワ先生の言いたい事だから興味深く読んだ。
この話を読んでいる時に、大学のある講義で観たドキュメント映画を思い出したわ。
それは海外のメディアが、余命一年のある老人が死ぬまでを追ったもの。
死の瞬間までしっかり一年記録してある。

静かな森の中の一軒家で、子や孫に囲まれて死へ近づいていく老人。
老人は「死ぬ事が分かってからは死ぬ事は恐くなくなった。死ぬと分からないで
生きていた期間は死ぬ事が何よりも恐かった」と言った。老人は死ぬと分かった瞬間、
生死よりも大事な物を探す旅に出た。老人は動けない体で生きた証を探し始める。
しかし見つからない。近づくタイムリミット。そして死ぬ日、
老人はそこにとても面白いものがあるかの如く満面の笑みで永眠った。
老人は最期に見つけたんだ。生きた証を。それが何だったのかは人それぞれが思うところ。
恐らくそれは、死の瞬間、眼前に広がっていた“今”だったんだろうと思う。
フィクションではないから実に生々しい作品でした、観終わったあと5分くらいは
誰も何も言葉を発せず、考えられず、何人かの女性は嗚咽を漏らしていた。

ネコが桜の“栄養”になると信じていた少年は、同時に1つの死は1つの生を
繋げていくものであり、どんな死も決して無駄ではないと言う事を本能的に感じていたようだ。
そうした少年の無垢な感情に静奈は死ぬという事、生きるという事は幸せのカタチを探す旅であり、
“今”を遺す旅であり、最期に笑顔で終われるようにする旅なんだと気付いた・・・んかな。
ところで途中に出てきた「ペットを宇宙へ連れて行く実験を行う~」ってアレだよね?w

『世界の終わりにハミングを』。世界の終わりを願うとある少女が主人公。
明日テストだ・・・明日面接だ・・・これから来る嫌な事がある時、
人間誰しも世界が終わればいいのにと思った事があると思う。
この少女もただ生きているだけの毎日に、世界の終わりを願っていた。
でもよく考えたら何で人間は“世界”の終わりを願うのか。
嫌な事があるんだったら自分が終わればいいのに。

自分だけが終わったら、親友Aに明日彼女が出来るかもしれない、
親友Bが大金を拾うかもしれない、そんなの“不公平”だ。俺だけ終わるなんて。
賢すぎる人間様は、それら“未来の無”を感じて、全ての終わりを願っちゃうんだと思う。
この少女もそんな人間の1人でした。そしてその終わりはある突然やってきます。
ただし終わったのは“世界”でも“自分”でも無かった。
終わったのは自分の周りの小さな小さな世界。親友の事故死だった。
彼女は気付きます、世界や自分や終わらなくても、今まで視ようとしていなかった
周りの世界が終わるだけでも自分は終わってしまうのだと。その終わりは
世界や自分を代償とするものよりも酷く苦しいもので、自分は終われない・・・
終われないのに終わった苦痛を伴うという矛盾が襲い掛かるのです。

少女は自分を“無”だと言っていました。でもその“無”から溢れ出ていたものは
“無”なんかではなく明らかに彼女を形作る1つのものでした。それが自分にある事に気付けず、
一度も手にする事無く、無くしてしまった。そして今度は、その無くしたものを
抱えて(哀しい矛盾だぜ)本当の終わりを願う少女でした・・・みたいな流れ。

「朝十分の読書の時間」は、彼女の世界そのものを表していたんかなぁ。
集団に於いても読書という行為によって自分独りの世界が創られる。そしてその時間に
ちょっかいをだしてくる事故死した親友は、自分の世界を侵す害虫で、彼女が終わろうと
自分には関係ない・・・と思っていたフシがある。彼女が愛していたのは「朝十分の読書の時間」
ではなく親友とのやり取りだともっと早く気付けたなら、終わりなど願わなくて良かったのにね。
いかにもな終わり方なので今後、リンクさせて出てきそうな気がします。彼女の名前も不明だし。

『炭酸水と透明のキミへ』。今回、一番良かったです。
やっぱり『しにバラ』は「ラヴ×(生+死)=?」ですよ!もうサイコー!
終わり方が意外だった。まさか還って来るとは。黄泉還りかよ。モモ、仕事しろよw
だが、あの終わり方は次を連想される。ラヴの最後も濁されていたし期待できそう?

