詠み人知らず
『天結いキャッスルマイスター』DLC第1弾(無料)きたあああ!!!
俺メモ
■動画(動画置き場はこちらです。ブログにも動画のカテゴリーを作りました)
  ・17/06/24 【NieR:Automata】約束の地へ 後編
  ・17/06/23 【NieR:Automata】約束の地へ 前編
  ・17/06/16 【NieR:Automata】壊レタ世界ノ歌

■駄文(垂れ流し感想)
ゲーム / 電撃文庫 / 漫画 / 音楽
現に輝いて
時間に余裕がある方は、まず前々作の感想(前作も前々作同様アレだったようです)を読んで欲しい。
「無い、無い、無いのオンパレード」だった前々作と、今作との違いが分かりやすくなるかも。

123456
と言う事で、『天結いキャッスルマイスター』が発売しました。4章が開始された時点でプレイ時間40時間越え!w
ゲーマーがそのゲームにはまる(評価が高くなる)指針として、「腹が減らなくなる」というものがあり、
このゲームはまさにそれ。休日は気付けば1日中プレイしてた。
ネットを見るに、9章か10章くらいまであるようなので、まだ半分手前といったところですね。
1周目(2週目以降のイベントやルート分岐、高難易度のEXシナリオあります)クリア100時間いくかも?w

難易度は当然HARDでやってますが、戦闘がキツイ!3章の終わり・・・防衛戦(タワーディフェンス風のバトル)と、
ボス連戦以降、雑魚が強すぎて、蒸発し易い。それを防ぐ為に回復アイテムを湯水で、超赤字。
店で最低の回復薬でも1個買うと300円するし、自分で工房で作成しようとしても素材がすぐ無くなる自転車操業状態。
建築で収益がある施設建てまくっても、現時点では1日150円位の収入にしかならんのだ・・・w

今作は前マイスターシリーズより難易度は高め。2章でもうMAP兵器(いわゆる範囲攻撃)使ってくる敵が出てきた。
ドラゴンのブレスで全員消し飛んで全滅した時は「・・・は?」でしたw
他にも序盤から、広範囲に毒を撒き散らすMAP兵器使ってくる雑魚が普通に出てきたりしてます。

戦闘面は、エウの良SLG・マイスターシリーズと言う事もあってかなり安定している。
エウゲーのRPGやSLGは、毎回、物理ゲー・魔法ゲー・回避ゲーのどれかになってしまって、大味な印象だが、
前々作と違って、今作はバランス取れてる。物理も魔法も重要(因みに前々作は超物理ゲー、魔法が死産だった)
その為、いわゆる死にキャラがいない。各ユニット得手不得手があって、ちゃんと活躍の場がある。
但し、SLGの宿命として、(2周目キャラやアペンドキャラ等)上位互換キャラはいる。
でも自分は、下位互換であっても気にせず、万遍無く上げていき、使っていくタイプなので特に問題は無い。

LvUPはランダム蓄積型。蓄積ってのは、「上がらなかったステが上がる確率が繰越・蓄積されていく」ってシステム。
だから、「今回はHPしかあがらなかったが、次のLvUPで一気に全ステ上がった」なんて事も。
繰り越して100%を超えた場合は、一気に2とか3上がる可能性もある(150%なら必ず1上がって、2分の1でもう1あがる)
あ、当然、各ユニットごとに「上がり易い・難い、又は上がらない」ってのはあります。

13各ステータスにはキャップがしてあって、灰色(銀色)部分がそれ。
上部の水色がそのユニットの数値で、その時点ではキャップ以上には絶対上がらない。
青色はスキルや装備、結陣効果(後述)等によるプラス補正、赤色はマイナス補正。これらはキャップにかからない。
キャップはLvUP等で得られる称号や、イベント等で少しずつ開放(いずれは完全開放される)されていく。

ただ、(進めて分かったけど)今作は次の称号獲得(=キャップ上限上昇)までに、蓄積型な事もあって、
「無吟味でもほぼ必ず頭打ちになる」。必要(やるとちょっと楽)かもしれない場面はHARDでのゲーム序盤くらいで、
「基本的に吟味作業は全く必要ない」。吟味作業はいつも賛否両論あったから、個人的にはこれでいいと思う。