自分を誰かに重ねる。その人が死ぬと自分にとってどういう影響があるのか。
普段何気なく感じている事だけど、憧れとか羨望ってあるよな。見た目や性格、能力。
色んな面であの人になりたいを感じる。それって、自分も知らない間にその人と
同じ魂になるって事なんだよな。だから死ぬと半身をもぎ取られたように感じる。
作中にも出てきたけど盗んだバイクで走り出す歌手が亡くなった時も、
そう感じた人は多かったんだろう。自分もファンだが、俺の場合は尾崎やブルーハーツ世代の
後の世代だったから号泣とまではいかなかった。自分の体が半分消える思いよりも、
類稀なる才能が逝ってしまったという残念な気持ちの方が強かったね。
作中、たまにこの世代のネタがある。どうやらハセガワ先生はこの世代っぽいですね?

同い年で生年月日、血液型も同じなアイドルのユカに何となく憧れていたコマチ。
そのユカが死に、自分のもとへ「あたし、未練があるらしい」とやってくる。
一緒に行動する事になったコマチはユカに全てを重ね、自分が知らない間に“自分”を
無くしてしまう。「私のいい所って?私とユカの違いって?そもそも“私”って何?」と、
どんなに小さな事でもユカと比べてしまい、遂には“自分”を見失うコマチ。
しかし、ずっと“自分”の良さを理解して欲しいと願っていたユカと、
コマチが好きだからこそ“コマチ”を見続けていた青山によって、“自分”を取り戻し、
同時にコマチが“そういう目”で青山を見る事になったってお話。青山君、かっこよすぎですw

貴方は貴方、自分は自分なんて当たり前のことなのに、誰かに自分を重ねすぎると
それすら見えなくなってしまう。一昔に流行ったある歌手のように全身を黒くしていた
女性達は“自分”が見えていたんだろうか。なーんてw

ユカがアグレッシヴ(既に死んでいるがw)で全体的に明るい雰囲気で良かった。
モモの介在があったとはいえ、いきなりTVから出てきてこんにちはなんていう
在り来たりなコメディ路線も、最近の作品の傾向からすると新鮮で良かった。
やっぱりモモがキューピッド役の方がいいスね。もう転職しちゃいなよ?w
10巻は『炭酸水と透明のキミへ』に全盛期(って書き方も変だが)の片鱗を見たぜ。
モモの今後よりも、今まで出てきたキャラの今後が気になるのは俺だけなのかしら~?w

あ、作中に出てきた能天気幽霊の波佐間 ユカね、どっかで見かけたことある気がするんよ。
一応1巻からパラパラ~って目を通したけど発見出来なかった。俺の勘違いだろうか。むむむ。

おかんVS黒い悪魔は良かった!俺もあいつは苦手さぁ。
ウチも基本的におかんが出動しますね、妹から俺に救援要請が出ても
「霧塚は驚きすくみあがっている!」なので。だってあいつ・・・飛ぶんだぜ?w
3億年前から生きているなんて!古代に生きていた奴を見た事があるが、あれはヤバい。
デカすぎ。最凶の兵器です。古代に生きていたサソリはあんなにかっちょいいのに!w

『その流星の命は』。トウカとキョウカ、モモとアン。この話、いい加減に展開を
ずずいっと進めて欲しいんですけど、それってイコール最終巻って事ですよね・・・。
それはそれで哀しいんだよなぁ。俺が好きなキャラ達にもう出会えないなんて嫌だわ!w
つーか最近、「モモいらない」と思うことがある。今回もあまり活躍してないし。
作者的に、モモは物語の中で最前列に置いておきたいのか、
それとも後列に置いておきたいか、どっちなんだろう。
2015春アニメ第一印象 その2
大体の深夜アニメの1話終了時点の感想~。

■ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
あのさぁ・・・ダンジョンに出会いを求めるって、実際はネカマと闇霊しかいませんよ?w

言うまでも無くラノベ枠。中の人的に『SAO』と被るけど(これ系主人公特有の無双モードに入ると、
どうしてもキリトが出てきてしまってた。致し方無いが)、あっちみたいな絶望さは無いようですね。
男キャラが少なく、主人公がいきなりハーレム確定状態と、非常にテンプレラノベ臭いが、
前期のクソラノベ四天王のお陰で、ラノベモノの評価は敷居が下がっているのか、1話はそこそこ良くみえた。

■ハロー!!きんいろモザイク
旅行先の温泉で至福やなぁと感じるも、自宅に帰ってくると何やかんや言うても我が家が最高やな~と思う時のアレ感。
自分はやっぱり『ごちうさ』より、こっちの方が好き。少なくとも、あっちよりはコメディ部分が面白い。
つーかさ、OP主題歌のCMでオタどもが映ってて台無し感ハンパなくない?あれ、PVとしてどうなん?w

■SHOW BY ROCK!!
サンリオ原作のスマホゲー枠であり音楽モノ枠であり、3DCGモノ枠。
原作のゲームジャンルは音ゲーで、原作は最初からMIDICITY(だっけ?)っつー世界だけしかないみたい?
一方、アニメでは主人公は現実世界の子で、「音楽を志す内気な眼鏡少女のサクセスストーリー+対バン」が基本?

アニメオリジナル要素(?)の「MIDICITYと、現実世界の交差」についての描写に期待。
1話冒頭の現実世界で出てたバンドメンバーって、MIDICITYでシアンが出会った獣っ子達か?似てただけ?
仮に同一人物なら、シアン以外のサウンド世界住人も現実に存在してる?最後は、MIDICITYで成長したシアンが、
現実世界でもバンド組めて、「やっぱりロックって最高ー!」とか言いながら終わりそうw

シアンのミューモン(MIDICITYの住人。3DCGモード)Ver.がめっちゃ可愛かった。流石マスコットのサンリオさんや!w
今期はCGモノには『えとたま』『シドニア』とライバルが多い(特に『えとたま』は同じ2D+3DCGなのでガチ殴り合い)んだけど、
この作品のCGも凄かった。ねんどろいどみたいな質感のキャラがヌルヌル動いてたわ。CG技術ってホンマ日進月歩やなぁ。

■響け!ユーフォニアム
こっちは純粋な音楽モノ。京都が舞台の京アニ製作アニメ。と言う事で、『中二病』に続き京阪電車も登場w
作画力は流石の京アニだった。1話が美麗ってのはよくあるが、京アニは最後までこれを維持するから凄いよな。
原作は皆京都弁らしいけど、全国区アニメだし、中の人の出身地(メイン4人関西出身者ゼロ)的にも標準語でしたな。

実は、妹が吹奏楽部だったんやけど、ダメじゃない金取っちゃうくらいな某強豪高出身なので、近くで色々見聞きしてたり。
恐らくアニメの舞台となっている高校の元ネタ高校は・・・いや、違うかもしれないけどw
早速、『けいおん』と比べたり混同してる人がいるけど、軽音楽と吹奏楽はまた違うから、話も違ってくると思うでw
でもまぁ当分は「『けいおん』みたいに~」とか「『けいおん』と違って~」とか言われまくるんだろうなw

久美子には「思った事をすぐに口に出してしまう」という物語上美味過ぎる癖があるので、
この不和の種が、どう花開くのかってトコですかね。吹奏楽あるある描写にも期待。
2015春アニメ第一印象 その1
大体の深夜アニメの1話終了時点の感想~。

■てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう&あいまいみー 3期にゅるにゅる!!KAKUSENくん 2期
圧 倒 的 覇 権 感 。

■レーカン!
うーん・・・今期の無味無臭枠かなぁ。30分が2時間くらいに思えた。ちーっと、退屈だのぅ。
テンポに違和感を感じたので、調べてみたら原作は四コマ漫画なのか。しかも芳文社系。なるほど。
幽霊が見える子と、幽霊、そして友達を中心としたハートフル系で、淡々と進んでいくのなら、切るしかない。
一応、母親関係で何かありそうなのと、コメディ系らしいなので全く期待出来ない訳ではないはず。
しかし幽霊モノでコメディなら『絶対★霊域』をアニメ化して欲しかった。放送コードに引っかかったか?w

■終わりのセラフ
滅亡から始まる物語って好きなので、ちょっと期待してます。
「外の世界はどうなっているか分からない」って設定(最近のアニメだと『ゆゆゆ』とか)も好きだけど、
こっちはあっさりネタバラシしましたね。地上・・・人間の世界は意外と(?)、やっていけてるみたいで。
14歳以上は死滅しちゃうウィルスが蔓延してるはずなのに大人がいたし。まぁ、都市は廃墟だったけど。
主人公が地下・・・吸血鬼の世界に居た間にワクチンでも出来たんかな。

分割2クールなので丁寧にやってくれるとは思うが、原作組は第1話は微妙な反応?俺は面白かったけど。
ただ、音楽が澤野さんなんで、BGMの力で3割り増しで良く見えてるって感は否めないがw