789101112
今回の大きな変更点に、「属性がFF方式になった」ってのがある。
今までのエウゲーの属性ってのは、攻撃属性に物理、四大元素、聖、闇、万能、半万能等、
防御属性側には物理から四大元素、聖、闇に神格、創造、魔神、霊体、不死等多岐に亘っていて、
それらを示した大きな属性表があったんすよ。それを見て、「創造は雷に弱く、他に超強い」
「霊体は物理無効で他の属性が通る、聖に特に弱い」「土は雷に弱い」「魔神は全般に強い」等が分かった。

が、今回は「不死や幻獣、亜人等の大種族毎ではなく、オークやスライムみたいな各ユニット(小種族)毎に強弱が定められた」。
つまりFFと一緒。だから「炎系モンスターだけど、水に強くコイツの弱点は闇」「霊体だが、弱点は聖ではなく水」
「創造物には雷属性使えるキャラ以外はベンチ(創造物種族が必ずしも雷弱点ではなくなった)の法則が崩れた」等と、
これで各ユニット(小種族)に個性が出て、こちら側の対処の幅が広がった。
更に各属性ごとに上下5段階くらいあるんで、それを称号や装備で改善したりする要素もある。

「-5激弱 / -4強弱 / -3弱点 / -2軽弱 / -1微弱 / 0 / +1微減 / +2軽減 / +3強減 / +4激減 / +5無効 / +6吸収」

確かこんな感じ。基本的に±3以降は特に影響がデカイ。
但し、HARDだとマイナス方面は-1でも、もうキツイw

建築要素も楽しい!配置のマイセット凄く便利!エウの建築要素好きなのよね。『魔導巧殻』のは特に完成度高かった。
「ここには自然物系を置いて、憩いの場に」とか「ここは生産系を置いて工場地帯に」と妄想するのが好きw

今作はその配置物自体が持つ効果である配置効果の他に、
特定の配置物を特定の並びに置くことで結陣効果というものが発動する。
結陣には様々な効果があるが、難易度HARDは結陣効果ありきだと思うw
結陣効果で底上げしておかないと厳しい!HPなんかこの時点で21もボーナスあるしね。
配置効果は、現段階では指揮力(総コスト値)優先かなー(収益も優先したいけどなかなか・・・w)
「HARD=難しい=いっぱいユニット呼びたい=出撃コストかかる=高い指揮力が必要」と言う構図。

最後のADVパートですが、体験版の時にも書いたが、シナリオ、会話(キャラ同士の掛け合い)が楽しい。
中の人達の好演もあるが、ぶっちゃけ、エウゲーでこんな気分になったのは本当に久しい。
前々作は死んだ魚の目をして(前々作感想参照)テキスト読んでたもんね・・・w

フィアが中の人込みで圧倒的だろうと思っていたが、蓋を開けてみると、ミケユ&イオルコンビも素晴らしい。
男勢も敵・味方共に良キャラ揃い。正体不明勢に子●さんがいるが、●安ボイスのこいつ胡散臭い感は異常w
100%敵になるだろあれは。「●安さんが演じるキャラ、善人マジで0人説」を某水曜日に送ってみたいw
SLG、AVDパート共に蘇ったエウゲーと言う感じ。アペンド出てくれると嬉しいなぁ。


体験版とは言え、休日泥棒として名高いエウゲーでRTAしてる人始めてみたw
次は製品版でお願いします。難易度は当然HARDで(ゲス顔)



貴公の人間性も限界と見える・・・(賞賛)

【神ゲー】『真・三國無双8』PV公開!これがオープンワールドってまじ?グラフィックすごすぎいいいい!
ファッ!?ずっとこのクオリティだったら神ゲー確定だが・・・ゴク。

結局、ダークソウルとモンハンどっちが難しいの?
あのな・・・比べる事すらおこがましいわ!馬鹿にしてんのか!
ったく、当然・・・モンハンだよね?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
・・・って言うネタも、『MHW』でどうなるか分からんな。『MHW』発売後また同じスレを立てて欲しいw
関連記事

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

24歳、ハンターです

肉食が草食を襲う、縄張り争いがある、怒り狂ったモンスターがどこまでも追いかけてくる、時間変化、地形変化(破壊)等、
初代が発売されてからずーっとムービーでしか実現できなかった“当然”・・・生態再現がついに完全に実装。感無量ですなw
シルベ虫は海外ゲーに多い、痕跡システムとモンハンの採集、そして初心者補助を一挙に担ってるぽいね。いいシステムだ。
使用武器は、とりあえず初代から愛用している大剣・ランス・弓は確定やなw

ではまずは商品概要をば。

発売日:2018年初頭
対応ハード:PS4(日本)、PS4&XBOXOne&PC(海外)
プレイ人数:1人(最大4人)
ジャンル:オンライン対応ハンティングアクション
備考:PS4版のみ特別なコンテンツ収録予定 ← VR?