■血界戦線
1回だけの視聴では世界観が完全に理解できなかったが、スレの原作組コメで補完出来た。

ある日、ニューヨークが異界と繋がった。異界から異形の存在が出てきて、
人間と異形(無害な奴から有害な奴まで色々いる)が住むヘルサレムズ・ロットという街を形成。
元NYのヘルサレムズ・ロットは周りを霧で覆われていて、異形は出る事ができないらしい。
人間の方は自由に出入り出来て、快楽主義者とか、ネジ外れてそうな奴らが進んで入ってくる感じっぽい。

主人公のレオは、これまたある日、HLの近くの街を家族旅行してたら、HKを覆う霧から異形が現れて、
「チート眼やるから視力頂戴」と言ってきた。主人公がビビる中、妹が「おk」つってチート眼は兄に、妹は失明に。
妹の目を元に戻す方法が知りたくて、混沌の坩堝・HLへと単身やって来た。
レオはHLで混沌の均衡を保つ事を目的とする人間と異形の組織・ライブラと出会って、
何やかんやあって組織に入る事を決意。混沌を広げようとする堕落王フェムトと対峙して・・・ってお話っぽい。

1話時点ではまぁまぁって感じだったけど、世界観が理解できたので、視聴を続けられそう。
自分は「基本となる一番外側の世界観」が理解できないまま話が進むのが我慢できないタイプなので。
電撃文庫・4月の査収物
鳩見すた×とろっち『ひとつ海のパラスアテナ②』
川上 稔×さとやす(TENKY)『GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン⑧〈中〉』
九岡 望×吟『エスケヱプ・スピヰド/異譚集』
土橋 真二郎×白身魚『コロシアムゲーム』
入間人間×loundraw『おともだちロボ チョコ』

土橋先生のゲーム系ラノベが久々に電撃で刊行。
昔はこういう作品読みながら「うーん、うーん」と唸ったものだ。

入間先生ぶっ飛ばすねー。また新作っすか。
内容的に続きそうに無い作品ばっか書くのに、続くんだよなー。
おっぱいか百合、どっちかアニメ化したら面白そうだけど電撃だからなぁ。

【訃報】『妖狐×僕SS』『dear』作者・藤原 ここあ先生が3月31日にご逝去・・・
いやぁ・・・これは流石に言葉を失った。え?マジ?何で?嘘でしょ・・・?
亡くなる直前までツイートしてたけど、突然だったのか、悟られないようにしていたのか。

絵はデビュー当時から引くくらい上手かった。個人的には今でもトップクラスだ。
デビュー後は、キャラ毎の推し所を押さえた描写に磨きがかかってた。
若い才能という巨星が・・・本当に悔やまれる。お家騒動の時に移っていたら、また変わっていたのだろうか。

単行本に「学生ですが周りにバレないように描いてます」と書いてて、当時、同世代である事を知り、驚き、
『わたしの狼さん。』の頃からずっと応援してた。勝手ながら、先生の作品が売れると自分事の様に喜んでいたよ。
俺ぁゲーム等で、名前を決める時は大抵、男キャラならShade(好きな作曲家さんから)、女キャラならCocoaとしてます。
Cocoaってのは当然・・・うむ・・・それだけ好きだったのだよ。

はぁ、もう“将軍”とは会えないのか・・・“将軍”はあらゆる漫画キャラの中でも、本当に好きなキャラだった。
JOKERは大看板を失ってしまったな。スクエニはこーゆーのがちょっと多い印象。現在闘病中の先生もいらっしゃるし。
少し前、TVに浦沢 直樹先生が出てて、漫画・漫画家について色々語ってたけど、「そりゃ死ぬわ」って思った。
物書きってのは本当に・・・。でも、皆それでも好きだから描いてるんだよなぁ。格好いいぜ・・・。
謹んで哀悼の意を表します。メニアックな日々を有難う御座いました!
関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

漫画・4月の感想1
■かがみ ふみを『まちまち②』  ★★★☆☆
まちまち②背が高いというコンプレックスを抱く少女・高木 史子。
背が低いというコンプレックスを抱く少年・古賀 勇大。
そんな凸凹な幼馴染の甘酸っぱい恋愛を描いた漫画の最終巻です。

試験対策(という名目で!w)の為に、数年ぶりに勇大の家を訪れた史子。
変わってない部屋に、見た目、心ん中、相手に対する想い・・・色んな意味で
変わった2人という対比が良かったですね。勇大が感じた気恥ずかしさは、
普段当たり前の様に使っている自分の部屋が、1人、好きな人がいるというだけで、
一変する事への驚きと、嬉しさだったんでしょうな。そしてそれが口にせずとも、
史子に伝わる。言葉を必要としないその関係には、最早何人たりとも間に入る余地は
ありませぬ。思えば、こういう関係になった当初より、2人の間に言葉は少なかった。
相手が今何を想い、何を伝えたがっているのか分かっていたからな。
だからこそ暴走して誤解を生んでしまうこともあったけど・・・全く、
最初からそこまでの仲なのに、君達は何をちんたらちんたらしているのかね!?w

一方、2人が変わっていく中で彼等をとりまく史子の親友達も変わりつつあった。
一番顕著なのは無二の親友の小雪だろうなぁ。彼女は背が小さく、童顔で・・・。
でも、全くそんな事を気にしていない、男勝りな性格を持つ女の子。
史子と完全に対照的な小雪は今まで、踏み出すことを怖がっていた史子の背中を支える
親代わりでもあった。しかし、史子が小雪とおそろいのシャーペンを、勇大とおそろいの
それに変えた時、彼女は今が“子離れ”の時期である事を悟ったんだよな。

あるよなぁ、風景や校庭の大きな木、文房具や服など長年使っていた物言わぬモノに
よって自分が今人生の岐路にあり、新しく方向を見定めないといけない瞬間ってのが。
使い古したある物を見て「ああ、これを買ってもう~年も経つのか。
そろそろ動き出さないとなぁ」みたいな事、誰しも思った事あるよな。
小雪は今、正にその状態になった訳よ。彼氏を作った事が無かった小雪は、
無意識のうちに新しい出会いを求めるようになる。そして彼女が出会った人は・・・。
これはスピンオフで読みたい気がする。小雪がその人に抱いている気持ちが、
これからどのように変化するのか凄く気になる。他人が見ても分かる通り、
彼女とその人の間には絶対的に超えられない大きな壁があるんだよ。
でも小雪ならその小さい体でも乗り越えそうな・・・ああ、気になるわw

試験対策の件でほっぺにちゅーまで言った2人。分かれる際、今まで普通に
「また今度」を交わしていた2人だが、ここにきてその言葉の薄っぺらさに気付く。
「また今度」を「また今度」で返さない大切さと、それ以外の答えを言う勇気に
なかなか辿り着けない2人。このシーンは後頭部を殴られるような衝撃を味わった。
確かに「また今度」とは何とも意味の無い言葉だ。それが知人同士ならまだいいが、
史子と勇大のような始まったばかりの関係であるならば・・・。
「また今度」以外の答えと、“その先”への恐怖と期待が交錯するこの回好きだわ。

小雪や、元生徒会長の先輩など仲間の力を借りて、「また今度」以外の答えを
遂に言う事に成功した2人に遺されたハードルはあれへの勇気のみ。
が、お互いを想うあまり焦りと誤解の連鎖で、史子はとっさに嘘をついてしまう。
あれを拒絶されたと思った勇大は意気消沈。2人とも同じ気持ちで、同じ場所にいるのに
なんでこうもすれ違うかな、と青春を爆発させずにはいられませんでしたw

まぁ幼馴染と最初から近しい場所にいたからこそ、失敗を怖がってしまうのかもな。
何かがきっかけで全てが終わってしまったとしても、相手とは明日も会うし、
幼馴染だしで2人の物理的距離は隣同士のままだ。なのに心の距離は
誰よりも遠くなってしまう。確かにこれは辛い、特に女の子の方はね。
故に慎重にならざるを得ない、しかも2人とも正反対のコンプレックスを抱えている。
でも!でも!相手の気持ちをそれだけ分かっているならあとはもう突き進むしかねぇ!w

すれ違えば違うほど、互いの気持ちが1つになったときの喜びは嬉しいもの。
今まで散々すれ違い、その度に道を修正し、コンプレックスを背負いながら進んできた2人の
ゴールはいかにも2人らしいものでした。無論、ゴールと言ってもそこはコンプレックスを
下ろすことができる地点にしか過ぎず、2人の関係はこれから深まっていくのですが。

1巻から通して人によっては、本当にどうでもいい事に必死になっている奴らだなと
感じた人は多いと思います。俺も身長で悩んだことの無い人種ですし・・・。
でも、そんなどうでもいい事に一生懸命になれる人って素晴らしいのだなと
思えるのがこの漫画でした。どうでもいい事をどうでもいいままにしてしまう自分が
恥ずかしくさえ思います。全てを読み終わったら、2巻の表紙裏(値段書いてるとこね)を
10秒間眺めてみて下さい。更に1巻と2巻の表紙を見比べてみて下さい。
言葉に出来ない何かが得られるはずですよ、ふふふw