と言う事で、日本はPS4のみ(予定)なので注意です。現状、箱やPCでは上級国民になれません!w
まぁそもそも箱の新型は日本発売見送りで、旧型の箱だと鯖立てても赤字確定だろうしな・・・。
またPS4版のみ何か収録されるらしいので、どちらにせよPS4一択ですな。え?スイッチ?何それw

以下、インタビューより。

 ・『MHW』はスピンオフではない、事実上の『MH5』
 ・オープンワールドではない。フィールドは従来の2倍
 ・フィールドはシームレス。地形を活かした戦い方が必要に
 ・日本語を喋るようになった(モンハン語との切り替えが可能)

 ・PS4になり、AIを沢山搭載できるようになった。挙動がよりモンスターらしくなった
 ・攻撃時にダメージ表示を採用(非表示も可能)
 ・HP&スタミナゲージ、アイテム選択など従来のモンハンらしさはある
 ・アイテムは歩きながら使えるように。食べ掛けでキャンセルも可能(その時点で食べた分効果がある)
 ・採集モーションも「ながら動作」になった
 ・オトモアイルーもいるそうで、ソロハンターも安心
 ・ペイントボール廃止、シルベ虫というアイテムを使う
 ・サブツール「スリンガー」を実装。一定の場所にロープを引っ掛けたり、拾った石を詰めて飛ばせる
 ・武器種は全14種実装
 ・PVのギリースーツはスキルの一種で、常時使えるわけではない
 ・水中戦はない

 ・キャンプは複数設置出来る。最初は1つだが、自分で開拓していく形に
 ・キャンプ間でファストトラベルが可能(ロードめちゃ早)
 ・村クエストは廃止、シングル(オンマルチ)プレイでのクエストが、そのままストーリーも兼ねている

 ・課金はPS Plus(月額約500円)のみ
 ・オンは従来の集会所スタートに加え、救難信号(PVにある信号弾)を出して途中参加(ダクソ型)を募る事も可能
 ・サーバーはグローバルを採用、外国とのマッチングも可能との事(日本国内限定も可能)
 ・本作は運営型(完全オンライン)ではない、据え置き機で出していたタイプと同じ


ふむ。初代モンハンからの「こういうのだったら良かったのに」が遂に実現するのかなぁ?
5はスイッチという噂があったが、これが5に相当するものだそうだ。じゃあスイッチは・・・?

当初言われたオープンワールドではない事が確定。この辺からも5であるという事が分かる。
「フィールドは従来の2倍」だそうだ。流石に『Horizon Zero Dawn』級の1つのクッソ広いワールドマップではないのね。
砂漠や森等個々のフィールドが2倍ずつという意味かな。動画を見ると、確かに「古代樹の森」の広さは、
従来の「密林」(のエリアを全て合わせた広さ)の2倍ほどあるように見える。
ファストトラベルがあるから、広さはそれなりに期待していいのかな?
つーか、ファストトラベルのロード爆早過ぎない?ファストトラベルといえばロードが長いのが常だが・・・凄いなこれw

AI強化でよりらしさを追求&「攻撃時にダメージ表示を採用」は完全に海外向けだね。
海外では「今自分が何をしているか」ってのが重要で、これまでのモンハンのシステムのままだと、
「あとどのくらい攻撃すればコイツは倒れるのか?」「自分の攻撃方法はこれで合っているのか?」
というもやもやが付き纏ってしまう。それを解消しようというものがダメージ表示なんじゃろね。
ボウガンも、海外で人気があるTPS(三人称視点シューティング)のようになっているそうだ。

アイテムが歩きながら使えるのも、儀式的な無駄行為(セーブをするのにいちいち教会で祈る、
ピンチ時に経口動作をいちいち立ち止まって行う等)は外国人には「特に意味は無いが、
見た目とか雰囲気を重視している」という概念が理解出来ないからだろう。