キスのシーン、2人の誤解によってすれ違いが加速していくシーン、
夜ベッドの上で今日の行動を反省し相手を想うシーン、そしてあれへ挑戦するシーン。
各所で見受けられる2人の“戦い”のシーンのコマ割りは秀逸だと感じました。
漫画と言う静止画にもかかわらず、2人の1つ1つの表情を逃す事無く描写している。
1秒後のその人の心理が手に取るように分かります。嬉しい顔、不安な顔、
何かに期待している顔、覚悟を決めた顔。人間とはたった1秒でここまで
気持ちが乱高下するものなのかと驚かされます。同時に2人の刹那の“戦い”に
エールを送らずにはいられなくなります。読み手もまた1秒ごとに気持ちが揺れ動きました。
女の子なら史子の、男の子なら勇大の表情を見て、心の中で激しく同意し、
声が出ない涙を流した事でしょう。やっぱこれは誰しもが通る道なのだのぅw

この漫画は大笑いする事も、大泣きする事もありません。
たまーに、ニヤリングゲージが振り切れたり、小雪たんはぁはぁとなるだけですw
でも、心がここまでほっこりする漫画はそうそうないと思います。
漫画に感謝する漫画、それがこの『まちまち』だと思います。
関連記事

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

新入社員に優しいホワイトな職業ランキング
1位:EDF(地球防衛軍調べ)



未だEDFに参加していないそこの若人よ!我々の地球は我々自身が守らねばとは思わぬか!
そんな君に朗報だ。防衛軍が新たな隊員を募集しているぞ。今なら適性試験や訓練無しで、好きな兵科に即配属、即最前線だ!
戦況は現在こちらに有利と聞く。安心して戦って欲しい。大切な人・・・故郷・・・想いを守る為に立ち上がれ!
故あって、私は今回はこの特別チームに参加する事は出来ないが、健闘を祈っている!

・・・はンっ!な、何が連戦連勝だ。連戦連敗の間違いだろ。新兵器追加?ただの歩く棺桶だろ!
武器700以上?殆ど現地調達じゃねぇか!各兵科に強化点追加?今更そんな情報が何だと言うんだ!
お前らは知らないんだ、奴らがどれほど強大かを・・・。一度戦ってみろよ!1つのミッションで何人仲間が死ぬと思っている!?
新たなミッション?新たなエピソード?死体が増えるだけだろうが・・・オイ!
俺は逃げるぞ・・・絶望的なこの状況で戦ってられるか!“5”が来たら戻ってくるか考えてやるよ!
健闘を祈る?ンな事しねぇよ!お前らの墓作ってといてやるから、安心して死んでこいや!


『DARK SOULS Ⅱ』がまさかのアプデ。殆どの武器・防具の修正ですな。PS4に向けての、かな。
リンドシリーズに強靭が付くのは嬉しいですね。装備の選択肢は広がるのは良い事だ。
しかしながらもう全クリしてるしなぁ。嗚呼!記憶無くして、イチからやりてぇわ!



LET IT OOOOOUUUUUT!!


俺も混ざりたい!


ダメだ、やっぱりこの曲の「モンハンしたくなってくる度」半端ないwwwww
無印で最初に聴いた『英雄の証』の感動ったらなかったなぁ。クック肌必至!
5は生オケで、ハードはPS4でお願いします!倒産する前に!早く!


『ドラゴンクエストヒーローズ2』PS4/PS3/PSVitaで制作決定!!!
発表早すぎィ!こんなに早く発表したら、今売ってるゲームの売買価値下がっちゃうじゃんw
しかもPS3とVITAでも出すの?「制作決定」なんだよな?もう開発度80%くらいいってるんじゃねえか?w

ゲームと付き合う上で最も大事なのは「本当に好き」なのか「惰性なのか」の違い。惰性でゲームやるならやめさせた方がいい
これはネトゲに限った事だよね。据え置きで惰性でネットで注文したり、ゲーム屋に足を運ぶアホはいない。
ネトゲにおいては、これは一番大事。惰性を背負って遊ぶと、文字通り金と時間の無駄。
だもんで、そうなりつつあった『MHF-G』を結構前に止めた。でも、惰性で続けてるハンターは凄く多いよ。

自分の場合、フレがどんどん音信不通(止めたかどうかすら分からん)になる中で、
猟団の団長として、「誰も帰ってこない家の留守をお金を払って預かる」って事がバカらしくなったんだよね。
何かしらのアクションがあれば別だけど、ホント、スー・・・っといなくなるからな。団長的にコレは勘弁。
自分のモンハンのプレイスタイルは「身内でまったりわーわー言いながら」なので、5年以上遊んできて、
また今から新しいフレや猟団を探す体力なんて流石にない。だからスパッと止めました。

モンハン5どのハードでやりたい?
そりゃおめえPS4だろうが、もう据え置きでは出ない気がするわ。それに・・・

PS4/PS3/PC『ドラゴンズドグマ オンライン』アルファテストが開催決定!
こっちがあるしね。モンハンと競合しちゃうでしょ。まぁドグマもPC版あるから『MHF-G』とも競合するけどw

メタルギア公式ツイッターから説明!コジプロは名称変更したが、MGS5は小島監督と元のメンバーで現在も制作中!
>>これまで通り『MGSV:TPP』は小島監督の元、従来のメンバーにより制作が進められています
いや、そりゃそうでしょ。ンな分かりきった事言われても、何の答えにもなっとらんがなw
当人が出てこない・・・とゆーか、どうやら出てこれない事になってる(公式番組も急遽中止)ぽいんで、
コナミがどんだけアナウンスしても眉唾感が取れないね。寧ろ疑念が深まったり、噂が一人歩きしちゃうだけ。

コジプロを他の会社みたく「第1ゲーム開発事業部」にしたってのは分かるけど、
コジプロは最早ブランドになってるのに、その事実すべて抹消してまでやるメリットが分からない。
整理時に権利だの何だのと色々大人の事情が発生して、それで揉めてるんじゃないの?

声優・杉田 智和さんが小島監督との写真をあげて意味深なツイート「ゲームって楽しいと感じたいんです。愛情をもって」
コナミは据え置き派VSスマホ派の抗争中?

儲けを考えるなら開発はスマホ一択、「優秀な人は据え置きなんて儲からない仕事やらなくていい」というのが経営者の考え
そもそも、ソシャゲは「ゲーマー以外もやるから儲かる」んだよ。
「ゲーマー以外もやるから、必ずしも“ゲーム”に固執しなくていい」んだよ。
スマホゲーは、変な話(!)「金を儲ける事が目的」だからな。いや、どんなものでもそうなんだけど。
俺みたいな懐古ゲーマーはそれが嫌。だから据え置きだって言ってる人が多い。

・・・が、個人的には悲しいけど、小島氏の件で痛感した。
最早業界的には、「有名ドヤ顔ブランドクリエイターも、据え置き向けゲーム作りもいらないんだよね。
作品性も無い・薄い、単純なスマホゲーの方が安くて簡単で儲けが出る」。これが真理。

今のユーザーってのは、グラフィックとか、「最新の○○」みたいなのはどうでもいい人が多くて、
「安くて楽しくてお手軽な」を重視する。そもそも「ゲームがしたい!」とゆー強い意志を持っていない人が多い。
そこに目をつけたのがスマホやPC。据え置きと比べて、「誰もが持ってる媒体で、安くて楽しくてお手軽な」がある。
「PCやスマホを持っている世帯・人間」と「据え置きハードを持っている世帯・人間」なんて、
統計を取らなくても間違いなく前者の方が、それも圧倒的に多いと分かる。

でもスマホゲーは「長期的に見るとその業界を衰退させる癌」なのもまた真実。
スマホゲー業界も、本体であるスマホの性能上昇、開発競争が激しくなって開発費等がどんどん上がってる。
だからと言って、指咥えて見てるだけでは据え置きも一緒に死ぬだけだけど。

スマホ向け新作MMORPG『FFグランドマスターズ』&スマホで遊べる『FF11』発表!ネクソンと組んだのかw
指咥えず動いたのはいいけど、そっち方面に動くのかよ・・・w
お古とは言え、既存ネトゲを据え置きでは完了させてスマホに移行させてまで続けたいほど、
そしてそのビジネスパートナーが悪名高きネクソンであろうとも、ガラパゴス化しても、スマホ市場は旨い、と。
現状、あらゆるマイナス要素を飲み込んでしまうほど、スマホ市場はオイシイようだ。
関連記事

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

みなみんJAPAN

みゃーもりとずかちゃんのシーンは何度見ても泣いてまうな。俺様も年とったもんやでぇw
杉江さんの名言製造機っぷりったら!言葉で引き付けられるアニメはいいアニメ。これを感じるのは『ガンダムUC』以来だ。
ところで・・・今日のラテ欄に『SHIROBAKO』が載ってないんだけど、今週は休止かな・・・?