このように、海外を意識して今までの常識が無くなるものが多いようだ。
既存のモンハンユーザー(特に任天堂下で培われた、いわゆる“キッズ”層)からは
「モンハンらしくない」と言われるのはこの辺に起因するんだろうけど、古参は寧ろ大歓迎よ。

課金はPlusのみたいですね。そりゃそうやで。個別に月額取ると二重課金になっちゃうぞ?
PS4のゲームでPlusに対応してて、更に金を取るオン対応ゲーってあったっけ?無いよな・・・?
って事は『MHF-Z』どうなるんや。あっちは月額2000円(基本は1400円だが、600円のEXコースがないと
不便すぎてゲームにならない)だ。対応ハードが同じPS4だし、こっちは本格的に終わるのでは・・・。

カプコンさん、『モンハンワールド』をPS4専用にしたのは大失敗でしたね
既存ユーザー切り捨てはしゃあないやろ。DSでこの世界観が表現出来るわけ無いし。スイッチもスペック的にアレらしいし。
海外では箱とPCでも出るんだが、国内は何故PS4専にしたのかについては、大人の事情(ソニーと囲い込み契約?)なのか、
住み分け目的なのか、将来性(?)を考えてなのか。カプコンのみぞ知る。

キッズ向けをスイッチで展開していくぽいから、当初は食い合わないと思っていたけど、
動画を見た感じ、これを味わったらもう既存のモンハンには戻れない気がするんだけど、スイッチの方は大丈夫なんかな。
ダブルクロス、トリプルクロスって出していっても、『MHW』より優れている部分ないやろ・・・武器種も同じだし。
今後発表されるスイッチのオンライン料金も影響しそうだな。500円より高かったら・・・。

今までは携帯機モンハン、据え置き(任天堂)モンハン、オン専(PC)モンハンと兄弟で住み分けできてたけど、
次世代モンハンたる『MHW』で全て駆逐されそうな気がする。あまりにもクオリティが違い過ぎる。
カプコンはこの辺どうするつもりなんだろう。『MHW』が海外向けって事もあり、これを機に『MHW』の“新たなる初代”にして
リスタートするつもりなのか、それでも住み分けを念頭に置いて展開するつもりなのか。
関連記事

テーマ:モンスターハンターワールド - ジャンル:ゲーム

【NieR:Automata】壊レタ世界ノ歌
※説明欄に伏字あり。動画視聴後一読推奨。



・実況や攻略の類ではありません。雰囲気をお伝えする動画です
・SHARE機能で録画した物を無編集で流しています
・主なカメラ設定は回転速度上下左右共に早め、補間は上下ほぼ無し、左右MAX
・難易度はHARDです
・一旦、収録エリアをHARDでテストクリアし、その後もう1度HARDで収録

──────────────────────────────────────────

Bルート終了です。1人、重いものを抱えた9Sはどういう選択をするのだろうか。
無価値でも叫び、無意味でも願うのだろうか・・・。

さてさて。「ん?」と思った方がいると思います。はい、赤い服を着た謎の少女が映っています。
実はこの少女、Bルートのイベント時に、時々チラっと映ってるんスよね。
ホラーみたいで怖いですw
恐らく、1周目にもいたんだと思います。見えなかっただけで。果たして、彼女は何者なのか。

EDも色々違います。まずEDが日本語版になっています。
歌い方が段々吐き捨てるようになるのが良い・・・。
そして、スタッフロールの間に
・・・まぁ、最後まで観て見て下さい。
『NieR:Automata』の世界はまだ・・・「始まっていません」
関連記事

テーマ:ニーアオートマタ - ジャンル:ゲーム

【NieR:Automata】...or Not to Be


・実況や攻略の類ではありません。雰囲気をお伝えする動画です
・SHARE機能で録画した物を無編集で流しています
・主なカメラ設定は回転速度上下左右共に早め、補間は上下ほぼ無し、左右MAX
・難易度はHARDです
・一旦、収録エリアをHARDでテストクリアし、その後もう1度HARDで収録

──────────────────────────────────────────

Bルートラスボス戦です。
執拗にニイチャンを求めるイヴの姿は、誰かと被りますね。
Bルートも同じくラスボスはイヴですが、9Sですから、ハッキングを駆使して戦います。
まぁ、超ごり押ししてますけど!w