タイトルからどういう動画か100%予想出来るwwで、視聴してみたら案の定だったwww
こんなん笑うしかないやろwwwwwwホントへごちん、良い役(卯月ではなく、あっちの方)貰ったよなw


女の子のやきもち感がある「ふーん」っていいものですねw

シンデレラガールズの出身地一覧wwww
大阪あんまり可愛い子いねぇな・・・w
出身0の都道府県はないんやね。ところでウサミン星って・・・?w

お好み焼きにごはん・・・お好み焼きにケチャップ・・・お前ら結局これは許せるの?
ケチャップはなぁ。因みに目玉焼きは塩コショウ一択です。

PAワークス制作アニメのメインキャラ・サブキャラまとめ画像!PAキャラ可愛いの多いよね
PAワークスの安定した作画好き。媚びないしね。ただグラスLI・・・。

アイドルマスター シンデレラガールズ
多田ぁ!お好み焼きにケチャップって何や!
相方のみくは大阪出身みたいやからそりゃ譲れませんわなぁw
因みにお好み焼きをおかずにするってのは、必ずしも大阪人全員に当てはまる訳ではないよ。俺は主食派だし。
あと、たこ焼き機の所持率は他県と比べると、確かに高いと思う。俺も持ってる。大阪人はたこ焼きが焼けて一人前や!w

12345
作画躍動回たるライブ回を前にしての、箸休め的立ち位置の合宿回。
立ち位置と言えば、キャラと実年齢(14歳)の乖離による悩み、自分を始めて理解してくれた大人(P)に一番懐いてる、
1人だけソロプロジェクト・・・っつー、蘭子の独特の立ち位置が凄く美味しくて、彼女が出てくると面白くなる。
自分だけソロだから、皆と合わせる事が出来ないんだろうと悩む姿も可愛かった。
彼女をソロにしたのは、アニメの展開的にも正解だった気がする。

新田さんの圧倒的寮母感凄い。メンバーの長所短所を見極めて、心を1つに、絆を強く、と奮起する新田さん。有能。
特に蘭子への気遣いが良かった。蘭子をAsteriskではなく自分のトコ(Love Laika)に入れるあたりよく考えてる。
で、Asteriskの方も「この前のイベントの司会が上手かった」という事で持ち上げてたし。

相方のアーニャもかなり芯が強いし、新田さんの意図をすぐ汲み取るし、
Love Laikaは、他のユニットと比べて人間的な成熟っつー意味では頭1つ抜けてるな。
1期の作中では一番報われなかった(純粋なラブライカ回は無し。デビュー回はNew Generationの前座的立ち回り)んで、
ある意味、今回はLove Laika(特に新田さん)回か。 これでLove LaikaのPさんの溜飲は少しは下がったかな?w
Re:あびゃあああああああ
『グーグルマップ』にアクセスすると日本中の道路が『パックマン』なったゲームで遊べるぞ!!
地元のステージでやってみたが意外とムズい!敵動くの早くね?w
田舎のステージとかなら1本道で簡単かも。都市部ステージは無理ゲーではw


よくもウィクロスを汚してくれたな!訴訟!(あきらっきー可愛いやんけ!w)


こういうのは公式に任せておけよ!wwwwクオリティおかしいだろwwwwww

『ごちうさ』チノちゃんがついに魔法少女に変身! 限定ボイス可愛い過ぎるうううう!!!
ああああああああああああああああああああああああああ!!!


約束された勝利のアニメきたあああああああああ!!!

『765プロ』と『346プロ』が合併して『1111プロ』が爆誕wwwwww
今年の超会議で両プロダクションのPが共演するらしいので楽しみw

野亀 武蔵先生の『第三少女飛行隊』、TVアニメ化決定!制作は武蔵野アニメーション、監督は木下 誠一氏
監督ぷるんぷるんしちゃう人じゃん・・・絶対作画崩壊クソアニメになるわ。

夏アニメ一覧きたああああああ
『家族計画』のメイン局TBSかよ。クソアニメに・・・いや、製作京アニだしワンチャンあるか!?
ってか、上から2段目一番左のアニメwwwwwwwwwwwww
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記